ブログネタ
アンフェア に参加中!
 
アンフェア第1の事件「小説型予告殺人事件」の原稿のようなベタなサブタイトルですが、今日も見応え十分な展開でした。回を追うごとにいい感じになってきますね。
 
牧村(木村多江)の共犯(主犯格はこっちですね)は、蓮見(濱田マリ)でした。牧村と雪平(篠原涼子)の娘・美央(向井地美音)の居場所が、新宿中央署の地下室だったとは盲点。見ていて、思いも寄りませんでした(笑)。でも、犯人と被害者が結託すれば、ここは、最も安全な場所のひとつになりますね。
 
牧村の動機は、夫と娘を殺した男・広田の再捜査と、事件をもみ消した警察の謝罪でした。お金でなく、浮かばれないふたりの死=アンフェアな裁きに対する復讐です。自分の人生を、それに掛けて生きてきたのでしょう。そのための舞台設定としては、雪平はベストが素材ですね。検挙率ナンバーワンなのに、強引な捜査方法が世間の避難を浴びていて=社会的なネームバリューがあって、しかも夫は大手新聞社のデスク。雪平の募金を集めるための“同情ツール”として、もみ消された事件を引き合いに出すという図式は、何となくすっきりしないのですが(実際、そんなにうまくいくものでしょうか)。
 
そんな牧村を唆したのは=今回のシナリオ書いたのは、蓮見だったようです。広田の事件をもみ消したのは、事件当時、所轄の町田南署交通課課長だった山路管理官(寺島進)でした(山路は、出世との引き換えに上層部の指示通りに動いただけで、山路に命令を下した警察幹部がいるはず。それについては、まだ明らかにされていません)。驚くことに、蓮見と山路と男女の仲(でも、見た目的には以外にしっくり来る組み合わせな気も)。事件に対する山路の関与度は、どの程度のものなのでしょう。今回の描写から判断するには、どちらとも取れそうです。
 
犯人の要求=雪平への募金額・12億で広田の会社・広真建設の株を買い占めろとの理由は、仕手戦による株価の吊り上げ(と売り抜け)。蓮見の計算では12億が40億になると。犯人が捜査本部の情報担当という、何とも皮肉で、巧妙な図式。アンフェアな形で手に入れた金を、アンフェアな手法で増やすという、アンフェア尽くしな犯罪計画。そして、エンディングでの、部屋の壁に大書きされた「アンフェアなのは誰か?」の文字。蓮見が書いたのか、それとも、別の存在が書いたのか? 事件はさらに混沌としてきました。。
 
山路は、雪平の父親の死にも絡んでいそうな口ぶり。山路を追い詰める証拠を、町田南署交通課のパソコンからサルベージしたのが、すっかり“リトル雪平”な安藤(瑛太)でした。雪平を刑事として慕っていたのを通り越して、惚れている感じ(刑事かつ、ネットのヘビーユーザーでありながら、雪平の事件を知らなかったというのは、妙な印象があります)。それが、牧村に撃たれてしまい(次回予告を見る限りは、「安藤死す」な展開のようです)。牧村が撃ったのは、想定外の人物の登場で、気が動転してのアクシデントだったのか、明確な殺意だったのか? 牧村は、美央を連れて署を後にします。犯人が明かされても、それ以上に先が見えなくなってきました。
 
あなたにしかできない特殊任務。誰に頼むのかと思ったら、三上(加藤雅也)でした。刑事としての雪平に惚れているという三上。第1の事件では怪しげな行動がありましたが、第2の事件では、そうでもなさそう。三上の立ち位置も微妙です。立ち位置の微妙さでは、安本(志賀廣太郎)も、いい勝負。ITから一番縁遠いところにいるだけに、実はという展開もありそうです。雪平が起こした射殺事件の関係者が、今のところ、誰も描写されていないのも、不思議です。雪平の過去つながりの線は、安藤が担当していたんでしたっけ。演出陣には、アンフェアではない演出で、僕たちをアッと言わせてほしいと思います。