ブログネタ
クラシック に参加中!
 
「情熱大陸」三ツ橋敬子今宵は、2006年にプロデビューし、2008年にアントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールにて女性として、日本人として初めての、最年少での優勝を果たして以来、国内外から注目を集めている指揮者の三ツ橋敬子さん(30歳)が登場。
 
小柄なのに大きく見える、ダイナミックな身のこなし。音楽と一体になったような指揮台での表情。本番での堂々たる存在感と、リハーサルでの気配りコミュニケーション。ちょっぴり天然系な素顔と、気持ちのよい食べっぷり、などなど…。何気ない一挙一動が魅せる、テレビ映りのいい人だなぁというのが、番組を通して見ての印象。
 
薬師丸ひろ子(映画「Wの悲劇」より)女優でいうと、薬師丸ひろ子さんを思わせます。番組ホームページの写真も、映画「Wの悲劇」の頃のひろ子さんに似ている気が…。だからどうした、というものではありませんが(笑)。
 
新聞テレビ欄のサブタイトル「小沢弟子 若き美人指揮者が振る魂の転生曲」は、内容にマッチしていませんね。妙に煽ったようなものにするよりも、きちんと名前を入れたほうがいいと思うのですが。