蒼い画帖

貴人(奇人),麗人の夢想。 スケッチ・デッサン,収集画像のスクラップ。

珍芸マスター夏子*コマネチ風景


DSC_0002

[DVD] 海女ものアダルト

pp44000500107



pp44000500111



pp44000500112



pp44000500113



pp44000500114


pp44000500115


pp44000500117


pp44000500118


pp44000500119


pp44000500122




pp44000500134







優等生光男*放課後のプロレス

ギシ。ギシ。ギシ。
「光男、今日もプロレスの相手、たのむわ」。
「たのむわ、って、さっきからずっとやっているじゃないか。プロレス」、
何しろコイツは一度はじめたらなかなかひきさがらない。
いろいろな組み手を想像して仕掛けてくろのだが、それが永遠に続くような感じだ。
おれを視るギャラリーは
もちろんおれに同情などなく
口にする話題は
技の美しさ・技巧のみだ。
。。。
「来週、試合があるねん。
それまでに絶対モノにしたい技があんねん」。
「それにしても、光男、
オマエ、技かけられて、教室中水びたしにすんねんけど、
後の掃除やっとけよ」。
「あと、床ふいたモップ、よく洗っとけ。
掃除用具入れのロッカー開けたとたん、オマエの臭いがどっと来るねん。
掃除のたびにオマエの顔がでてきてタマラン」。。
。。。
涼やかなる刺客は
一糸まとわず
今日も技をうけつづける
。。。
絞められ、撥ね、逆立ち、這い、海老反り、、、、
裸の「技人形」は
暗闇の教室を無様に舞う。。。
。。。。。。




DSC_0040erwrw

[snap] shavin'

pp4433220010111


pp4433220010112



pp4433220010113

[snap] hitchin'


Naked-Hitch-Hiking-A3-Picture-Art-Poster-Print
Naked-Hitch-Hiking-A3-Picture-Art-Poster-Print


k55y10e260rn


a4fa40d57add936645f7fd8f5c870c17--nude-photography-madonna


image


745110d8d88329739a1de985f87e1e6a

6

[snap] beggin' .....


no title

Shit!! Shit!! Shit!!


pp44007119



pp44007118





pp44007116





pp44007114



pp44007113








珍芸マスター夏子*「コマネチ!」伝授の図


「……コ、コマネチ」
恥ずかしさをぐっと堪え、掛け声とともに腕を引く。
この自分の姿を見て、こずえはまた心の中で笑うのだろう……。
そう考えると、惨めで悔しくてたまらない。
しかしなんとか罰ゲームを乗り切った。これで今日は解放されるかもしれない。
夏子は楽観的にそう思っていた。次のリーダーの言葉を聞くまでは。
「全然なってないね」
「……え」
「珍芸マスターがコマネチの一つも満足にできねーでどーすんだよ」
「す、すみません」
どこがダメだったのか。いつも通り指摘が来ると思って身構える夏子。
しかしリーダーは、それ以上に残酷な言葉を投げかけた。夏子にとって最も屈辱的な言葉を……。
「こずえにコマネチの指導してもらえよ」
「し、志田さんに……?」
「そう。こいつコマネチについては詳しいからさ」
「毎日練習してたもんねー」
そう言えば、たまにこずえの部屋から『コマネチ』の掛け声が聞こえていたような気がする。
あの時は気のせいだと思っていたが、ギャル達にやらされていたのか……。
だがそれよりも夏子には、『こずえに指導してもらえ』という言葉が引っかかっていた。
「あの……」
「なんだよ」
「し、志田さんに指導されなくても……」
「いーから黙って教えてもらえよ」
どれだけ夏子が抵抗しても、リーダーの一声が全てを決してしまう。
「こずえもそれでいーよね?」
「は、はい。私は別に……」
こずえのほうも戸惑っている様子だったが、夏子の動揺はそれ以上である。
よりによって、嫌い合っている志田こずえに芸を指導されるとは……。
「遠慮なくビシビシ指導してやれよ」
「は、はい」
こずえは座ったまま、全裸で立ち尽くす夏子に向き直る。
「それじゃあ、いいですか?朝山さん……」
「っ……はい」
当然、嫌だとは言えない。
「まず、脚の開き方が足りないと思います」
「脚の……」
「はい。恥ずかしがらずに、思い切り脚を開かないと……」







>>>
http://hajiandchijoku.x.fc2.com/natuko14.html

[Snap] Travellin' ......

15f622d75158701c79f87dece6a0100a

光男*海辺の撮影会


夏場はよくヤツを連れて千葉の海にいく。
工業地帯のはずれにある人気のないビーチ。
初夏の午前のやわらかい日差しのなか、
きょうはヤツの撮影会をした。
毎年そうだが、いつも海にいくのに用意してくのは俺の水着だけ。
ヤツのはない。
理由はないが、それをやつは理解していて、
いつも服をロッカーにしまうと全裸で海にかけだしてゆく。
初夏の午前のやわらかい日差しのなか、
ヤツは恥じらいながらも大胆なポーズをいくつもひろうしてくれた。





DSC_2175
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
プロフィール

datalabel

livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ