ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!
 
「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」第12話ダブルオーガンダムのツインドライヴシステムが真の能力を発揮し、圧倒的なスピードとパワーしますが、そのとき、なぜか周囲の人間の存在と意識が刹那と沙慈の心に飛び込んで来て…。沙慈の心にルイスの声が響き、ルイスの心に沙慈の声が響きます。プトレマイオスを守ろうと、必死の思いで刹那のもとに駆けつけた沙慈でしたが、ルイスの声が新たな苦悩となり…。
 
主人公は刹那から沙慈へ、ヒロインはマリナからルイスへとバトンタッチ。「悩める主人公・沙慈」な展開でした。刹那は、実は物語の語り部役だった? ソレスタルビーイングにおける刹那は、連邦におけるブシドーのようなワンマンアーミー化してきた気が(刹那の場合は最初からそうだった?)。もう、イオリアの理念なんてどうでもいいというか、ガンダムの力をもって、世界を歪ませている元を断っていくというか。戦いは自分が引き受けるからとの刹那のセリフがありましたが、ダブルオーライザーは2人搭乗する形になるので、以降は、刹那+沙慈のダブル主人公な展開となるのでしょうか? オーライザープトレマイオスから飛び出して、ルイスのもとに行こうとするものの、そこで我に返って、カタロンでのことを繰り返そうとしていると自分に気付くという展開に「○」です(ハロは沙慈に言われるまま、素直に協力していたのかな?)。
 
さらなる復讐の鬼展開のルイス。刹那は沙慈のお隣さんだった=沙慈もソレスタルビーイングのメンバーだった。すごい誤解。沙慈の姉がソレスタルビーイングの秘密を追っていて死んだことを知ってるのだから、そういう誤解は不自然だと思うのですが。そもそも、資産の力でアロウズに関わる前に、憎きソレスタルビーイングのことを調査させていないのでしょうか? アロウズに参加してモビルスーツ乗りになってソレスタルビーイングと戦おうとするよりも、多額の寄付とのバーターでソレスタルビーイングの構成員たちを調べ上げて、アリーのような人間を雇って消していくほうが、遥かに効果的で満足度の高いやり方ではないのかと。王留美とは違って、ルイスは、そういう立ち振る舞いができない“乙女”ということなのでしょうけれど(笑)。というか、一族を襲ったのはソレスタルビーイングのガンダムではなく、スローネのガンダムであるということは、ソレスタルビーイングについての調査が進んだ今では、すでに既知の事実ではないのでしょうか。ルイスの言動=憎しみ方はピントを外している感が強くて、感情移入がしにくいキャラなのは、何とももったいない気がします。刹那のような、元は市井の少年とは出も違うのですし。沙慈の写真をスパッと消去。想いに対して、男はいつまでもウジウジ、女は決めたらキッパリ。このあたりは、時代が進んでも変わらないのですね(笑)。
 
実のところは、まだまだわからない(見えない)ものの、マリナもマリーもKYな王留美も(周囲の自分への認識を、もう少し感じ取ってほしいものです)、使われ方がもったいない印象があります。作品世界をより深く、より魅力的なものにするうえでは、もっと使えるキャラだと思うのですが。
 
“世界を変える力”を持つというダブルオーライザー。機体全体が量子化すると? どのようなロジックになっているのでしょう? 物語の世界観にふさわしい形での、それなりの説明がほしいところです。録画を巻き戻してスローで見たくなるくらいに戦闘シーンは凄いのに、安易なご都合主義展開のように映ってしまい、アイテムとしての盛り上がり感に欠けてしまっています。次回の「メメントモリ攻略戦」も、戦術よりも力。ダブルオーライザーの力があれば、問題なさそうに見えてしまいます。
 
その次回の「メメントモリ攻略戦」。《衛星兵器を破壊すべく、ソレスタルビーイングが決死のミッションを開始する》《これぞ、ガンダムマイスターの神髄》。「神髄」とは物事の精神ともいうべきもの、または、その奥義。ナレーションを耳にしていると、何だか物凄い展開になりそうです。
 
 
----------
 
■第12話のあらすじ(番組ホームページより)
 
アロウズの強襲にあい、急ぎ脱出を図るプトレマイオス。だが、カティの戦略と新型のモビルスーツに苦戦を強いられるマイスターたち。そんななか、ダブルオーのツインドライヴが真の能力を発揮する。
 
 
>> 「機動戦士ガンダム00」公式ホームページ