ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!
 
「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」第19話隠れ家が保安局の急襲を受け、子供をかばってマリナが銃弾を受けて…な展開。すんでのところで、クラウスが相手を倒して(あの状況から、クラウスが追手よりも先に撃てるようには見えないのですが…)、シーリン、マリナ、子供たちは地下の防空壕を通って脱出ルートのランデブーポイントへ。シーリンは、いざというときのためにマリナに銃を渡すものの、マリナは、銃は取れないと拒否(渡しても、使い方を知っているのか、という疑問はありますが)。銃を取ったら、子供たちの瞳をまっすぐに見られなくなるからと。でも、この状況下で子供たちを守るためには、もはや手段を選んでいられません。主義主張を言ってられないのが目の前の現実。自らが汚れ役を買ってでも、子供たちは自分が守らないと…とは思えないものなのでしょうか(まるで「私=思う人」「側近=守る人」な王女様発想が抜けきらず?)。たとえ、たいしたことはできなかったとしても…。あの言い方では、マリナたちのために身体を張って戦っているクラウスに対して失礼というものではないかと。シーリンは「いい加減、現実を見なさい」とでも言って、マリナに平手打ちでも食らわすかと思いましたが、そうはせず。「もういい加減、目覚めなさい…。あなたに想像できる?」 阿久津真矢のごとく、突っ込みを入れたくマリナ姫です。このシチュエーションで銃を取らないなら、それはそれで、もっと「なるほど!」なセリフを期待していたのですが、それもなくて。子供たちの目を見られないというのは、子供たちを、そして、自国の人々を思いやってのことからではなく、自分の心を守ろうとしているだけのように聞こえます。
 
その頃、宇宙では、プトレマイオスはアロウズの急襲を受けていて(やはりアニューが呼び寄せたものでした)。でも、今回は、これまでは違って、みな大活躍のガンダムマイスターたち。アンドレイはどこだ? ただ、ピーリスの心にはセルゲイの仇討ちしかなくて…。アレルヤから分離して、アンドレイを探して単独行動。そんなマリーを心配するアレルヤは、「マリーと呼ぶな!」とピーリスに一蹴されてシュンという感じで(苦笑)ダブルオーライザーの光で脳量子波が増幅? ハレルヤの人格が復活して…ではなく、ハレルヤなアレルヤだったのでしょうか? そのあと、いつの間にか普段のハレルヤに戻っていたので、あの後、ハレルヤとして大暴れしたのか、ハレルヤとアレルヤの葛藤が生じたのか、そのあたりは一切不明です。
 
トランザムライザーで敵を倒しながら、ルイスを探す刹那。沙慈は、ルイスにずっと呼び掛け続けて…。ルイスを見つけて、ルイスの機体を抱えて飛び去るガンダム。沙慈とルイスの対話が始まって(今回は、裸ではないのですね。何がイメージを決めているのでしょう?)。昔のルイスは、そんな子ではなかったと口にする沙慈に、何かによって変わったのではなく、自らの意志で変わったのだと言うルイス(個人的には、沙慈やアンドレイが口にする「女の子」という言い方が、すごく引っ掛かります。もう「子」という年齢ではないですし。「女性」じゃダメなのでしょうか?)。仇討ちの連鎖では、何も変わらないと、優しくルイスを包み込む沙慈。しかし、沙慈の言葉を聞き入れようとすると、ルイスの心には大きな傷みが(再生手術の副作用?)。しかし、トランザムの限界時間が来て、ルイスとの対話はそこまで(今回の活動限界時間は、やけに長かった気が…)。沙慈は、ルイスを取り戻すために、自分の戦いを始めると刹那に宣言。ファーストシーズン以来、戦いを否定していた沙慈ですが、“目的限定”で戦うことに。一方、帰還したルイスは、沙慈の言葉に心を悩ませていて。それを見た“勘違い男”アンドレイは、自分が君の願いを叶えてあげようと不敵な笑い。何企んでいるのでしょう。奇怪な幻術で、准尉を惑わして…。その言動、ブシドーに似てきた気が…。
 
戦場をひとり高みの見物モードのブシドー。トランザムライザーを目にして、ぬくい戦い、とんだ茶番と、えらくご立腹。真っ向勝負を求めるブシドーは、刹那に、私の好敵手であることを拒むのかと言い放ち、ならば、私にも考えがあると。この御仁は、何を考えてるのやら…。アンドレイとともに、“勘違いコンビ”の誕生?
 
ティエリアは、リヴァイブを捕虜にしてプトレマイオスへ。拘束もなしに艦内に入れて大丈夫? リボンズは、ダブルオーの奪還を狙っているというのに。リヴァイブの顔は、アニューにそっくり。そのアニューは、リボンズの意のままに行動して…。だって私は、イノベイターなんだからと、ラッセに銃を向けて。銃声がしましたが、ラッセは無事だったのでしょうか。
 
リボンズ曰く、刹那の細胞異常は致死レベルだそうですが、アリーが撃った弾丸に疑似GN粒子でも仕込んであったのでしょうか?(そういえば、アリーはどうしている? アリーとブシドーと刹那の三つ巴のバトルがあってもいい展開ですが) これまで見てきたシーンからでは、そこまでの危機的状況に陥っているようには見えないのですが。リボンズ曰く、ツインドライヴによって刹那が変革を始めたのではないかと。それって、放射能を浴びて突然変異を起こす、昔のSFのように聞こえますが(笑)。
 
リボンズは、リジェネが王留美にヴェーダの座標を持たせたこともお見通しで…。リボンズと他のイノベイターは、何かが大きく違うようで…。プトレマイオスを待つ留美の乗る艦は、コントロールが一切不能に…。“邪悪モード”のネーナの仕業でした(これは、ネーナ自信の個人的な思い? それとも、リボンズが仕組んだこと?)。ネーナに助けを命じる留美のキャラが、あまりに痛々しくて(この状況にあっても「世界の変革」を口にする留美は、何様のつもりなのか)。ネーナの攻撃で墜ちつつある艦。絶体絶命の留美と紅龍。続きは次回(兄妹の過去には触れられず、いささか肩すかし)。
 
次回は「アニュー・リターン」。《イノベイターとして目覚めたアニューが、ダブルオー強奪を画策する》《戻るべきは故郷か、愛すべき男のもとか…》。リボンズのコントロールに陥ったままなのか、アニューの意志が勝るのか。そして、留美と紅龍の運命は? 残りの話数も少なくなってきましたが、この勢いを保ったまま、うまくまとまるのでしょうか? 本当のエンディングは劇場で…、なんていう展開にはならないでしょうけれど。
 
 
----------
 
■第19話のあらすじ(番組ホームページより)
 
混乱する戦況のなか、ルイスの機体を探し求める沙慈。ピーリスもまた、セルゲイの仇を討とうと、アンドレイの乗るモビルスーツを探す。
 
ヒリングとの交戦時に、刹那がツインドライヴの力を解放させると、ダブルオーライザーから放たれた粒子が戦闘宙域一帯に広がる。
 
 
>> 「機動戦士ガンダム00」公式ホームページ