地元の小学校では今日、入学式が行われるようです。
新一年生、また親御さん 皆さんおめでとうございます!

小学生の我が子に「ピッカピッカの一年生~♪」という歌を歌ったら通じませんでした。当たり前ですね(笑)

しばらくは起床から着替えや朝食など、慣れるまで大変な毎日が続きますよね~。
我が子の時も眠いのに起こされたと朝から不機嫌で手を焼きました(^^;)

朝食といえば、卵が欠かせませんよね(いきなりで、しかもちょっと強引)

卵といえば、卵かけごはん(TKGというらしい)、卵焼きなど、いろいろありますが、
僕は、子供の頃は目玉焼きがあると嬉しかったですね~。兄弟3人分を一度に焼くと
白身同士がくっついてしまうので、適当なところでカットするわけですが、それで大小が生じて
朝から兄弟喧嘩が勃発していました(笑)

ところで、目玉焼きといえば、どういう味付けで召し上がりますか?

子供の頃は、ウスターソースをかけていたんですが、いつの間にか塩コショウ派になっておりました。
先日、急に思い出してウスターソースで食べてみました。おなじく子供の頃に定番になっていた
千切りキャベツにもウスターソースをかけて。

ソース(目玉焼き)
 (千切りが雑なのは見逃してください。。。)

野菜と果実の甘さと酸味に少しのスパイスが効いて、こんなに美味しかったのかと思いましたね(*^^*)
これは大人になった今だからこそ分かる美味しさなのかもしれない。

ソースといえば「ウスターソース」を真っ先に思い浮かべる人が大多数でしょう。
(粘度によってウスターソース、中濃ソース、濃厚ソースがあるので地域性もあるようですが)

ウスターソースのブーム再来を一人で想像した朝でした。

日食ウスターソースも是非ご愛用ください。

【日食ウスターソースのおすすめポイント】
  野菜の煮汁から製造されるソースが多いのですが、
  日食ウスターソースは、国産たまねぎと国産にんじんを酵素分解して製造しているため
  野菜本来の風味が生きています。

http://nisshoku.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1366975&csid=8