ブログネタ
ガンダム00(ダブルオー) に参加中!
 
「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」第23話今回を含めて残り3話。物語の終結に向けて、これまでに描かれた作品世界の断片を、パズルのピースのごとく、しかるべき位置にはめ込まれ、物語が再構築され、そこから何が見えてくるのか…。しかし、待っていたそれは、紡がれた物語のスリリングさではなく、最終決戦という名の、バトルアクションのスリリングさでした。はやり、こういう形でしか物語をまとめることはできないものなのでしょうか。
 
リジェネは、リボンズのそれとは異なるらしい「僕のもの」という計画がどのようなものなのかが語られることなく、リボンズの“しもべ”と化したアリーに撃たれて死亡。リボンズ曰く、リジェネに撃たれた肉体は、ただの器でしかないと。その意識は、ヴェーダと直接つながっていると。
 
さらにリボンズは、イオリアの計画には、外宇宙への航行が可能なコロニー型外宇宙航行母艦ソレスタルビーイング(紛らわしいネーミング!)もあると。それは、人類を滅亡から救う“方舟”だと。スメラギは、ヴェーダの奪還、または破壊を目指して、最後のミッションを宣言。クラウス率いるカタロンとマネキン率いる正規軍が援護に入って…。
 
対するリボンズは、GNドライヴを弾薬のように装填エネルギー源にした巨大ビーム兵器(メメントモリをも凌ぐパワー?)に、特攻兵器「ガガ部隊(テレビゲームの「ギャラガ」を思い出しました)」、オートマトンと、これでもかこれでもかと圧倒的な物量を投入。その前に、サブタイトルそのままに、次々に散っていく命の数々。
 
コーラサワーは、特攻兵器からマネキン艦を守って戦死? マネキンの悲痛な声がブリッジに響きます。コーラサワーのこと、ひょっこり生きて戻る気がしますが…。アレルヤとピーリスは、プトレマイオスの守りに入るものの、特攻兵器により、マリー危機一髪。愛する人の非常事態、ハレルヤが現われる? オーガンダムに乗り込むラッセは、まるで死亡フラグのよう。スメラギは、オートマトンとともに艦に乗り込んできたビリーと対面。ビリーは、スメラギを撃つことに迷いはなさそう。ライルは、敵艦内に進入するも、待ち構えていたアリーと激闘。足まで落されて、ライル危うしな展開。ヒリングとリヴァイヴの攻撃に苦戦するティエリアは、艦に叩きつけられたかと思ったら、内部に進入していて…。ヴェーダの奪還を賭けて、リボンズと直接対決に。
 
刹那と沙慈は、ルイスとアンドレイと戦闘。ソレスタルビーイングこそが世界を乱した悪だとルイス。お前たちの存在さえなければ、と。対する沙慈は、戦いで勝ち取る未来は、本当の未来ではないと。必要なのは、互いにわかりあうことだと。しかし、その声は届かず。
 
やっぱり、本作はどこかねじれている気がします。スメラギ曰く、「私たちが世界を変えたことへの償いを」と、イノベイター(リボンズ)の支配から世界を開放するのが最後の戦いであるかのようなセリフ。ソレスタルビーイングは、イオリアの計画を遂行するために戦い始め、対するリボンズも、イオリアの計画とは言いながら、とこまでがオリジナルで、どこからがリボンズ自身によるものなのかはわからず。どちらも、同じ“イオリアの穴のムジナ”なのに、刹那が変革することで(それがどういうものなのかの説明は、今もありませんが)、ますます“正義の味方な”ソレスタルビーイング展開に。
 
ただ、参加者すべてが“対話”のテーブルにつくことに合意しないことには、戦いで勝ち取るしか生き延びる道はないという現実もあって。事実、現在は、戦いをもって戦いをなくそうとしてきたソレスタルビーイングと、人類を統一政府という名の自身のコントロール下に置いたリボンズの覇権争いの構図となっていて…。その戦いの勝者が敗者に向けて、対話をといっても、それは違うわけで。そんなねじれの構図を、残り2話で、どうアジャストしていくのでしょう。
 
次回は「BEYOND」。《激闘が続き、命が消えかけていくなか、トランザムライザーの閃光が、新たな世界の産声を放つ》《刹那、革新者となる》。トランザムライザーの閃光は、イオリアから引き継がれた“印籠”となって、物語の収束を図ることになるのか。残り2話を見守ることになります。
 
これまでは、アリーはどこに? でしたが、今度は、グラハムはどこに? です。ビリーをアロウズの側から引き戻せるのは、グラハムしかいないと思うのですが…。
 
 
----------
 
■第23話のあらすじ(番組ホームページより)
 
リボンズに造反の意思を示したリジェネ。一方、カタロン、連邦軍をも巻き込んだ、アロウズとソレスタルビーイングの戦いは熾烈を極めていた。そこに突如、巨大な光の帯が戦場を包み込む。
 
 
>> 「機動戦士ガンダム00」公式ホームページ