更新しなくては・・と

思いながら、なかなか更新できず、楽しみにしてくださっていた方々、

遅くなってしまい、申し訳ありません!

 

 

今日は『カレーの日』ということで、

満を持してご紹介を・・・

 

『大山黒牛カレー』 200g 2,000円(税込2,160円)

 

価格を聞くと、皆さん「高いっ!」と驚かれますが、

原材料、製造工程にこだわりにこだわったら、この価格になってしまいました。

(その秘密にせまってみましょう!)

 

*    *    *    *    *    *    *

 

昨年9月開催された第11回全国和牛能力共進会 宮城大会(5年に1度開かれる和牛オリンピック)で七区肉質日本一になった鳥取和牛『大山黒牛(だいせんくろうし)』を専門に扱うレストラン『強小亭』とカレールウをつくっている『日本食品工業』、カレーにこだわりのある東京・代々木上原『ラ・ファソン古賀』の古賀義英シェフ監修のもと、

三社によるコラボ商品『大山黒牛カレー』が完成しました!

 

さて、肉質日本一になった大山黒牛を、みなさまに知っていただき、味わっていただくにはどうしたらいいのだろうか、という話になりました。

まず、カレーにこだわりのあるシェフの指導により、生の玉ねぎをソテーするところから始まり、大山黒牛と独自に調合された香り豊かなスパイス【ルウに使用している小麦は、地元の大山こむぎ】を使用し、じっくりと5時間煮込みました!

※化学調味料を使っていないので、お子様からお年寄りまで安心して食べていただけます。

 

通常のレトルトカレーは、ロースト玉ねぎを使用、2時間煮込むのが一般的だそうですよ!

 

そして、フレンチのシェフが、実際に厨房で煮込んだ味をそのまま再現すべく、試作を重ね、究極のカレーがついに完成しました!

 

 

肉質日本一。

大山開山1300年に合わせた特別なカレーとなりました。

 

 

*     *    *    *   *    *    *

 

地元高島屋で開催された「大山ブランド食品博」に、私も販売員として参加させていただきました。

 

 

玉ねぎの甘みが特徴で、小さなお子様も、最後の一滴までペロリと食べてくれました。

 

試食して、率直に味の感想を言ってくださったお客様はもちろん、

ご納得いただいて、お買い上げいただきましたお客様、本当にありがとうございます。

 

地元、米子・鳥取にこんな美味しいものがあるんだよ!日本一の牛がいるんだよ!!という思いを知っていただきたい。

この素晴らしい商品に携われたことに感謝し、幸せな気持ちでいっぱいです。

 

(大山黒牛カレー専用ページ)