丹後の野山を歩こう会

全日本年金者組合丹後支部

今年も「ネコノメソウ」が出てきました
DSC_0061
2015.3.29付けで「ボタンネコノメソウ」として登録していますが、「サンインネコノメソウ」と思えるという御意見が寄せられ、検討の結果「サンインネコノメソウ」として登録することにしました
DSC_0062
「ボタンネコノメソウ」「ホクリクネコノメソウ」「サンインネコノメソウ」みんなよく似ています
DSC_0063
2015.3.29付けの記事を修正しましたのでご覧ください 似た者が沢山あるものは難しい
DSC_0064
 「ダンコウバイ」が満開です
DSC_0131
めったにないですがたまに山中で見かけます
DSC_0130

DSC_0129

 

今日は「永平寺」に行ったつもりで、福井県大野市矢の「矢ばなの里」へ行ってみましょう
人気の山野草「カタクリ」が矢(集落の名前)地区の里山に100万本咲き誇っています 
開花情報はインターネットで中継されています 今年は3月27日が開園日のようですがまだ早いと思います まずは過去の写真をご覧ください
DSC_0178
それでは注意事項を申し上げます
DSC_0179
あまり朝の時間が早かったり、天候が悪いと花が開きが悪いです
DSC_0180
この写真もちょっと時間が早かったと思います 
DSC_0181
ともかく「矢ばなの里」のホームページでよく研究してから出かけましょう 
DSC_0182
採掘して持って帰るなど丹後人の恥になるようなことはやめましょう
DSC_0183
里山といっても山の中です 履物はしっかりした履物で出かけましょう 
DSC_0184
土日は人が多いので外した方がいいでしょう
DSC_0185
週間天気を見ながら、開花情報を見ながら2~3日 前に設定するのがいいと思います
DSC_0189
交通事情がよくなりそんなに無理なく行ける地域になりました
DSC_0190

DSC_0191

DSC_0680

DSC_0681

DSC_0684


DSC_0192
大野城も近くです
DSC_0195
城内の見学よりこの高台に登ると雪を抱いた日本百名山「荒島岳」を目の前に望むことが出来ます
DSC_0685

DSC_0686
このへんは「カタクリ」が非常に多く大野城の散策道にも咲いています
DSC_0194
盛りだくさんにするためには帰途、 隣の池田町にある日本の滝100選の「龍双ヶ滝」に立ち寄ろう
DSC_0012

DSC_0016
写真ではうまく説明できないがいい滝である
DSC_0017

DSC_0018

DSC_0019

DSC_0014

DSC_0015
滝の反対斜面の展望台に登れば滝の展望もだが、丹後では見られない「イワウチワ」に出合えると思う 時期が一緒なのだ
DSC_0689

DSC_0691

DSC_0692
交通安全で気を付けてお出かけください 

宿題の残った「鎌倉山」へ再度挑戦しました
この「大天井」は前回近道を行ったので登りませんでした
P1240527
なかなかきついな 
P1240529
頂上だ この周回コースで最高点で正式には「鉢尾峰」という名前らしい  コース上「鎌倉山山頂」は452.4m、小天井が460.2m、そしてこの「鉢尾峰(大天井)」は460.5mと一番高いです
P1240532
丹波路が一望できるこの地は戦略上の要衝で中世には山城があったと伝えられています
やはり「鎌倉山」に登ったら、ここも抑えるべきでしょう
おっ、ピンクがかった 「アセビ」だ
P1240533
展望は前回よりちょっとましだったかな
市街地方面
DSC_0001
エメラルドグリーンの溜池
DSC_0009
中央奥に「明神山」、手前「七種山」と「七種槍」、右へいって「雪彦山」
DSC_0002
多可町の「妙見山」みたいだ
DSC_0005
「笠形山」
DSC_0010
中央左「千ヶ峰」、右「三国岳」
DSC_0011
そして肝心の「鎌倉山」の姿
DSC_0012
 「鎌倉山」は3月15日記事でNO28で登録していますから今日の分を28-2、前回分を28-1とします

「キンキマメザクラ」が咲いています
DSC_0134
葉っぱより花が先に出てきます 京都府のホームページには京都府のものはほとんど「キンキマメザクラ」と書かれています
DSC_0132
 

このページのトップヘ