伊達でございます!

テレビ番組や映画・音楽など、気になるコンテンツについての雑感・呟き・覚書 ★更新休止中★

2012年07月

テレビ朝日「警視庁捜査一課9係」第4話:殺意の芝生(あらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
警視庁捜査一課9係スポーツエージェント会社社長の小早川洋介(山田純大)の他殺体が自宅の庭で発見される。庭にはスプリンクラーが設置されており、朝の8時半と夜の8時半に自動的に散水が行なわれる。遺体の下の芝生が濡れていることから、村瀬健吾(津田寛治)は、散水が終わった後の犯行と断言する。一方、凶器の火掻き棒があった薪ストーブ周辺を調べていた加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、カメオのブローチを発見する。
 
第一発見者は小早川の妻・貴子(北原佐和子)で、夫の会社で専務をしているが、別居しており、夫婦生活は破綻。とはいえ、遺産目当てに夫を殺害しかねない。青柳靖(吹越満)は、村瀬と小宮山志保(羽田美智子)に事件当日の小早川の行動の確認を、加納と浅輪直樹(井ノ原快彦)にブローチの捜査を指示。自分と矢沢英明(田口浩正)は、妻の貴子を調べることにする。
 
貴子によると、小早川は借金を抱えており、生命保険もそれほど掛けていないと主張。さらにアリバイも証明される。むしろ、事件当日、CMの契約を切られたことに腹を立て、オフィスに怒鳴り込んできたテニス選手の吉永恵理(大谷みつほ)が怪しい。恵理は、その足で小早川が打ち合わせをしているホテルへと向かったらしい。アリバイも曖昧で、落ちていたブローチも恵理のものであることが判明する。 (番組ホームページより)
 

日本テレビ「トッカン 特別国税徴収官」第4話:友達に裏切られ… 愛人と消えた3億円の行方… 真実を暴きオトシマエつけてみせます!(あらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
トッカン 特別国税徴収官鈴宮深樹(井上真央)は、相沢芽夢(美波)に嵌められ、接待を強要したと告発される。芽夢は白川耀子(若村麻由美)の店のホステスで、最初からスパイ目的で鈴宮に近づいたのだった。ハケンをしながら女優をしているのも、友人として鈴宮と付き合っていたのも全部嘘だったのかと、鈴宮は芽夢を問い詰めるが、芽夢は鈴宮を「偽善者」と冷たく突き放す。芽夢に「クビにもならない安定した公務員の立場に甘んじて、本当に苦しんでいる人間のことなんて考えてもいない」と言われた鈴宮は、反論することができなかった。
 
鏡雅愛(北村有起哉)や鍋島木綿子(鈴木砂羽)は、鈴宮が「澪」という人物の存在に気付いたために白川に嵌められたのではと推測する。澪とはいったい誰なのか、白川の目的は何なのか? 鏡は、南部千紗(木南晴夏)から、白川が衆議院議員・栗本忠幸(中丸新将)が認可を後押ししたダイエット薬に関し、インサイダー取引を行なった可能性があると聞かされる。だが、鈴宮がヘマをしたおかげで、捜査に支障が出るかもしれないは、怒りの収まらない南部は、鏡の前で、鈴宮の父親が過去に脱税をして税務署に入られたことを持ち出し、「犯罪者の娘に徴収官は務まらない」と鈴宮を責める。鈴宮は、失意のまま、辞表を出して税務署を去る。
 
鈴宮は、気付くと故郷の大阪に戻っていた。商店街をフラフラしていた鈴宮は叔母に見つかり、実家に連れて行かれる。そこには、昔と変わらず店先でまんじゅうを焼く父・益二郎(塩見三省)の姿があった。母を亡くし、今では父娘二人きりの家族だが、父は、鈴宮が税務署に就職することに反対していた。以来、父娘の間には大きな溝ができ、顔を合わせるとケンカになってしまう。
 
そんなとき、鏡から電話がか掛かってくる。鏡は、白川がインサイダー取引で3億もの大金を手にしたことを調べていた。やはり「澪」という人物が関わっているらしい。鍋島や釜地亨(笠原秀幸)も捜査を手伝ってくれているという。「お前のオトシマエをつけるためだ…」。そう鏡に聞かされた鈴宮は、東京に戻る決心をする。「私には、まだやることがある」。鈴宮は、白川の秘密に迫ることができるのか…。 (番組ホームページより)
 

TBS「走馬灯株式会社」第2話:堤友樹・28歳(雑感とあらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
走馬灯株式会社ストーカーに豹変した中田サヤカが、高校時代につきまとわれていた長谷川だと思っていたら、実は、妻の梨穂だったというストーリー。知らなければ(DVDを見なければ)、友樹は、幸せな結婚生活を送ることができたのでしょうか。それとも、生まれた子供が成長するにつれて、あるとき、その顔から長谷川のことを思い出すことになるのか…。
 
今回は、いささか展開が冗長。梨穂の顔が映るまでの長かったことといったら…。前回は、そんなふうには感じなかったのですが…。早く顔を見せろと、画面に向かってつぶやきながら、DVDを早送りもせずに、じっと見ていて、しかも、途中で寝入ってしまう友樹に、だったら、DVDを早送りしろよ、と突っ込みたくなりました(笑)。
 
それにしても、長谷川もサヤカも「運命を感じる」と口にしていましたが、彼女たちにそう言わせるものは何なのでしょうね。ドラマ的には、友樹が、つきまといたくなるほどの魅力のある“ステキ男子”に見えないので、もう少し設定と演出に工夫があってもよかったように感じます。その言葉に対して嫌悪感を抱いている友樹が、梨穂と出会った(ナンパした?)際に、同じ言葉を口にしていたのは、何という皮肉というか、一番の見どころだったかもしれませんが(苦笑)。
 
 
----------
 
■第2話のあらすじ(番組ホームページより)
 
会社員の堤友樹(柏原収史)は、美人で優しい妊娠中の妻・梨穂(松本莉緒)と、子どもの誕生を待ちながら幸せに暮らしていた。
 
ところが、ある日、酔った勢いで同じ部署の派遣社員・中田サヤカ(手島優)と一夜をともにしてしまう。たった一度の過ちだったが、サヤカはストーカーに豹変し、友樹の結婚生活を脅かすようになる。
 
そんなとき、偶然にも「走馬灯株式会社」を訪れた友樹は、高校時代のDVDを見て、当時自分につきまとっていた同級生の女・長谷川が、サヤカではないかと疑う。
 

フジテレビ「リッチマン,プアウーマン」第3話:明かされた過去 恋が壊れるとき(雑感とあらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
リッチマン,プアウーマンとりあえずは、普通におもしろかった、というところでしょうか。メインとなるストーリーがどのような内容を紡ごうとしているかは、まだ見えてきませんが(社運を賭けて臨んだ「パーソナルファイル」の話は、どうなったの?)。
 
澤木千尋の謎が明かされても、本名は不明のまま。親友との会話でも本名が出てこないのは、ちょっと不自然ではないかと。
 
自分に自信がないから、尊敬できる人に「大丈夫」と言ってほしい。本当にそうなのかなぁ。それを求める人は、偽りの(優しさゆえの)「大丈夫」は喜ばないと思うのですが。少なくとも、坂口は、そう見えました。
 
その坂口は、人を、人間性よりも尊敬できる才能があるかで見るタイプ。なので、日向からひどい仕打ちを受けても、恨んではいないのですね。むかついてはいるけれど、それは、自分の才能に対するいらだちでもあって。
 
そんな坂口に意見され、初めて朝比奈の心のうちが見えたのが、一番の見どころだったかも。実は、朝比奈のほうが主人公のように思えてきました。というか、本作がおもしろくなるかは、朝比奈の描き方次第でしょうか。そして、そのとき、山上はどう動くのか。日向と千尋よりも、こっちのほうが気になります。
 
 
----------
 
■第3話のあらすじ(番組ホームページより)
 
日向徹(小栗旬)は、バイクの後ろに朝比奈燿子(相武紗季)を乗せて「NEXT INNOVATION」に戻ってくる。バイクから降りた燿子は、それを目撃した澤木千尋(石原さとみ)に、偶然だと声を掛ける。
 
そんな折り、日向は、千尋に名刺が入った箱を差し出す。「社員でもないのに…」と戸惑いながらも、自分のアバターが印刷された名刺を日向がつくってくれたことをうれしく思う千尋だが、「澤木千尋」が偽名であることがますます言い出しにくくなる。
 
千尋からそれを聞いた親友の小野遙香(野村麻純)は、「以前から日向を知っていたのか」と聞く。千尋は、自分が高校生の頃、日向と出会った話を始める。
 
翌日、千尋が定時前に出社すると、社員たちはすでに出社し、熱心に仕事をしていた。焦った千尋に、安岡倫哉(浅利陽介)は、「今日が“デスメールの日”と呼ばれる契約更新の日だから」だと説明する。プログラマーらは3か月ごとに契約を延長するが、契約更新できなければ、日向から解雇通知のメールが届くのだという。
 
早速、デスメールが届いた社員が、朝比奈恒介(井浦新)に泣きついていた。さらに、会社のホープといわれる坂口(中野裕太)にもデスメールが届く。怒った坂口は、日向と朝比奈に食ってかかるが、一蹴されてしまう。
 
日向は、千尋に解雇した社員たちの不要書類を廃棄処分させるが、そのなかに、ほとんど使っていない名刺を見つけた千尋は、日向のやり方を悪趣味だと批判する。
 

TBS「浪速少年探偵団」第4話:しのぶセンセと密室殺人 〜自殺? 事故? 密室殺人!? 東野圭吾の真骨頂!!(あらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
浪速少年探偵団球技大会の開催が近づき、竹内しのぶ(多部未華子)のクラスの生徒たちは、ソフトボールの練習に励んでいた。そんなある日、しのぶは、西丸商店の会長・西丸仙兵衛(蟹江敬三)にご馳走すると誘われ、原田郁夫(前田航基)、田中鉄平(濱田龍臣)、畑中弘(高橋晃)とともに、仙兵衛宅を訪れる。
 
仙兵衛は、しのぶに「自分の会社の正社員になってほしい」と話を切り出す、その直後、大きな悲鳴と物音が聞こえ、しのぶたちが駆け付けると、西丸商店の社員・米岡伸治(牧村泉三郎)が倒れていた。
 
その日、商店は休日だったが、真面目な米岡は、ひとりで仕事をしていたらしい。仙兵衛は、米岡が自殺をしたようだと嘆くが、不審な点もあり、新藤修平(小池徹平)と漆崎進(段田安則)が捜査に乗り出す。米岡は病院へ運ばれるも、息を引き取ってしまう。
 
米岡が飛び降りをはかったとみられる事務所内は密室で、転落したらしき窓のブラインドと、それを支える金具が壊れていた。事件に興味津々のしのぶは、新藤と漆崎に「米岡は殺されたのではないか」と自説を披露する。
 
仙兵衛から、息子で社長の昭一(梶原善)の秘書になってほしいと、食事に誘った理由を打ち明けられ、しのぶは驚く。しのぶは、社内の様子をながめ、強引な昭一を社員たちが恐れていることを見抜くとともに、仙兵衛を知る本間義彦(山本耕史)から、仙兵衛の人柄について聞く。殺人事件か、自殺か、それとも事故なのか? しのぶは、推理を働かせるが…。 (番組ホームページより)
 

TBS「サマーレスキュー 〜天空の診療所」第3話:母のいのちを救え!(あらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
サマーレスキュー 〜天空の診療所速水圭吾(向井理)は倉木泰典(時任三郎)から、母親・悦子(中田喜子)が受けていた人間ドックの検査で、大動脈瘤が見つかり切迫破裂という厳しい状況だということを知らされ、慌てて山を降りる。
 
東京の明慶大学病院に着いた速水は、沢口哲夫(松重豊)と倉木から詳しい検査結果を聞き「自分が執刀したい」と願い出ると、倉木が助手を務めようと名乗り出てくれる。そして、悦子の手術が始まる。
 
山岳の診療所に野田(山崎銀之丞)と体調が悪いという妻・洋子(西村いづみ)のふたりがやって来る。速水が下山してしまい、医師が不在となっていると聞き、「わざわざルートを変更して診療所まで来たのに、先生がいないなら意味がない」と怒る野田。洋子は「下山するのはつらいから」と、診療所に宿泊することに。
 
小山遥(尾野真千子)は、もう看護師をやめたからと、平原あかり(小池栄子)が一晩、看病していると…。 (番組ホームページより)
 

TBS「機動戦士ガンダムAGE(エイジ)」第41話:華麗なフラム(あらすじ)

ブログネタ
機動戦士ガンダムAGE(エイジ) に参加中!
 
機動戦士ガンダムAGE(エイジ)連邦軍によるルナベース奪還作戦での戦いは、さらに激化する。その戦いで、キオは、コクピットを破壊しないようにヴェイガンのモビルスーツを撃破し、パイロットを救う戦い方を続けていた。
 
苛烈な攻防戦が続くなか、フラムがフォーン・ファルシアで参戦する。ゼハートを信じ、ゼハートのために戦うフラム。そんなフラムに、キオはともにXラウンダーの力を使い、争いをやめさせようという提案をするが…。 (番組ホームページより)
 

日本テレビ「ゴーストママ捜査線」第3話:大事件発生!! なんと課長もユウレイに!?(あらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
ゴーストママ捜査線上原とんぼ(君野夢真)が初めての通信簿をもらった終業式の日。上原蝶子(仲間由紀恵)は、「これに参加しないと夏が始まった気がしない」と、毎年恒例の桜田署の青少年非行防止パトロールに参加する。
 
そのパトロールのさなか、ひったくり事件が発生し、三船義光(生瀬勝久)、藤田悟(ミスターちん)たちが犯人を追う。蝶子も後を追い、犯人を見つけるが、ユウレイなので捕まえることができない。犯人に逃げられ、偶然通りかかった上原葵(志田未来)の同級生・長谷川淳也(真田佑馬)に容疑が掛かる。
 
桜田署に連れて行かれた淳也は犯行を否定するが、三船は淳也の言葉を信じず、疑いは晴れない。証拠不十分で帰宅を許されるが、退学をほのめかす教師の言葉に憤った淳也は、自分から「退学でもなんでもしろ」と言ってしまう。真犯人の顔を見ているのに、それを誰にも伝えられず、「私には何もできない」と落ち込む蝶子。
 
そんなある朝、とんぼと上原航平(沢村一樹)とともにラジオ体操へ向かっていた蝶子は、愛犬のメリーと散歩中の三船と出会う。「なんで君がここにいるんだ」と、蝶子を見て驚く三船。「課長は私のことが見えるんですか」と蝶子も驚く。三船は早朝ランニング中に心筋梗塞を起こして亡くなり、ユウレイになったのだった。 (番組ホームページより)
 

TBS「黒の女教師(新番組)」第1話:必殺! 学園ドラマ!! ダークヒロイン誕生(あらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
黒の女教師桜舞い散る4月。新人教師ながら都立国文館高校3年D組の担任になった青柳遥(木村文乃)は、希望で胸を膨らませて教壇に立つ。しかし、副担任は、いい噂を聞かない生物教師の高倉夕子(榮倉奈々)で、転校生の戸田トシオ(松村北斗)は、クラスのボス、望月亮平(千葉雄大)らの悪事をいきなり告発するなど、新学期早々問題が山積み。
 
そんな3Dの山岸リオ(竹富聖花) は大学生の彼氏、須藤達也(早乙女太一)から友人のメールアドレスを集めるよう指示されていた。達也は、一流大学に通い、司法試験にも合格している“勝ち組”だが、裏では脱法ハーブを売りさばく売人をしていた。リオは、達也との関係を続けるために、悪事と知りながら、さまざまな要求に応えていた。
 
学校内で、リオにメアドを教えると脱法ハーブを勧めるスパムメールが来るという噂が立ち始める。焦るリオに追い討ちをかけるように、抜き打ちの持ち物検査が行なわれる。リオは遥に助けを求め、遥も学校には内緒にすると約束するが、夕子は、リオを単なる売人の道具だと斬り捨てる。
 
さらに3Dの生徒が脱法ハーブを吸って倒れたとの連絡が入る。追い詰められたリオを救おうと、遥は夕子に助けを求めるが、夕子は、遥の初任給全額と引き換えならリオを救うと、冷たく言い放つ。夕子と古典教師の内田すみれ(市川実日子)、美術教師の藤井彩(小林聡美)の3人は、高額の金銭と引き換えに問題を解決する“黒の女教師”だった。 (番組ホームページより)
 

フジテレビ「東野圭吾ミステリーズ」第3話:エンドレス・ナイト 〜哀 哀しみのラスト…夫の死の謎に迫る女(あらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
東野圭吾ミステリーズ「エンドレス・ナイト 〜哀」東京のマンションの一室で寝ていた田村厚子(松下奈緒)は、電話の鳴る音で起こされる。受話器をとった厚子の耳に飛び込んで来たのは、夫の洋一(田中幸太朗)が殺害されたという警察からの連絡だった。
 
大阪に向かう新幹線のなかで、厚子は洋一のことを思い起こす。洋一は、アパレルチェーン社長の御曹司。新しく大阪に立ち上げるブランドの経営を任されたため、単身で現地に行っていた。厚子も誘われたが、洋裁学校の講師を東京で続けたいことに加え、大阪の街が肌に合わないとの理由から断ってしまう。
 
大阪に着いた厚子を担当刑事の番場十三(大杉漣)たち出迎える。洋一の遺体確認を終えた厚子は、自ら殺害現場に連れて行って欲しいと頼む。
 
洋一は、自分の店で刺殺されていた。検死報告などを話した番場は、厚子に洋一との最後の接触を訊ねる。厚子は、一昨日、洋一から電話があり、大阪に遊びに来ないかと言われたが、断ったと話す。番場は、洋一が殺された原因に心当たりはないかと聞くが、厚子はないと答える。厚子は、手掛かりを調べさせて欲しいという番場と、洋一が暮らしていたマンションへ向かう。そして、そこで初めて洋一が亡くなったことを実感し、涙を流す。
 
その夜、厚子は、洋一のマンションで寝ようとする。と、玄関で物音が…。恐怖する厚子の前に、刃物を手にした男(蟷螂襲)が現われる。
 
原作:東野圭吾「犯人のいない殺人の夜」〜エンドレス・ナイト(光文社文庫)
 

日本テレビ「トッカン 特別国税徴収官」第3話:やらせてください潜入調査! 私のこと腰掛けなんて言わせません(あらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
トッカン 特別国税徴収官鈴宮深樹(井上真央)は鏡雅愛(北村有紀哉)から、クラブ「澪」の白川燿子(若村麻由美)が衆議院議員・栗本忠幸(中丸新将)の愛人で、栗本の裏金づくりに関わっている可能性があると聞かされる。鈴宮は、なぜ白川が大事な着物をS(エス:差し押さえ)される前に栗本を頼らなかったのか疑問をもつ。すると鍋島木綿子(鈴木砂羽)は、「ほかの男に貢いでいたのかもしれない」と言う。
 
そんななか、鏡が新たな案件を持ち出してくる。「マウンテンドール・カフェ」という店に脱税の疑いがあるという。経営者の三井晴彦(城島茂)が5年前に脱サラして始めた店だが、売り上げが赤字にも関わらず2号店を出す予定があるという。本来、調査は徴収部門の仕事ではないが、鈴宮は、自ら志願して潜入調査に向かう。
 
鈴宮は、店に張り込み、ひたすらコーヒーをおかわりしながら、来客数と注文内容を細かく書き留め、不審な点を見つけ出そうとする。
 
翌日、再びカフェに潜入した鈴宮は、三井のある特徴から彼に愛人がいることを突き止める。三井は、愛人のために経理担当の妻に内緒で店の売り上げをごまかし、金を溜め込んでいる可能性が高い。そんな鈴宮は、最近仲良くなった友人・相沢芽夢(美波)に「人生にお金が絡むとろくな事がない」とぼやくのだった。
 
鈴宮のもとに白川から「滞納していた税金分のお金が用意できた」と連絡が入る。白川から滞納税424万300円を受け取った鈴宮は、思わず白川を問い詰める。クラブ「澪」の澪とは誰なのか、滞納の理由は本当に男なのか、と。だが、白川は、「あなたのように国に守られた人間には、想像もつかないことがこの世にはある」と微笑むだけだった。
 
翌日、鈴宮がカフェを張っていると、三井の不倫を知った妻が血相を変えて店にやってくる。愛人のために溜め込んだ金が見つかったとしても、その金を脱税と結びつけるには確実な証拠がいる。必死で店内を見回した鈴宮は、あることに気づく。
 
その頃、鈴宮に、思いがけない罠が忍び寄っていた。 (番組ホームページより)
 

テレビ朝日「警視庁捜査一課9係」第3話:シェフ殺人事件(あらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
警視庁捜査一課9係フレンチシェフの吉見卓司(滝藤賢一)の刺殺体が、自らが講師を務める料理教室で発見される。教室職員の話によると、吉見は教える料理の試作をするため、ひとり教室に残っていたという。加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、鍋の中に完成している試作品を発見するが、その料理に使われていないジャガイモとオレンジの皮が捨ててあることに疑問を抱く。遺体のそばには書きかけのレシピもあったが、別の料理をつくろうとしていたのか?
 
テレビでも活躍していた吉見は、自らの番組で街のレストランの料理を食べて批判することもあったらしい。村瀬健吾(津田寛治)と小宮山志保(羽田美智子)は、父親の料理を批判されたことで吉見に激しく抗議していた二宮幸也(青柳尊哉)という青年がいたことをつかむ。吉見のコメントが原因で二宮の父は店を閉めてしまい、父子の行方はわからないままだった。
 
その後、吉見が2年前に離婚し、別れた妻の慶子(山口香緒里)に、慰謝料のほかに娘の養育費を送金していたことがわかる。養育費を払わなければ、半年に1回の娘・瑠璃(毛利恋子)との面会をさせないと慶子が圧力をかけたという。
 
加納と浅輪直樹(井ノ原快彦)が慶子の自宅を訪ねると、現在の夫・安西勤(小宮孝泰)がいた。慶子は、子役モデルの仕事をする瑠璃に付き添って不在というので撮影スタジオに出向き、アリバイを確認すると、子役モデル仲間の母親と一緒だったことがわかるが、加納は、瑠璃に対する慶子の何気ない行動に疑問を抱く。 (番組ホームページより)
 

NHK「はつ恋」第8話(最終回):ONLY LOVE/オンリー ラブ 〜ありがとうを言うために(雑感とあらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
はつ恋緑は癌が転移、しかも場所的に手術が困難なため、余命は約1か月であると。三島は、緑の残された時を充実させようと、一人息子・健太との再会に動きます。
 
結局のところは、緑との偶然の再会により、三島の心に初恋の火がともっただけでなく、三島の裏切りから、心の中の鍵を掛けていた箱を、夫と子供を裏切ってまでも、自ら開けることを選んでしまった緑の「初恋は終わっていなかった」な物語でした。
 
ありがちな展開だと、夫と子供よりも初恋を選んだ報いとして、二度と我が子と会うことが許されなかったところを、自らの死との引き換えに、すべてが許され、残された者たちのわだかまりは浄化されて…という、何だか綺麗にまとまり過ぎた感じのエンディング。
 
まるで、病により人生が短くなった代わりに、神様は、緑自身が記憶を封印し、忘れ掛けていたように見えて、実は、ずっと心残りであった初恋を成就させるという采配を振る舞ったかのよう。
 
しかも、最初の男=初恋の相手・三島匡と、最後の男=元夫・村上潤と、息子との最期のときを過ごすことができただけでなく、父・豊崎勝との和解もでき、静かに息を引き取るという、これはこれで、ハッピーエンドといえるのでしょうね。
 
序盤は、役がしっくりきていなかったように感じた木村佳乃さんですが、途中からは、役を演じるのではなく、役そのものを生きているかのようで、一気に引き込まれました。三島視点で見始めましたが、いつのまにか緑視点に変わりました。
 
ふたりの男、伊原剛志さんと青木崇高さんも、素晴らしかった。木村佳乃と青木崇高の夫婦なんて、想像できませんでしたが、なかなか。いろいろな意味で見応えのあったドラマでした。
 
 
----------
 
■第8話のあらすじ(番組ホームページより)
 
夫・村上潤(青木崇高)と離婚した豊崎緑(木村佳乃)は、知らない町で、ひとり暮らしていた。そんな緑の前に三島匡(伊原剛志)が現われ、「もう離さない」と抱きしめる。それから3年、緑は言語聴覚士として、三島は、小学校の医務室などで医師をしながら暮らしていた。ところが…。
 

TBS「走馬灯株式会社(新番組)」第1話:関隆広・23歳(雑感とあらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
走馬灯株式会社ドラマの舞台となる「走馬灯株式会社」は、自分の人生を記録したDVD映像が見られる場所。そこで各話の主人公は、自分が知りえなかった衝撃の事実や、心の奥底にしまい込んだはずの秘密を目にすることなる。すべてを見終えたとき、人は何を思うのか? というのが基本フォーマットの1話完結のオムニバス形式のドラマです。
 
愛する母・広子が、本当の母ではなく、実の母から自分を誘拐し、実の母ばかりでなく父も(?)、そして、愛する恋人までをも殺していたというストーリー(でいいのかな)。
 
ただ、どうにもピンとこないのが、主人公の隆弘が自ら死を選ぶ(ということですよね)というエンディング(オチ)。普通なら、まずは、母親に確かめるのではないかと。そうなった場合、広子は、真実を知った隆弘も迷わず殺すのでしょうか。個人的には、隆弘が広子に迫る場面を見たかったです。
 
さらには、隆弘の死体を見て神沼がにんまりとするのも違和感があります。まるで、最初から、それを期待していたかのよう。ターゲットに“走馬灯DVD”を見せて、自ら死に追い込むのが神沼の役目(仕事)というのなら別ですが。
 
なかなか興味深い設定ではありましたが、「世にも奇妙な物語」のよくできたエピソードに見られる独特の余韻を目指しながら、うまく引き出せなかった、そんな印象の初回です。
 
 
----------
 
■第1話のあらすじ(番組ホームページより)
 
関隆弘(窪田正孝)は、同じ会社に勤める恋人・立花結子(梶原ひかり)を連れて実家に戻り、母・広子(横山めぐみ)に紹介する。 その日の夜、幼なじみの宮本圭介(千代翔太)から連絡が入り、会いに行くと、自分の人生が記録されたDVDが見られるという会社の話を聞かされる。
 
帰り道、その「走馬灯株式会社」に迷い込んでしまった隆弘は、突然現われた神沼(香椎由宇)から渡されたDVDを見て驚愕。そこには、女手ひとつで自分を育ててくれた優しい母の、恐るべき姿が記録されていた…。
 

フジテレビ「リッチマン,プアウーマン」第2話:動き始めた運命 嘘つきは恋の始まり(あらすじ)

ブログネタ
2012年夏ドラマ に参加中!
 
リッチマン,プアウーマン日向徹(小栗旬)は、澤木千尋(石原さとみ)を「NEXT INNOVATION」に来させると、総務省の藤川事務次官(大地真央)から呼び出しがあったと告げる。昨日の今日で連絡があったのは、藤川が千尋を気に入ったからだと日向は言うが、千尋は、自分の都合などお構いなしの日向に不満をこぼす。
 
日向は意に介さず、日当と成功報酬を払うと事務的に言い放つ。その後、藤川との面会が無事終わった帰りのタクシーのなかで、日向は、大量の資料を千尋に渡し、来週までに覚えて来いと命じる。そして、車を停めると、自分は用事があるからと言って、千尋を降ろす。
 
そのとき千尋は、昨夜、日向の車に靴を忘れた事を思い出し、返してほしいと頼む。 日向は、財布から一万円札を数枚を取ると、あれは捨てたから新しいものを買えと差し出す。悔しさが込み上げた千尋は、「お金があると人は変わるんですね」と言い捨てると、金を受け取らずに立ち去る。
 
その頃、朝比奈恒介(井浦新)は、バーで山上芳行(佐野史郎)のグチを聞いていた。酒に酔った山上は、代表取締役である日向の解任決議を出そうなどと言う。そこにレストランを終えた朝比奈燿子(相武紗季)が入ってきて、日向はいないのかと聞く。
 
日向は、なじみの禅寺にいた。僧侶の笛木(中原丈雄)に、自分の母親と同姓同名の人物が現われたと明かしていた。他人とわかりながらも、母と同じように失うのが惜しくて、口実をつけて引き留めているのだと言う。 (番組ホームページより)
 
ブログ内検索
管理人近況
最近の記事
カテゴリー
コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
伊達でございます!

埼玉生まれ。「太陽にほえろ!」のサウンドトラックの素晴らしさから、テレビドラマを見るようになりました。小学校4年時に体育館で生オーケストラを聴いてクラシックが大好きに…。初めて買ったクラシックのレコードは、スッペ「軽騎兵/詩人と農夫」のEPと、バーンスタイン「運命/未完成」とセル「ベト9」の2枚組LP。初めてのオペラは、銀座・ヤマハホールで見たベルイマンの映画「魔笛」。中学の吹奏楽部(ホルン)で演奏することの楽しさを、高校の頃に通った銀座・日立ローディプラザの生録会でフュージョンに出会うとともに、音楽録音の魅力を知りました。

<お気に入りの曲>
◆東海林修「ディスコ・キッド」◆大野克夫「太陽にほえろ!」◆冬木透「ウルトラセブン」「帰ってきたウルトラマン」◆宮川泰「宇宙戦艦ヤマト」◆岡村孝子「未知標」「潮の香りの中で」「ひとりごと」「愛を急がないで」「天晴れな青空」「晩春」◆薬師丸ひろ子「元気を出して」「トライアングル」◆麗美「国際線」「君の友達でいたいから」◆荒井由実「卒業写真」「海を見ていた午後」◆松任谷由実「最後の春休み」◆大貫妙子「会いたい気持ち」「黒のクレール」◆辛島美登里「Merry Christmas to You」「Silent Night −祈り−」◆今井美樹「野性の風」「瞳がほほえむから」「セカンドエンゲージ」「Peace of My Wish」「Miss You」◆飯島真理「Melody」「シグナル」◆宮里久美「背中ごしにセンチメンタル」◆米屋純「水色時代」◆高橋洋子「魂のルフラン」◆古内東子「うそつき」◆MISIA「忘れない日々」◆笹川美和「金木犀」「向日葵」◆柴田淳「ため息」「夜の海に立ち...」◆熊木杏里「最後の羅針盤」「朝日の誓い」◆池田綾子「ひとつの願い」「月」「プリズム」◆諫山実生「手紙」「Eternal Love」◆平原綾香「孤独の向こう」◆arp「まぶた」◆lisa「Will」「TIME IS ON MY SIDE」◆山麻衣美「We are the Stars」◆Chocolove from AKB48「明日は明日の君が生まれ」◆城南海「誰カノタメニ」「ワスレナグサ」◆沢田研二「ヤマトより愛をこめて」「時の過ぎゆくままに」◆布施明「愛よ その日まで」◆町田義人「戦士の休息」「長距離ランナー」「愛」◆さだまさし「療養所」「道化師のソネット」「親父の一番長い日」◆浜田省吾「愛という名のもとに」「Midnight Flight」「J.BOY」◆橋本仁「青空になる」◆中孝介「路の途中」◆Mr.Children「HERO」「HANABI」◆SEAMO「Continue」◆EARTHSHAKER「EARTHSHAKER」「WALL」◆X JAPAN「Rusty Nail」◆プリズム「KARMA」「MEMORY OF THE MOMENT」◆カシオペア「朝焼け」「GYPSY WIND」「EYES OF MIND」◆スクェア「いとしのうなじ」「TRUTH」◆クロスウィンド「そして夢の国へ」◆YOU「BALLAD 9.36」◆鳥山雄司「GHETTO PEOPLE」◆柴田敬一「まどろみのなかで」◆YMO「1000 KNIVES」「MAD PIERROT」「TECHNOPOLIS」◆Maynard Ferguson「Gonna Fly Now」◆TANGERINE DREAM「NETWORK 23」◆YANNI「DANCE WITH A STRANGER」「NOSTALGIA」「SANTORINI」「PATHS ON WATER」

QRコード
QRコード

track feed

伊達でございます!