丹後の野山を歩こう会

全日本年金者組合丹後支部

今年初めての企画だが、勤務や孫の子守の関係で日曜日しか参加できないので何とか日曜登山を企画してほしいという要望もあり今年の5月から実施したが5・6・9月は雨で中止7・8月は暑いので中止と10月になって初めての実施となった 去る10月14日の日曜日伊根町の「蝙蝠岳」へ向かった 当日は秋の行事が色々とあり「熊野古道」へ行く人、「依遅ヶ尾山」登山会等もあり また定着してないこともあり、5人の参加だった
山の姿は 縦貫林道から中央奥
DSC_0099
縦貫林道から
DSCN2029
縦貫林道から
DSCN2027
「波見」方面から
DSCN1154
泊漁港左手から
DSCN1153
さあ地図を見てみよう

img20170117_18354991
地図の登山道入口から分譲住宅の中を通ってため池横まで車で上がった 町道と記入したがこの道は私道らしい ため池横はこんな感じだ

DSCN1144
近寄ってみると

DSCN1146
左へ林道がある 看板は登山口を示している 「蝙蝠岳」と「蝙蝠山」と二通り書いてあるが「蝙蝠岳」を採用させてもらおう

DSCN1145
ちょうど公民館の関係者の方々が一週間後の登山会のため道狩りをしておられ快適な登山道になっていた

DSCN6911
ここはまだこれからだ 有難うございました ちょうどタイミングが良かった

DSCN6898
この山は頂上まであと300mというところまで林道で、なだらかに標高差300mを登ればいいような山だ  林道と登山道の分岐に来ると ここを右
DSCN1148
もうちょっと接近すると
DSCN1147
頂上手前右手のコブを目指すとうっそうとした中に三角点がある 二等三角点だ なかなか見つけにくい場所にある
DSCN6916
元に引返しすぐ頂上だ 頂上は岩場になっている
DSCN6921

DSCN6918

DSCN6919
展望は良好である 「太鼓山」残雪の時期の写真だ
DSC_0031
大島、小島
DSC_0070
奥に「青葉山」
DSC_0071
右から「槙山」「舞鶴湾入り口」「多祢寺山」「空山」
DSC_0072
「伊根湾」と向こう左から「由良ヶ岳」「赤岩山」「杉山連峰」
DSC_0073
右手前「千石山」中央「大江山連峰」その右に「赤石ヶ岳」「江笠山」と見えるのだが
DSC_0075
左から「鼓ヶ岳」「高山」「汐霧山」「角突山」
DSC_0076
今回、出合ったものは 「アキギリ」
DSCN6897
「サルトリイバラ」
DSCN6900
「ノイバラ」
DSCN6901
「タニウツギ」
DSCN6903
「ゴンズイ」
DSCN6905
「アキチョウジ」
DSCN6908
「リンドウ」
DSCN6910
「ムベ」この山は「ムベ」が沢山ある まだ食べるには青い
DSCN6913
「ナツエビネ」
DSCN6915
「シロダモ」
DSCN6924
「ミヤマガマズミ」
DSCN6925
季節を変えれば、こんなのも出てくる 「ハンショウヅル」
DSC_0117
「シライトソウ」
DSCN1326
「ササユリ」
DSCN1355
「イカリソウ」この山の「イカリソウ」はほとんど白だ
DSCN2276
「イワカガミ」
DSCN2278
初めての日曜登山は朝のうちは天候も心配だったがだんだんいい天気になってきた 定着するまで人数が少なくても頑張ろう








日帰り「日本の滝百選」5滝めぐりも丹後の「金引の滝」で終わりだ 宮津・天の橋立インターを降りて宮津市街方面に向かうとこの看板  これは宮津市街方面から撮っている
DSCN2702
1㎞だから道は細いがすぐだ 駐車場には近畿自然歩道の案内看板
DSC_0027

DSC_0028
滝への道の正面階段だ
DSCN6867
右に近畿自然歩道の看板 「地蔵峠」への道は現在通行止めになっている
DSCN6866
左に滝の説明 宮津市の方によれば一行目の「白滝(はくりゅう)」とあるのは、「白竜(はくりゅう)」の間違いではないかという どちらにしても三滝の総称を「金引の滝」と呼ぶらしい
DSCN6865
左手に石碑
DSCN6864
トイレもあるのでここで済ませておこう
DSCN6863
すぐ渓流が始まる
DSCN6861
一つ目の「臥龍の滝」が見えてくる
DSCN6871
右手の正面の方へまわると
DSCN6868

DSCN6869
動画では

その上も一連のものらしい
DSCN6872

DSCN6874
動画では

その上はこんな感じ
DSCN6875
すぐに次の「白竜の滝」がある
DSCN6876
動画では

さあいよいよ本滝の「金引の滝」だ 右上にお決まりの不動尊
DSC_0033
ここの裏手も滝見スポットだ
DSCN6886
さあいろんなところから眺めてみよう
DSCN6878

DSCN6880

DSCN6881

DSCN6882
昔撮った写真だが 右が雄滝、左が雌滝ということらしい
DSC_0031
動画では

不動尊の裏手へまわると
DSCN6883

DSCN6884
動画では

豪快なところはないが、気持ちの和む滝である 「日本の滝百選」といっても中には取柄の無い滝もある

「イソギク」が少し蕾をつけてきました。開花時にはまた紹介できると思います。(網野町S)
P1090247

P1090254

さあ「天滝」へ行ってみよう 例の波賀町に抜ける県道沿いに看板が立つ 立派な観光地でひっきりなしに人が訪れる
DSCN6781
1㎞程奥に駐車場があるのだが、そんなに台数が多くなく、休日ともなるととめられない可能性がある また離合できない個所もあるので注意の事
DSCN6782
駐車場に着くと案内看板
DSCN6785

DSCN6784
「天滝」まで1.2km 約40分という事らしい
DSCN6783
さあ奥へ向かって歩こう こんな渓流沿いだ 最初は道は広い
DSCN6786
いよいよ登山となる橋のたもとに看板
DSCN6787

DSCN6788
ここにも「イワタバコ」が張り付いている 「丹後の薬草88選」の富川先生は丹後のどこで「イワタバコ」を見られたのだろう 「野生のものが少なくなっている」とは書いてあるが 「高竜寺ヶ岳」「法沢山」の渓流沿いで見られたのだろうか 兵庫県に入った途端にたくさんある
DSCN6790
こんな渓流沿いだ
DSCN6791

DSCN6792
「岩間の滝」とあるがどこか不明瞭だ
DSCN6793
これかな
DSCN6794
「糸滝」だ
DSCN6796
これはわかる
DSCN6795
「連理の滝」
DSCN6798
これかな
DSCN6797

DSCN6799
「久遠の滝」
DSCN6800

DSCN6801

DSCN6802
「イワタバコ」
DSCN6803
中間点に「東屋」がある あと600mだ
DSCN6804
「夫婦滝」が見えてきた
DSCN6805

DSCN6806

DSCN6807
動画では

続いて「鼓ヶ滝」
DSCN6809

DSCN6810

DSCN6836
動画では

さああと100mだ
DSCN6812
どうしてもの人のために「トイレ」 なるべく駐車場で済ませる事
DSCN6813
ここから急階段なので休憩所 ここからでも「天滝」は見える
DSCN6814
そばには「不動明王」
DSCN6815
さあ「天滝」展望所に着いた 休憩所に記されている「三社権現」だ
DSCN6817

DSCN6819
解説版
DSCN6818
ここからの「天滝」は
DSCN6821
紅葉はよさそうだ
DSCN6823

DSCN6824

DSCN6825
動画では

裏手に向かって看板
DSCN6820
滝の横手に回ってみよう
DSCN6826
足もとが限られているので、構図が限られる 
DSCN6829
動画

もうちょっと前進
DSCN6830

DSCN6832


帰る途中 「ジンジソウ」かと思ったが、短い方の花弁3枚が落ちただけみたいで「ダイモンジソウ」みたいだ
DSCN6833
これは「何ムグラ」だろう 立派なものだ 花茎もある
DSCN6834
「キッコウハグマ」だが上手く撮れない
DSCN6835
枝分かれしているので「ホウチャクソウ」みたいだが実が熟している
DSCN6837
「ハダカホウズキ」だ
DSCN6840
それにしてもこの葉はトウガラシの葉によく似ている
DSCN6841
もうすぐ紅葉だ 「天滝」の紅葉もきっといいが、人が多いだろうなあ

国道9号線を走っていたら「猿尾滝」(兵庫県香美町村岡区)の標識が目に入り
立ち寄ってみたところ「キバナアキギリ」がたくさん咲いていました。
                                   (網野町S)(14日)
P1090210

P1090201

P1090197

P1090211

このページのトップヘ