ブログネタ
華麗なる一族 に参加中!
 
華麗なる一族端から見ると、もう「華麗」どころではないですね。親子の“ドロドロ展開”に息が詰まりそうです。「目的を果たすためなら手段を選ばず」を突っ走る万俵大介は、祖父・敬介と息子・鉄平が心血を注いだ会社・阪神特殊製鋼を潰すことで阪神銀行の生き残り=大が小を喰らう合併が現実のものになると策略を巡らせ、そんな父・大介の画策により高炉建設の夢が消えそうどころか倒産の危機を目の当たりにする鉄平は、技術者と経営者としての高い志と熱意と行動力とで残された可能性を最後まで諦めず、真っ直ぐに生きようとして……。そんな万俵家父子の“ドロドロ展開”のわずかな救いは、ことの行く末を見守る弟・銀平の、鉄平を応援する心です。
 
自分は兄のようには生きられないと、鉄平の生き方に嫉妬して父の側に付いてしまうというのが、この種のドラマとしてはありがちなパターンですが、さすがに本作では、そうは転ばず、鉄平を応援し、今の自分にとっては精一杯の皮肉を父に浴びせます(銀平が言うように、阪神特殊製鋼の高炉完成は、阪神銀行の付加価値を飛躍的に高める=合併を目論む他行にとっては魅力的な“付録”になるというのは、何とも皮肉なものです)。あなたには銀行家としての志がないと。三雲や銀平が言うように、企業を育てるという銀行家としての信念をなくし、もはや己の保身しか頭にないような大介は、もはや銀行家ではないと。志だけでは企業は存続できないのが現実の厳しさですが、阪神特殊製鋼を潰すことが、大介にとっての苦悩の末の結論のようには見えません。
 
そんな厳しさに対する緩衝材となっていた義父・大川という後ろ楯を失った鉄平にとっては、最後の砦ともいうべき大同銀行頭取の三雲。その三雲の、銀行家しての志こそが、大同銀行のアキレス腱でもあることに気付いた大介は、すぐさま大同銀行の吸収合併を画策しますが、敵ながら天晴れと褒めたいほどのその才覚、できれば相手を陥れるような使い方ではなく、もっと志あるところで発揮してほしいところです。そんな大介の思惑のすべてを見通したうえで、周囲に淡々と説明する専務の大亀が、大介のアキレス腱のようにも映りますが(これまでの流れでは、鉄平の理解者のように見えますので)、彼は、どんな思いで大介に従っているのでしょう? その心の内を、もっと見たかったところです。
 
そんな、人間描写の薄い人間ドラマに、今宵ももったいなさを感じます。たとえば、今回の見せ場のひとつ、夜の海に落ちた作業員を、自らの命を省みずに飛び込んで助ける鉄平と、その心意気に打たれて、高炉建設突貫工事のアキレス腱=作業員不足に一肌脱ぎ、作業ストップの危機にさっそうと駆け付ける沖仲仕の荒武。世代を超えた熱き男と男の友情溢れるシーンは、一般的なドラマのワンシーンだったら、見応えがあってメデタシメデタシでしたが、骨太な人間ドラマをうたう本作においては、あまりに底の浅い見せ方で、バックに使われる音楽とともに、そこだけが「華麗なる一族」の世界観から浮いている気がします。キムタク主演の別のドラマが強引に割り込んで来たかのような、居心地の悪さを感じます。
 
ところで、大介の“少しも華麗ではない”策略ですが、三雲ら日銀派を押さえて、綿貫らの生え抜き派だけにすれば取り込むことも不可能ではないというのは、今ひとつドラマ内リアリティを感じません。大同銀行の生え抜き派は、そんなに頭が悪いのか? と。ドラマとしては、阪神特殊製鋼の高炉建設を成功させ、帝国製鉄に並ぶことで、阪神銀行が米国と対等に戦えるような鉄鋼業界の再編のリーダー役となり、それを実績として大同銀行と対等合併を図るほうが、素直な展開に思えます。日銀出身かつ、志の高い三雲ならば、少なくとも、阪神銀行だけが一方的に不利になるような合併はしないはずです。大介の思惑は、阪神銀行のためではなく万俵家の、というよりも、自己の保身のためのみのようです。それでよく、周囲の人間がついて行くものです。その意味でも、もっと大亀ら大介の周囲の人間を、もっとじっくり、もっときっちり描くべきだと思います。
 
鉄平や銀平や周囲からは、志ある経営者のように慕われている先代の啓介ですが、裸で眠る寧子の傍で団扇を扇ぎながら「公家の女の肌はマシュマロのように白くて柔らか……」と語る姿には、ゾッとさせられます。好色を超えて「金田一」の世界に陥りそうな闇を感じます。そんな啓介の心の内についてもドラマとしての描写に欠けるのは、重ね重ね残念です(そんな祖父の姿を鉄平が知ったら、どんな反応を示すのでしょう?)。
 
----------
 
●第6話のあらすじ(番組ホームページより)
 
鉄平(木村拓哉)が業務提携を取り付けて来ていたアメリカンベアリング社が吸収合併されたというニュースが飛び込んできた。阪神特殊製鋼の錢高(西村雅彦)の報告を受けた大亀(武田鉄矢)は、鉄平が追加融資の依頼にやってくるということを大介(北大路欣也)に連絡するが、大介は、小が大を食う合併を急いでいるこの時期にそんなことに手を貸す余裕などないと断る。
 
そんな鉄平の所に大同銀行の三雲頭取(柳葉敏郎)が訪れる。彼は、追加融資を前向きに検討すると約束するが、メインバンクの阪神銀行の追加融資が未だに取り付けられていないことに驚く。その三雲をさらに驚かせたのが、鉄平の口から出た、大川一郎代議士(西田敏行)の闇献金の記事をリークしたのは阪神銀行であるという事実であった。三雲はその足で、大介の元へ向かった。阪神銀行が今後阪神特殊製鋼へ追加融資をするのかどうかを確認するためである。
 
ところが、大介は、鉄平には強い意志と才能があると力説する三雲に、小さい蜘蛛が大きな虫に襲い掛かる光景を重ねていた。三雲との会談を終えた大介は、大亀に大同銀行の内情を洗うよう命じる。
 
三雲の尽力もあり、阪神銀行から20億円の追加融資が決定した鉄平であったが、大川の死でもっとも恐れていた事態が勃発する。帝国製鉄所長の和島(矢島健一)が、今後の銑鉄供給契約を更新しないと告げてきたのだ。
 
 
>> 「華麗なる一族」番組ホームページ