ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!
 
機動戦士ガンダム00(クリスティナ・シエラ)いつもよりもずっと時間が短く感じた今回。前回もそうでしたが、今回の戦闘シーンも、スピーディで魅せます。22話までの流れとテイストが違うように映ります。途中、行き当たりばったりで迷走気味にも思えたこれまでの展開ですが、1期のエンディング=23〜25話だけは、早くから決まっていたと言わんばかりの隙のない流れ。そんな印象を受けた今回でした。この1話だけにスポットを当てれば、見応えもあってなかなかと言いたいところですが、これまでの23話を受けての1本ということでは、劇中内の刹那のセリフではありませんが、これまで積み重ねられてきた23話分の思いを一杯に詰めた上に重ねられたストーリーがとして、果たしてこれでよかったのかと。オープニングの2年前のシーンで何度目でしょう? ガンダムマイスターの資質。ガンダムマイスターとは。刹那は基準値をクリアしている、ヴェーダが選んだと。どんな観点から、どのように選ばれたのか。長丁場で時間のある枠ゆえに、こういった細部まできちんと描かれていれば、作品としての深みや作品内リアリティが、もっと増したのではないかと。細部の描き込みが、もっとほしかったと思います。
 
ソレスタルビーイングも国連軍も、ともに消耗と疲弊の極み。“できる現場監督”マネキンとセルゲイは一時撤退を考えますが、増援を送ったので合流して戦闘を続行せよとの指令。これをもって最後の戦いの火蓋が切られますが、キャラクターたちの“死のフラグ”が一気に立ちまくって。増援というのは、突貫工事を終えたグラハムかと思ったら、アレハンドロが操る、強大な疑似太陽炉搭載モビルアーマー、アルヴァトーレが参戦。これまた“疑似”なのに、本家を凌ぐ、高出力かつ強力なシールド。突然の、圧倒的な敵の最終兵器の登場は、別の“平成ガンダム”でも見たような構図。あっちがトランザムなら、こっちは……という感じの、つくり手都合の“新たなる設定”カードを切りまくりに見えてしまいます。戦闘シーンは魅せるものの、ストーリーとしてはどうなのかと。本作ならではの切り口や作品の世界観を深めることには、あまり貢献していない設定に思えます。
 
刹那とラッセの攻撃は通じず、母艦プトレマイオスが墜ちて。ロックオンが逝き、医療スタッフのモレノにクリスティナにリヒテンダール(沙慈とキャラがダブって見えます)も命を落とし、アレルヤとティエリアも絶体絶命で。あの“お気楽”コーラサワーまでもが、実に呆気なく。個人的には、こういう、敵も味方もバッタバッタと散っていく展開は、あまり好きではありません。キャラを殺すことでしか描けないこともあるとは思いますが、安易に殺さずに描けないのかと。前線のモビルスーツと後方の指揮官同士の駆け引きが魅せる戦いなり、物量に物を言わせるジンクス対少数ゆえの疲弊するガンダムという図式はならまだしも、何の前振りも伏線らしき展開もないままに、圧倒的な力を誇るモビルアーマーが出てきて一気にやられていくような展開は、個人的には納得できません。もっと、なるほどと思えるストーリーの運びがほしいと。それなりの展開をもって命を落とすのならまだしも、圧倒的な兵器の登場でバッタバッタと命を落としていくのは、興ざめです(もっとも、本作におけるガンダム自体が、「ガンダムマイスターの資質」うんぬんをするわりには、パイロットの腕や“チーム・ガンダム”としての戦術を魅せる戦いよりも、兵器としての性能差に過ぎないような戦闘ばかりなわけですが)。
 
存在することに意義がある。刹那を主人公らしく描くなら、ラッセの言葉をきっかけに=誰かに言われてハッとするのではなく、ソレスタルビーイングのガンダムマイスターとしての行動のなかで、自ら気付く展開のほうがよかったようにも感じます。その思いが、今回の最終決戦におけるロックオンなり仲間の死に直面することで、彼らの思いを背負って、あらためてソレスタルビーイングのガンダムマイスターとしての自らの生き方を見つめ直すような……。キャラの死と、残され、その死を乗り越えて、目指す世界を切り開こうとする者たちの思いという形でのつながりに、不完全燃焼感を覚えます。今さら守秘義務なんてと、自らの生い立ちを語り合うクルーたち。いろいろあるから、ソレスタルビーイングに参加したと。そのいろいろを、もっと見せて、考えさせてほしかったと。ソレスタルビーイングの戦争根絶に向けた軌跡も、ガンダムマイスターたちの戦争根絶にかける強い思いのいずれも、きちんと消化&昇華できていないように思えてなりません。
 
次回が最終回。最終話「刹那」。まだ収束しきれないパーツが山積みままで、きちんと第1部をクローズすることができるのでしょうか? 25話を費やしての壮大なる予告編=実は、本当のストーリーは第2部からだった、なんていう展開にならないことを祈ります。
 
 
PS.
◆「でも、やるしかないのよね」。なんだか妙に懐かしいセリフです。
◆この事態に王留美は動かないのでしょうか? ネーナはいったいどこへ? 沙慈やグラハムたちは?
 
 
>> 「機動戦士ガンダム00」公式ホームページ