ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!
 
「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」第20話イノベイターたちの行為は、何のためなのか。捕虜となったリヴァイブに、スメラギたちが問い掛けて。それは来るべき対話のため。話が見えないとティエリア。それが人間の限界とせせら笑うリヴァイブ。捕まったのは、目的があったからだと。アニューと連携してのダブルオーの奪還。アニューはミレイナを人質に。そこにピーリスが駆けつけて。脳量子波を使えるのはイノベイターだけではないと。刹那とライルも加わり、ミレイナは取り返すものの(刹那とライルの阿吽の連携。でも、生真面目な(?)刹那は、ライルを本当に撃って…)、リヴァイブはオーライザーを奪って逃げて。オーライザーのOSに戸惑うリヴァイブ。イノベイターから見ると、出来が悪くて勝手が違い過ぎると…。その表情、個人的には、今回の一番の見どころでした(笑)。イノベイター側の操縦システムは、どうなっているのでしょう? 思考するだけで制御ができるとか…?
 
アニュー死す。撃ったのは刹那。ライルに対する言葉通りに。刹那曰く、ライルにはアニューは撃てないと。ライルにはアニューと戦う理由がない。戦えない理由のほうが強いと。ライルは、アニューはこちら側に戻って来ようとしていたと刹那を責めますが、刹那が撃っていなければライルが撃たれていたように見えました。ライルも、それはわかっているものの、その思いを刹那にぶつけてしまい…。刹那も、何も言わずにライルにされまがまま。年下なのに頼れる存在。セカンドシーズンに入ってからの刹那は、すっかり主役らしくなって。汚れ役もばっちりこなすというか、ファーストシーズンのロックオン兄のような存在感。そんな、刹那とライルの姿を見守る沙慈。自分とルイスの場合はどうなのかと(なのに、続く展開が、どうしてマリナの歌なのでしょう? しかも、今度は、トランザムライザーなしに、歌が聴こえて…)。
 
ルイスは、リボンズの支配下。細胞異常を抑制する新しい薬を処方すると。ルイスは人類初のイノベイターになる存在であると、言葉巧みに操って。でも、それはまやかし。リボンズの真意は、どこにあるのでしょう? イノベイターは、人類の上位種であり、支配種であると。イオリアの計画を遂行しようという意識があるようには思えませんが、ならば、来るべき対話とは、何を意味するのか? 他のイノベイターを操ることができるようですが、操られている側には、その意識はないようで。リボンズに操られたアニューは、忠実に計画を遂行する一方で、自我と記憶を失っているわけではないようで、ライルとライルとの思い出は、忘れていなくて。
 
ライルのことは愛していると。リヴァイブは、女なんかにつくるから情に流されると。人工的につくられた存在らしいイノベイターですが、人間の生と性のシステムからは無縁ではいられないようで。しかし、ライルもアニューとは戦えなくて。今、一番にやるべきことはわかってるのに。アニューを撃てなかったライル。俺の覚悟はこんなものなのか。何のためにカタロンに入り、ソレスタルビーイングにいるのかと自分を責めて。
 
リヴァイブが奪ったオーライザーを、どうやって取り戻すのかと思ったら、ダブルオーと合体して、コントロールを奪って。奪還に失敗したリヴァイブは、オーライザーのコクピットを破壊して脱出。プトレマイオスの艦内システムとオーライザーにダメージを受けたソレスタルビーイングに、イノベイター+ルイスが襲いかかって。ヒリングが言っていた、イノベイターだけの作戦でしたが、アロウズを使わなかったのは、連邦には内緒でダブルオーを奪いたかったから?
 
撃てずに取り逃がしたアニューと、再び向かい合うライル。ヒリング曰く、愛した女はイノベイターで自らの敵。まさに命懸けの恋。撃たなければ撃たれるが、撃てないと。どうする? ライル。半分よかった、でも残りの半分はダメダメ展開。困ったときのトランザムで、アニュー機を追い詰め、「もう一度俺の女にする」「嫌とは言わせない」「欲しいものはいただく」と大見得を切ったはいいものの、ティエリア、アレルヤ、ピーリスのラインが突破された一大事に、アニュー機のコクピットをこじ開けてとは、いったい何をしているんだ? な展開。そんな時間はないのに。
 
トランザムでコクピットだけを残して機体を切り刻んで捕獲するぐらいの荒っぽいやり方でもするのかと思いました。で、今のこの危機を脱してから、プトレマイオス内でコクピットをこじ開けての再会。で、どうしてもアニューが死ぬ展開が必要なら、ここでリボンズの“操りモード”となって、アニューの自我とリボンズのコントロールのせめぎ合いがあって、結局、リボンズの掌握が勝ってライルを撃とうとして、撃てないライルに代わって刹那が撃つか、ライルを撃てないものの、といってリボンズにも逆らえず、自らを撃つことを選ぶなど、モビルスーツの戦いとして描くよりも、生身対生身の戦闘のなかで描かれてもよかったのではないか、そんな印象を抱きました。
 
というか、そもそも、ライルとアニューの描き方って、これでよかったの? と思うのですが…。演じる三木眞一郎さんが見事なので、うまく見せられてしまった感じです。
 
次回は「革新の扉」。《人生を変えられた者、肉親を失った者。連鎖する憎しみは、命を奪うことでしか贖えないのか》《刹那、その向こう側へ》。「その向こう側」とは何でしょう? 残り5話。きっちり収束するのでしょうか? まさか「結末は劇場で…」というエンディングには、ならないですよね。
 
 
----------
 
■第20話のあらすじ(番組ホームページより)
 
プトレマイオスに軟禁されるも、余裕の笑みを浮かべ、スメラギらの問い掛けにも見下すようにはぐらかす返答を重ねるリヴァイヴ。そのとき、フェルトから、ミレイナが連れ去られたという通信が入る。
 
 
>> 「機動戦士ガンダム00」公式ホームページ