丹後の野山を歩こう会

全日本年金者組合丹後支部

「三尾山」に登ってみよう 春日町の平野部からよく見え、その独特の風貌を持った丹波の名峰である
DSC_0093
ところどころ岩が露出する岩峰である
DSC_0242
コースは色々とあるのだが「佐仲峠」から登ってみよう 「佐仲峠」は昔の重要な峠である 篠山市がわの看板を見ると
DSC_0212
 地図を見てみよう
img20170222_18515364
県道の東中バス停からまっすぐ舞鶴道をくぐり登山口駐車場までゆく ここから歩こうと思ったのだがりっぱな新品の舗装道路が上に伸びているので走ってみた 「佐仲峠」直前まで舗装されていた ただし駐車場はない となりの篠山市 の方もかなり上まで舗装されて車が入るみたいだが去年行ってみたら通行止めになっていた すぐ峠である ここも重要な四差路である
DSC_0217
 これは道路標識かな 今も県が管理する県道なのかな
DSC_0220
こんな雰囲気だ
DSC_0223
この峠道は「近畿自然歩道」にも指定されている
DSC_0222
色々と看板が建つ 黒頭峰もまた挑戦したい
DSC_0218
おきまりの峠の地蔵さんだ
DSC_0221
さあ「三尾山」へ登ろう
DSC_0219
最初は歩きやすい道だ
DSC_0224
この路線も近畿自然歩道みたいだ この看板が兵庫県の自然歩道看板だ
DSC_0225
三叉路だ 行先を間違わないように 「鏡峠」は昨日の「鋸山」の方だ
DSC_0226
距離は短いが第一ピークを超えないといけないし急登ではある
DSC_0227
着いた こんなところに「三尾城」があったんだ 大変だ
DSC_0228

DSC_0097
誰かさんが付けた「登山名刺」
DSC_0230
記念撮影
DSC_0231
さあ次は「前三尾」に向かおう こんないい雰囲気の場所もある
DSC_0234
250m進むと「中三尾」への分岐だ 展望がないという話なので行かない
DSC_0232
さらに100m進むと「中山コース」との分岐にこの看板 中山コースは以前登ったがデータがない
DSC_0233
「前三尾」の展望地に着いた 絶壁だ真下に「舞鶴道」が見える
DSC_0096
箱庭のようだ
DSC_0239
隣の「鋸山」だ
DSC_0238
まだ食べられない
DSC_0237
おっ、「クララ」だ
DSC_0240
これは何ツツジなのかなあ
DSC_0099






 

丹波市春日町の平野部から名峰「三尾山」の左手に「鋸山」が見える 文字どおり「鋸」の刃ような山容である 写真で見ると右が「三尾山」奥が「鋸山」だ
DSC_0243
別の角度から アップダウンがありそうな格好をしている
DSC_0238
ひょうご100山にも選定されているし登ってみることにした 地図を見てみよう
img20170222_19021353
登山口はいろいろとあるが春日町の中山登山口を選択した 正覚寺の前を
DSC_0209
 奥へ入ってゆく
DSC_0210
 「鏡峠」入口看板で駐車場もある
DSC_0181
工場の横を地図通り「中山新池」をめざす
DSC_0208
「中山新池」だ それにしても兵庫県は大きな川が何本もあるのに溜池が多い
DSC_0183
そして、おきまりの「獣ゲート」だ
DSC_0207
分岐だ 田舎の山は看板のない分岐が多い 想像で右へ行く
DSC_0206
何やら小屋が建っている どうも窓からして神さんみたいだ
DSC_0184
水場もある
DSC_0205
おおきな砂防ダムだ
DSC_0185
第二駐車場だ ここまで車が入る
DSC_0204
大きなポイントの「鏡峠」に着いた
DSC_0189
こんな場所だ
DSC_0187
反対側は
DSC_0188
ここは四差路なのである 右の「中山」からきて手前方向の「鋸山」に行くのだ 佐仲峠は「三尾山」の登山口の一つだ
DSC_0186
さあアップダウン頑張ろう 時折こんな景色も見える
DSC_0203
これは何だったかな
DSC_0202
これは何だろう
DSC_0201
尾根にはこういう看板が 日本海と太平洋の分水界だ 同時に矢印も兼ねている
DSC_0190

DSC_0191
佐仲ダムへ下りられるみたいだ
DSC_0192
こんな雰囲気の所もある
DSC_0193
地図にある大岩がこれだ
DSC_0195
着いた三角点だ 奥谷の意味が分からない
DSC_0197
605.9m三等三角点だ
DSC_0198

DSC_0199
向こうは何山だろう
DSC_0200
一人で歩いているからか、えらい割に展望はもう一つだった まわりの山が何山かわからないせいかもしれない




 

今日は兵庫100山に入っている三田市の「有馬富士」に登ろう 地図を見てみよう
img20170221_20104607
JR新三田駅前の国道176号信号から1kmくらいのところにある「福島大池」を中心とした森林公園一帯の中心の山として、その富士山型の容姿を見せている パークセンターが登山基地となり、駐車場、トイレが完備され、登山コースを含めた案内パンフも置いてある これがパークセンターです
DSC_0776
周辺の地図を見ると、上下に走る道路の中央右が無料駐車場で池の右端が登山口になります
DSC_0772
この駐車場は入るのも出るのも一方通行になっています 左が新三田駅です
DSC_0775
公園を通り池に向かって下りてゆくと目指す「有馬富士」見えてきます
DSC_0778
池のふちに下りてきました 一つの絵になるポイントです
DSC_0780
池の左岸を登山口に向かいます カモが泳いでいます
DSC_0781
登山口に着きました
DSC_0783
山頂近くまでこんな広い道です
DSC_0784
ログハウスです 特に何もありません
DSC_0786
分岐に来ました 左へ行きます
DSC_0790
右へ行くと芝生広場みたいです
DSC_0789
「千丈寺湖」への分岐です パークセンターが二つありますが手前のパークセンターの方から登ってきたのです 右の道を歩いても別ルートでパークセンターに行けるようです たまたま年一回の電気点検のため、公園事務所が午前中休みとなり資料がもらえませんでした
DSC_0809
ここまでは軽トラが来れますが公園管理の人しか入れないと思います このちょっと下がったところにこの看板
DSC_0807
いよいよここから登山のようです
DSC_0808

DSC_0793
ここで階段が終わり、次は岩場です
DSC_0794
今日朝の雪があります 滑らないよう気を付けて
IMG_20170221_110007

IMG_20170221_110059
さあ山頂が近いぞ
IMG_20170221_110400
着いた
DSC_0796
ちょっと変わった三角点だ 国地院と書いてある
DSC_0797
南側展望台の左から右へ
DSC_0799

DSC_0800

DSC_0801
正面は「六甲山」の山並みだ
DSC_0802
右の池が「福島大池」だ
DSC_0803
記念撮影
DSC_0805
最初の地図の軌跡のように、違う道を下山することにした 右の道だ 左の道はここからも頂上へ上がれるみたいだ
DSC_0810
パークセンターを目指したらよい
DSC_0811

DSC_0812
この道を指している
DSC_0813
こんな道の方がいい
DSC_0814
出口の看板は「野鳥の小径」だった
DSC_0815
右へ行くと、「緑の環境クラブ」にでて
DSC_0816
朝の登山道に合流した 芝生広場は左へ行ったらよかったみたいだ
DSC_0817
そして池のほとりの登山口に帰ってきた
DSC_0818
こんどは池を左回りしよう 茅葺屋根の民家(展示物)だ お茶もいただける
DSC_0823
うらに「炭焼き小屋」があった 公園で使う熱源はここで焼いた炭だそうだ
DSC_0821
「シデコブシ」とかいてある
DSC_0825
来月には花が咲きそうだ
DSC_0824
かもが羽根を休めている 外敵が居なく安心しているみたいだ
DSC_0827
階段下の元の場所に返ってきた いい場所だ
DSC_0834
池の向こうの「有馬富士」をもう一回パチリ
DSC_0832





 

このページのトップヘ