ブログネタ
韓国ドラマ に参加中!
 
IRIS(アイリス)チン・サウがペク・サンに訴えます。アイリスが何で、何のために、何をしようとしているのか、疑問ばかりで全貌が見えないと。それは、こちらも同じです(苦笑)。それが一向に見えて来ないので、ペク・サンにしても、己の人生を賭けて、何のために、そこまでやるのかが、まったく意味不明。気にせず見ていればいいのかもしれませんが、前話までに本人の口からあれこれ説明されてもピンと来ないチン・サウがメンバーになっていると、それを意識せずにはいられません。見えるものだけを見ていればいい。疑念は命を落とすことになる。これは忠告ではなく警告。スンヒに思いを寄せることは、何より危険なことだ。ペク・サンの言い分は、あまりに一方的。そこまで言われても、チン・サウは、アイリスに加担する気になれるものなのか。
 
アイリスリストを調べていたキム・ソンファは、チェ・スンヒの名前を見つけて…。衝撃的な情報らしいので、チェ・スンヒは、ペク・サンの実の娘だった…、実はチェ・スンヒもアイリスだった…といった内容を想像したら、命を狙われている可能性があると。それは本当なのか、キム・ヒョンジュンを気遣って、キム・ソンファが話をつくっているのか?
 
アイリスに殺された大統領室秘書室長のチョン・ヒョンジュン。NSS科学捜査室室長のオ・ヒョンギュともに、好きなキャラだったのですが…。