2008年05月30日

ベルばらキッズにユリウスが?!

えー、長らく行方不明になっていて、大変ご心配おかけしました。


もう言い訳はしません(苦笑)
本当に、万が一楽しみにしていた方がいたらと思うと
とても心苦しい限りでございます。


更新してない間、太王四神記が出てたり、
理代子先生の盗作疑惑とか出てたり、
なんだかブログに書くには微妙なニュースばかりありましたが・・・


ベルばらキッズにユリウス登場!という久々の嬉しいニュース。
つ、ついに!
エカテリーナ様、ナポレオンなどという
池田作品のキャラが登場してはいたものの
まさかフィクションのオル窓キャラは無理だろうなーと
思っていたんですが・・・・


「もう一人の男装の麗人」ということで
ついにユリウスがーーー!!
まだ現物を見ていませんが
書籍を楽しみに待とうと思います。


あと、このブログに太王四神記のマンガ版について
色々書こうかどうか迷ってます。
なにしろ、オル窓とは全然関係ないネタなので・・・


まあ更新しないで行方不明になるよりはマシか?
とりあえず更新頻度を上げる努力が当面の課題でしょうか。


とりあえず生きてますという報告のような更新ですみません。
  
Posted by das_fenster_von_orpheus at 12:12Comments(0)TrackBack(0)コラム

2007年11月21日

今年もこの季節が

函館は気付いたら雪景色になりました。
いきなり氷点下でびっくりです。


ネット環境は整ったのに、自分がネットをする時間がないせいで
相変わらずちゃんとした更新ができないでいます。
悔しいですね、
やりたい企画がたくさんあるだけに。


バナー作ったり、ぬりえしたり、
オル窓キッズ描いたりしたいです。
もちろん、ストーリー解説の続きも書きたい。

ストーリー解説は、オル窓を読んだことがない人が
ネット上でストーリーを追えるようにしたいので
今後どんどこ記事を増やしたいんですがね…


あと、ユリウスの娘生存説についても意見とか疑問とか書きたいですね。
あまり大した見解はないですが。


とりあえず私が忙しい期間がようやく終わりつつあるので、
もう少し書けるようにしたいです。
会社でもネットは出来ますがさすがに書き込みはできない(苦笑


では皆さん、冬の訪れにも負けずにお互いにファイトです。
また近いうちにお会いできることを約束いたします。
  
Posted by das_fenster_von_orpheus at 17:11Comments(0)TrackBack(0)モバイルなオルフェウス

2007年11月02日

べるばらKids 2

オル窓には関係ない話題ですが、、、


気づいたら「べるばらkids」の2巻が出ていました。
よく考えてみたら会社で連載を読めるんですけど(新聞とってるから)
なぜか毎度逃しちゃうんですよねー。
なので、単行本でいつも新鮮な気持ちで読んでいます。


今回は、ルイ16世が相撲に目覚めるという超展開が目立ちました。
べるばらkidsを読んでいていつも思うのは、
理代子先生ってホントにルイ16世が(キャラとして)
好きなんだなあ、ということ。
オスカルもアンドレもアントワネットもすっかり脇役。
そしてフェルゼンに至っては今回も出番が・・(爆
ジェローデルが超猫好きキャラになってたり、
原作とは違ったイメージで楽しめる作品になってます。


2巻は1巻よりも、何かとぶっとんだ設定になってるように思いますが
理代子先生がノリノリで描いてらっしゃるのでしょうか。
これが「オル窓kids」だったら、
フリデリーケが腹黒くなったり、
マリア・バルバラ姉さまがお見合いしたり、
ロストフスキーがレオニードをストーカーしたりしそうですね。
(あ、一番最後は原作でもありえなくもない?なんてね)

「べるばらkids」は、もう少し原作に忠実かと思いきや、
どんどん好き勝手な方向へ突っ走っているので
「オル窓kids」になったらこっちが予測もしないキャラ設定が
出てくるかもしれないですねえ。
クラウスがバイオリンやめてギター少年になったりとかね(笑
それも見てみたい気がするけど、
そこまでいったらファンの妄想と変わりなくなってしまいそう。


どんどんぶっ飛んだ方向へ行く「べるばらkids」、
今後どうなってしまうのか不安でもあり、楽しみです。


・・・あ、今日から私の家では光回線がつながり
実に快適なネット環境になりましたので
今後は記事をどんどん書いていく予定です。
まずは、ストーリー解説を再開したいところ。
ではまた、近いうちに。  
Posted by das_fenster_von_orpheus at 19:58Comments(1)TrackBack(0)本の紹介

2007年10月16日

ロシア極東大学

4fed13b9.JPGああ、また更新が先延ばしになってしまった…

家でネットに繋がないことが続き、これじゃ永遠に不定期更新になると思い、
今回携帯から仕事の休み時間中に書いています。
テスト投稿してないので不安ですが…


さて、私の会社の近くに、ロシア極東大学という謎の大学があります。
ロシア語学科とロシア地域学科があり、ロシアについて函館で学べるという
オル窓ファンには(多分)気になる大学です。

なぜ函館にこんな大学があるのか、
卒業後の進路はどうなのかは、あまり知りません。
ただ、時々チェスや将棋の国際大会の会場になっていて、
函館にいる外国人の方にはなじみがあるようです。
アースディなどの国際的イベントも地域会場としてここでやってたりします。


ちなみにこの大学、ロシア国立のため、
正式には日本の大学ではないんですね。
なので二年制のロシア語学科は卒業しても専門学校卒業という扱いのようです。
地域学科の方は四年制だけど、大卒扱いかは謎です。
高校のとき進路指導の先生が、
大卒扱いにならないから気をつけろと言ってました。


でもまあ、函館に住んでたり、ゆかりがあって、
ロシアについて勉強したいと思うなら、かなりうってつけの大学なのではないでしょうか。
留学制度もあるようですし。

私はと言うと、どちらかというとオル窓ドイツ派(←何?)なので、
これがドイツ極東大学だったらなあと思うのですが…
オル窓ファンの方で、現在学生という方は少ないと思いますが、
ロシアやドイツに興味が沸いて、言葉を習ったり、留学する方は結構いらっしゃるようです。
中には進路が海外になった方もいるとか。
それだけ当時の学生に与えた影響があるということですね。
私はせいぜい独検四級もってる程度ですが、
ドイツ極東大学があったら入学していたかもしれません。
まあそんな都合のいい話はなく、今に至りますが…


しかし地元に海外の大学があるというのも面白いものです。
皆さんが函館に来た時は、ぜひ見学してみて下さいね。


以上、携帯からの更新でした。


あ、それと来月からネットが常時繋がる予定です。
更新できるようがんはります。
  
Posted by das_fenster_von_orpheus at 13:20Comments(0)TrackBack(0)モバイルなオルフェウス

2007年08月22日

こんな更新は一度で十分。

<<お詫び>>

管理人のネット事情により、
現在更新が滞っております。

まことにご迷惑をおかけしていますが
どうにかして今週か来週に
まともな記事を書こうと思いますので
今しばらく、お待ちくださいませ。

携帯電話から更新するという手段を考え中です。
でも、携帯でちまちまタイピングするのが面倒で
三行くらいしか文章書けなさそう・・・
常時ネットとパソコンの傍にいないというのは
不便ですね・・  
Posted by das_fenster_von_orpheus at 23:33Comments(0)TrackBack(0)管理人について

2007年08月07日

翼の王国にレーゲンスブルクのページがあります。

なんかアクセス数が増えた&ブログに広告が出るようになった・・・

広告はうざいけど、初めての方のアクセスは嬉しいです。
ウェブリングに登録した甲斐がありました。
これからも頑張って記事を書きます〜
(でも今後もきっと不定期更新・・・)


さて、今日会社にあった雑誌の表紙を見てビックリ、
ANAの機内誌「翼の王国」8月号に、
レーゲンスブルクの紹介ページがあったのです。

全部で5ページほどですが、
きれいな写真と、街の成り立ち、そして天文学者ケプラーについて
書かれた記事でした。
(ケプラー通りのケプラーって、この人のことだったのね)
これまで文庫本サイズでしかレーゲンスブルクの写真を
見たことがなかっただけに、大きな写真には感動!

この機内誌、通販などで購入することもできるようですが
今の季節は何かと旅行される方が多いと思うので、
もし読者の皆様にANAを利用される方がいましたら
一読をおすすめします〜


もしかしたら、この情報、もう知ってる方も多いのかしら・・・?
私は他のオル窓サイトを滅多に見ないので(ネット利用に制限があるので)
このブログには時折、古い情報が入ります(苦笑)
そのへん、ご了承ください。
まあ、常連の方は慣れっこでしょうか・・・


さて、次回更新の予定は来週です。
たぶんストーリー解説の続きに・・・なるかな〜?
毎度こうしたネタが振ってくれば、更新も頻繁になるのでしょうが
なかなかドイツやレーゲンスブルク、ましてオル窓の話題なんて
巷に出てこないですからね・・・難しいところです。

  
Posted by das_fenster_von_orpheus at 20:03Comments(0)TrackBack(0)本の紹介

2007年08月05日

第四回 二人の転入生

久々のストーリー解説です。
文章のノリが変わらないといいのですが・・・

  続きを読む
Posted by das_fenster_von_orpheus at 09:40Comments(4)TrackBack(0)突っ込みストーリー解説

2007年07月28日

バナーの見本を作りました。

一週間以内で出来たのは・・・・バナーの見本でした。


いや、記事を更新する気満々だったんですけど
(楽しみにしていた皆様、大変申し訳ありません)
ちょっと長い文章を書く時間がなかったので
前回の記事で少し話題にだした、
バナーの見本をのっけてみようと思います。
(↑さすがに「記事書くの無理でした」だけの
更新はしたくなかった模様)


手書きの絵をスキャンした画像の上に、
文字を入れただけという簡素なものですが・・・


こんな感じです。(クリックしたら大きくなるかも)


バナー見本

あ、絵は一応ユリウスです。
なかなか瞳だけで判断するのは難しいと思いますが
今後、イザークやクラウスなんかも追加していきます。
メインのほかに、私が好きな脇役キャラとか
どんどこ描いてバナーにしたいんですよ。
・・・・色を塗るのが下手なので、
永遠に見本だけが増えるかもしれませんが(苦笑)

あと、字のフォントや位置、
バナー全体の大きさも今後変えていきたいです。


あ、バナーなんか作ってないで
さっさと記事を書けという話ですよね(汗)


えー、来週中にはまともな記事を一件追加予定です。
ユリウスの娘の話か、
ストーリー解説の続きかはちょっと未定です。
時間のかからなさそうな方を先に書きます。たぶん。


では、今週はバナー(しかも見本)だけですみませんでした。
  
Posted by das_fenster_von_orpheus at 18:26Comments(0)TrackBack(0)管理人について

2007年07月21日

新しいぬりえを見つけました。

えー、更新を楽しみにしてくださっていた皆様、
長らく放置していて誠に申し訳ありませんでした。


更新をさぼっている期間、管理人に何か悪いことがあったわけでもなく、
わりと普通に仕事していたといえばそうなんですが・・・・
どうにも、ブログを更新する隙を見つけられず
とうとう夏になってしまったという次第です。
本当に、もし定期的に見にきていただいて、
更新されていないのを日々がっかりされていた方がいたと思うと
とても申し訳なく、どのように謝罪していいのか言葉が見つかりません。。。
ですが、こうしてネット上に戻ってきたからには
無理をしてでも更新を続けようという気持ちでいます。
せめて、更新が一定期間以上途絶えるときには、あらかじめ先に
ここに書くようにしますね。


で、私の反省文はこのくらいにして・・・・


今日ですね、たまたま本屋に行ったら
オル窓ぬりえが売っていたのですよ。
それも、ちょっと小さいサイズの。
ソニーマガジンズ社のものでした。


内容は、セイカのものと絵はほぼ同じで
(でもこっちはイザークが二枚あった。やったねイザーク)
見本とぬりえが隣合っているという
簡易なものです。
値段的なことを言えば、セイカの方がお得。
ただ、サイズが小さめ(ポストカードサイズ)なので
ぬりえを完成させるのはその分楽です。
枠線もわりとはっきりしているので、
コピーすれば何度でも楽しめます。
セイカの方は線が細かいし、
コピーが難しそうなので失敗したらと思うと試しづらいのですが
こっちは練習用にコピーすることで、バンバン使えます(笑)
こっちで練習してから、セイカのものを完成させると
よりいいかもしれないですね。
ぬりえの絵は同じだから(笑)


ベルばらはいろんな出版社からどんどん出ていますが
オル窓はセイカくらいだろうなあ、と思っていた矢先、
思わぬところで新しいぬりえが出てうれしいです。
ただ、内容が殆ど同じなのが悲しい・・・
これはやっぱり、カラーイラストがオル窓が少ないのがいけないのかな。
見本は理代子先生オリジナルの彩色じゃなくてもいいから、
扉絵を集めたぬりえとか、出ないですかねえ。
なかなか難しいでしょうが。。。。


それと、イラストに関係して今ちょっとやってみたいことがあるので
ここに書いてみます。
大したことじゃあないんですが、
オル窓の登場人物を何人かピックアップして、
バナーを作りたいのですよ。このブログの。
特に何に使うとかは考えてないし、
バナーを作ったところで、誰かがリンクしてくれるとは
限らないのですが(笑)。

で、そのバナーを、RPGのバトルメンバーの表示っぽくしたいのです。
・・・わかりづらい説明ですね(苦笑)
うーん、テレビゲームやらない人に何て説明したらいいのか、難しいんですが
登場人物(プレイヤーキャラクター)がバナーの枠に収まってる感じです。
バナーの四角い枠だから、当然顔の半分くらいしか収まらないんですが
それが意外とかっこいいんじゃないかという、妹の提案がありまして。
まあ私はPCで絵を描くのは不得意なので、
しばらく手書きで挑戦することにはなると思いますが
見本が出来たらそのうちブログに掲載しますね。


さて、このブログのメインコンテンツになる予定の(あくまで予定)
ストーリー解説は、次回掲載になります。
ネタは出来てるんですけど、文章にすると無駄に長くなり
時間がかかるのですが、今度は一週間以内に更新します。
(もし無理だったら、「無理でした」と更新します。恥ずかしいけど)


それと、かなり前にどこかの掲示板から拾ったものを
コピペした書き込みがありましたが、
その内容が本当のことがどうか、未確認なので
今のところこのブログで騒ぐつもりはありません。
もし読者の方で、真偽を知っている方がいましたら
このブログに書き込んでくださってかまいませんので
情報提供をよろしくお願いします。
ただ、どちらにしても、先ほどコメントしたように
その筋書きは安直だと思う、という気持ちは変わらないと思います。
少し冷めた見方かもしれませんが。。。


それでは、一週間以内に、また。
  
Posted by das_fenster_von_orpheus at 22:29Comments(6)TrackBack(0)本の紹介

2007年04月15日

第三回 クラウスとの出会い。

更新間隔が伸び伸びになっていますが、
決して忘れていたわけではありません。
ようやく仕事のペースがつかめてきたので、
今後は毎週日曜日くらいを目安に更新していきたいです。
更新されなかった場合は・・・
忙しいか、実家にいなかったかのどちらかですね(苦笑)


では、第三回です。

  続きを読む
Posted by das_fenster_von_orpheus at 22:14Comments(4)TrackBack(0)突っ込みストーリー解説