丹後の野山を歩こう会

全日本年金者組合丹後支部

今年は気候のせいかどうかわかりませんがどの花も当り年のようです。
「シャクナゲ」も当り年との情報で20日(金)兵庫県香美町の三川山(888m)
へ登って来ました。本当でした。小さな花(多数)は拡大して見て下さい。
登りの「シャクナゲコース」です。
P1060767

P1060770

P1060756

P1060760

P1060758

P1060765

P1060757
途中で「ブナ」の新緑も見なければなりません。
P1060764

シャクナゲとブナ

P1060762

P1060773
頂上近くは残雪がありました。
頂上付近
「タムシバ」もこんなです。
P1060782
下りは「奥ノ院コース」です。
P1060784

P1060786

P1060791

P1060792
何十回立ち止まったことか。
P1060793
「イワカガミ」にも癒やされます。
P1060800
そろそろ終りです。
P1060783

P1060768

P1060799
実際はこんなものではありません。地元の80代の男性がこう言っていたそうです。
「毎年見ているがこんなのはこの歳になって2回目だ」と。
カメラ技術がへたで感動を伝えられないのが非常に残念です。

「ハルトラノオ」です

DSC_0716
菅谷さんに教えていただき観察しました 下の画像は菅谷さん提供です

ハルトラノオ2
漢字は「春虎の尾」です

DSC_0712
これが葉っぱです

DSC_0717
タデ科の多年草で日本の固有種です

DSC_0704
別名「イロハソウ」とも呼ばれます 春早く咲くのでイロハ47文字の最初のイロハにたとえたからだそうです

DSC_0713
「虎の尾」を名乗るには、ちょっと短いようです

DSC_0711

「ハンショウヅル」のツボミが出来ました

DSC_0694


DSC_0695

「ヒトリシズカ」も元気です

DSC_0684


DSC_0685

「丹後 野山の花 700選」が発行されました
これは非売品ですし、「丹後の野山を歩こう会」に申し込んでいただいても受付できませんので悪しからず

1-img20180420_15041930

山仲間が遠出した16日(月)今年初めて高天山へ登ってきました。 (網野町S)
快晴のなかスタート。いろんな山野草を愛でることができました。
P1060666
さっそく「ウスギョウラク」のオンパレード。
P1060669

P1060670
「アオキ」
P1060668
「ミツバツツジ」
P1060672
「ミヤマガマズミ」?
P1060676
おなじみの「イワカガミ」
P1060683

P1060687
大木にこんな花が。名前がわかりません。
P1060684

P1060685
「イカリソウ」
P1060689
「ナツトウダイ」
P1060690
もう「ウワミズザクラ」が咲いていました。
P1060693

P1060691
「マムシグサ」
P1060695
「カンスゲ」
P1060696
「ウリハダカエデ」
P1060709

P1060710
私もそろそろと「ギンリョウソウ」
P1060713
「タカノツメ」
P1060715
「サルトリイバラ」
P1060735
「キブシ」
P1060730
「アケビ」
P1060734
途中にはこんな場所も。「大岩」
P1060700
「溶岩石」
P1060707

P1060708
頂上直下には山桜も残っていました。
P1060716
頂上からの視界は少しぼんやりでした。
P1060717
「依遅ヶ尾山」も遠く。
P1060704
(おまけ) 浅茂川方面に下山したら「ヤマシャクヤク」の蕾が。
P1060726

このページのトップヘ