竜「なにをしに、ココにきた?」村娘「食べられに」男「お前なんで俺の部屋の窓から入ってこないの?」
▼ヘッドライン
   

2012年11月11日

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 22:44:07.09 ID:6UGAv9K70
兄「よっしゃあボス倒したぁ!」

妹「もー、ゲームで騒がないでよ子供じゃないんだからさー」

兄「身体は大人、心は子供!」

妹「最悪じゃん」

兄「大人になっても子供の心を忘れないのが大事だと思いまーす」

妹「恥を知るほうが大事だよ」




2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 22:46:01.98 ID:6UGAv9K70
兄「なにこのイベント。理不尽すぎる」

妹「世の中、そんなもんだよねー」

兄「知ったふうな口をききよる。妹のくせに」

妹「兄貴よりはかしこさが上だからな」

兄「レベルアップしなければ!」

妹「まず経験値を得ないとね」


3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 22:48:46.37 ID:6UGAv9K70
兄「働こっかなぁ……」

妹「がんばれー」

兄「ダ●マの神殿が現実にもあればなぁ」

妹「ハロ●ワークだね」

兄「遊び人に転職したい」

妹「いや働けよ」


4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 22:54:14.74 ID:6UGAv9K70
兄「いやいやいや、いいのかい? 働いたら妹ちゃんと会う時間が減っちゃうんだぞ?」

妹「あたしは一向にかまわないけど」

兄「愛しい妹が冷たい!」

妹「気持ち悪い」

兄「ほんとに冷たい!」


7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:00:17.94 ID:6UGAv9K70
兄「このダンジョン難しすぎる」

妹「池袋駅よりマシでしょ」

兄「そこは梅田地下街じゃないのか」

妹「ひとつの駅なのにあれってのがすごいんじゃん」

兄「いったこともないくせに」

妹「ぐぬぬ」


8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:05:59.76 ID:6UGAv9K70
兄「現実にも回復呪文があればいいのに」

妹「MPがないじゃん」

兄「現実でMPってなんだろ」

妹「……記憶?」

兄「呪文いらねえわ」


11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:13:14.10 ID:6UGAv9K70
兄「なんで魔王ってお城から出てこないんだろうな?」

妹「ひきこもりなんじゃない?」

兄「お前が魔王だったのか……!」

妹「あたしは引きこもりじゃねーよ!」


12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:19:35.52 ID:6UGAv9K70
妹「なに、あたしが魔王だとしたら兄貴が勇者だとでも?」

兄「うむ。妹への愛が世界を救う!」

妹「ニートに世界が救えるの?」

兄「お前だけでも救ってみせるさ」

妹「なにそれ。ださ」


13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:22:37.37 ID:6UGAv9K70
兄「写真撮ろうぜ!」

妹「え、やだ」

兄「即答!?」


15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:28:53.56 ID:6UGAv9K70
妹「なんでいきなり写真?」

兄「いやほらさ、ダチとかに妹のこと聞かれたときにさ……」

妹「兄貴、友達いたんだ」

兄「いるわ阿呆!」

妹「すっごく意外ー」


16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:35:43.30 ID:6UGAv9K70
兄「ほらそういう訳だからさ。俺の妹がこんなに可愛い! て自慢させてくれよ」

妹「なに、兄貴シスコン? きもっ」

兄「綺麗な姉ちゃんがいたらシスコンだったかもな……」

妹「変態。死ね」

兄「黙れぺたんこ」

妹「くたばれッ!」


17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:41:44.64 ID:6UGAv9K70
兄「まぁまぁ貧乳には貧乳の良さがあるとして、写真撮ろうぜ!」

妹「貧乳ゆーな! ……ったくもー仕方ないなー」

兄「よーし、じゃあハイチーズ」パシャッ

妹「えっ兄貴は!?」


18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:48:36.33 ID:6UGAv9K70
兄「むふふ。お兄ちゃんと写真撮りたいかい? 妹ちゃん」

妹「ちっ違うし!」

兄「はーいよしよし。撮りまちょうねぇ」

妹「寄んな撫でんなにやつくな!」

兄「ハイチーズ!」

妹「えへへ♪」パシャッ


19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/10(土) 23:55:37.41 ID:6UGAv9K70
妹「ねぇ兄貴」

兄「ちょっと待ってこのボスむっちゃ強いヤバイ」

妹「……あたしがさ、いなくなったら、兄貴は泣くかな」

兄「よし、倒した! で、なんて?」

妹「なんでもないよー兄貴のバーカ」

兄「母さん妹が反抗期です」


21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:01:14.90 ID:bSyzHPAO0
兄「いい天気だなぁ」

妹「兄貴、就職しないの?」

兄「よし、妹よ。散歩にいくぞ」

妹「現実と向き合えよ兄貴」

兄「いやぁほんといい天気だ」


23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:06:24.89 ID:bSyzHPAO0
兄「大丈夫か? 寒くないか?」

妹「へいき」

兄「そか」

妹「兄貴」

兄「ん」

妹「……いい天気だね」

兄「おう」


26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:11:44.56 ID:bSyzHPAO0
妹「ごめん、ちょっと疲れた」

兄「すまん」

妹「いいって。ちょっと寝てれば戻るし」

兄「うん。すまん」

妹「もーいいってばー。ちょっと疲れただけだよ」

兄「うん。……うん」


27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:15:37.94 ID:bSyzHPAO0
兄「おーさむさむ」

妹「寒いなかご苦労」

兄「無駄に偉そうだな妹よ」

妹「お姫様だからね。とらわれのお姫様」

兄「俺が助けてやるよお姫様」

妹「無職には無理」


28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:21:39.14 ID:bSyzHPAO0
兄「無理じゃない」

妹「えっ?」

兄「俺が助ける。絶対助ける」

妹「な、なにさ。……じゃあ、約束ね」

兄「任せておけ! お兄ちゃんは勇者だから!」

妹「無職でしょ」

兄「言うな」


29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:25:34.45 ID:+Ucwjv0k0
おい…


30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:27:01.77 ID:BUaA5p3q0
この展開は


31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:27:25.41 ID:bSyzHPAO0
妹「旅行いきたいなー」

兄「よし、明日出発だ」

妹「早いよ! どこに? って聞けよ!」

兄「どこに?」

妹「んー、海がきれいなところ」

兄「サルガッソ海?」

妹「どこなの!?」


36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:33:04.66 ID:bSyzHPAO0
兄「誰と行くんだよ、って決まってるか」

妹「うん。お父さん、お母さん、ダイスケで」

兄「俺は!? 犬より俺でしょ!?」

妹「兄貴、ダイスケの写真みせて」

兄「スルー!」


41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:40:03.57 ID:bSyzHPAO0
妹「あーダイスケかわいーなー」

兄「お前のほうが可愛いよ」

妹「しらねーよ」

兄「照れるな照れるな」

妹「てれてねーよ」


42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:44:42.81 ID:bSyzHPAO0
妹「兄貴、この本の続き買ってきて」

兄「当然のように兄をパシるんじゃない」

妹「仕方ないじゃん、外は寒いし」

兄「だから断ってるんですよね」

妹「無職に拒否権はない!」


43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:48:18.07 ID:bSyzHPAO0
兄「この前言ってた本買ってきてやったぞー」

妹「え、ほんと?」

兄「あたぼうよ。兄ちゃんが嘘ついたことあったか」

妹「ありまくりじゃん。前のマンガ、続き貸してくんないし」

兄「ああ、あれ、休載」

妹「まじっすか」


45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 00:53:48.64 ID:bSyzHPAO0
兄「ラストダンジョンむずすぎだろ」

妹「仕様ですし」

兄「作ったの誰だよ出てこい!」

妹「魔王じゃないの」

兄「お前だったのか」

妹「私だ」


47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:01:33.94 ID:bSyzHPAO0
兄「妹よ! 愛する兄のお出ましだ!」

兄「………」

兄「いないのか」

兄「なぁ。知ってるか。俺がほんとうにお前のことを大事に思ってるって」

兄「信じたくねえよ。なんでお前がいなくならなくちゃならないんだよ。なんでお前なんだよ」

兄「誰だよ、教えてくれよ、誰をやっつければいいんだよ、どこに悪者はいるんだよ」

兄「嘘だろ。お前がいなくならなくちゃならないなんて、嘘だろ」

兄「ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう……」


49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:09:31.32 ID:bSyzHPAO0
妹「……あれ、兄貴」

妹「寝てるし。まったく、そこは病人のためのベッドだっての」

妹「もう。兄貴は仕方ないなぁ……」

妹「ねぇ、兄貴」

妹「いつもありがとう。あたしが今でも笑ってられるのは、兄貴のおかげだよ」

妹「あたしはいなくなっちゃうけど、……けど、忘れないで」

妹「あたしが大好きだってこと―――お兄ちゃん」


53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:14:42.61 ID:bSyzHPAO0
兄「妹ーマンガ買ってきたぞー」

妹「え! 休載じゃなかったの!」

兄「実はまた連載していたのだ」

妹「休載がやられたか……」

兄「くくく、やつは四天王のなかでも最弱」

妹「すぐに第二、第三の休載が……」

兄「もう数えきれないよ!」


56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:20:41.61 ID:bSyzHPAO0
兄「妹よ。お前ちょっとやつれてるんじゃないか」

妹「そんなことないよ」

兄「でやーっ真実の姿を映し出す鏡!」

妹「ぐあーやーめーろーっ」


60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:26:52.23 ID:bSyzHPAO0
妹「んーたしかに痩せたかなぁ」

兄「ちゃんと飯食ってるのか?」

妹「まぁ、食べてるよ。あんまり美味しくないけど」

兄「俺はおかわり三回するぞ!」

妹「聞いてねーよ」


62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:35:16.47 ID:bSyzHPAO0
妹「兄貴、タイクツ」

兄「了解、はぁっ!」

妹「それは前屈」

兄「あぁ、主に女性が履く防寒用の薄布の、」

妹「それはタイツ」

兄「いいんだ……どうせ俺なんか、ゴミカスのようなやつなんだ……」

妹「そだね」

兄「鬱屈だよ!」


63以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:42:12.49 ID:bSyzHPAO0
兄(昨夜、妹は発作を起こして意識を失った)

兄(今は小康状態だが、会って話せそうになかった)

兄(俺は家でひとりでゲームをすすめた)

兄(時間が進むのが遅い)

兄(妹は、大丈夫だろうか)


65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:50:01.89 ID:bSyzHPAO0
兄「よう、けんじゃのいしが入り用か?」

妹「あぁ、兄貴。ひさ、しぶり、だね」

兄「会いたくてしかたなかったろう」

妹「まあ、ね」

兄「どうした妙に素直だな。風邪か」

妹「風邪、じゃ、ねー、よ。まぁ、はやく、マンガ、読みたいから」

兄「マンガ目当てかよ!」


67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 01:55:47.66 ID:bSyzHPAO0
妹「ね、兄貴」

兄「なんだ。あんまり無理して喋んな」

妹「じゃ、兄貴が、しゃべって、よ」

兄「まったく注文の多いお姫様だぜ」

妹「お姫様、じゃ、ないし。魔王、だもん」

兄「じゃあ魔王様、古い国のおはなしをしましょう。むかしむかし、あるところに……」


68以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:00:03.24 ID:bSyzHPAO0
兄「そうして、国は平和になったのでした。めでたしめでたし」

妹「………」

兄「寝てるし」

兄(妹は薬のせいでいつもぼうんやりしているようになっていた)

兄(俺がお見舞いにきても、起きないこともあった)

兄(もとから小さかった手が、ますます小さくなっていく気がした)


71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:07:08.71 ID:bSyzHPAO0
妹(真夜中に目が覚めることが増えた)

妹(誰もいない病室で、意識がはっきりしないまま時計の音を聞いてる)

妹(部屋に満ちる静寂に、急に心細くなる)

妹(昼間に意識を取り戻すと、いつも兄貴が手を握ってくれてるのに)

妹(寒い)

妹(とても、寒かった)


73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:12:41.82 ID:bSyzHPAO0
兄「俺、参上」

妹「わ、う、あ、兄貴」

兄「なにをわたわたしている妹よ。いついかなるときでも明鏡止水の心でだな……」

妹「あ、ほ」

兄「最後まで喋らせて!?」


75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:19:23.63 ID:bSyzHPAO0
妹「兄貴、まだ、そのゲーム、やってんの?」

兄「ラスボスが倒せないんだよ。何回魔力を解き放つんだよ」

妹「そこ、が、ニートの、げんかい、か」

兄「限界を突破してこそ、男だ!」

妹「だから、とっぱ、できて、ないん、じゃん」

兄(妹はくすくすと笑った)

兄(点滴の針が刺さった細い腕を見てられなくて、俺は目をそらせて笑い返した)


79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:25:32.75 ID:bSyzHPAO0
妹「あに、き」

兄「なんだね妹くん」

妹「何キャラ、だよ。さいきん、まいにち、きてる、よね?」

兄「家にいてもつまらんし、外は寒いからな」

妹「あした、も、きて、くれる?」

兄「あーどーかなー仕事が忙しいからなー」

妹「だまれ、むしょくの、くせに」

兄「はい、すいませんでした。明日も来ます」

妹「よろしい」


80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:30:57.15 ID:bSyzHPAO0
兄「じゃ、今日は帰るわ」

妹「うん。また、あしたね」

兄「おう。また明日なー」

兄(小さく手を振る妹に応えて、俺は病室を出た)


83以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:37:27.01 ID:bSyzHPAO0
兄(それが、妹との最後の会話になった)


86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:44:11.63 ID:bSyzHPAO0
兄(その夜に、妹は息を引き取った)

兄(俺は実感が湧かなかった)

兄(通夜をして、葬式をして、妹が骨だけになっても)

兄(俺は妹が死んだということを受け入れられずにいた)


87以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:50:22.36 ID:bSyzHPAO0
兄(遺品整理の際に、妹が家族それぞれに宛てた手紙が見つかった)

兄(もう指に力が入らない頃に書いたらしい。文字は乱れていて、読むのに難儀した)

兄(俺は部屋に戻って、ひとりでそれを読んだ)


90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 02:55:03.91 ID:bSyzHPAO0
妹『兄貴へ』

妹『兄貴には、えーと、なにを書いたらいいのかわかんないな』

妹『あたし、小さいときから、兄貴に遊んでもらってたよね』

妹『外で遊べなくなっても、兄貴はあたしと遊んでくれたね』

妹『入院してからも、兄貴が来てくれて、楽しかった』

妹『すごく嬉しかった』


92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:00:00.33 ID:bSyzHPAO0
妹『ごめんね』

妹『ごめん』

妹『いなくなっちゃって、ごめん』


94以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:06:14.02 ID:bSyzHPAO0
妹『ほんとのこと言うと、しんじゃうのはこわいよ』

妹『さみしいよ』

妹『でもね』

妹『兄貴が毎日来てくれたから、あたしは幸せだった』

妹『ありがとう』


95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:12:05.40 ID:bSyzHPAO0
妹『ありがとう、兄貴』

妹『ばいばい』

妹『ps.はやくしゅうしょくしろよ』


98以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:17:25.75 ID:bSyzHPAO0
兄「うるせえよ、ばか……」

兄「ごめんじゃねえよ……」

兄「謝るのは俺のほうだろ」

兄「お前を助けるって言ったのに。絶対助けるって約束したのに……っ!」

兄「約束守れなくて、ごめん……!」


99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:23:21.82 ID:bSyzHPAO0
兄(それでも俺は涙を流せなかった)

兄(それから、かじりつくようにがんばって就職し、妹の死から一年が経った)

兄(俺は一年間レベル上げに徹していたあのゲームで、ラスボスに挑んでいた)

兄(あんなに強かったボスをあっさりと倒して、エンディングを迎える)

兄(エンディングで勇者は、今までの道のりをたどりながら故郷へと帰っていく)


102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:30:34.81 ID:bSyzHPAO0
兄(あの場所も、この場所も、妹と過ごしながら通ってきた道のり)


―――また負けたの? 兄貴ってゲームへただねー


兄(どこもかしこも、妹との思い出があった)


―――ボス倒したんだ。まあ兄貴が戦うべきなのは現実だけど


104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:37:10.77 ID:bSyzHPAO0
兄(広大な砂漠、呪われた廃墟、大きな街にカジノ)


―――ちょっとー、ゲームばっかしてないであたしの話も聞いてよー


兄(みんなみんな、お前と過ごした日々そのものだった)


―――ゲームやんの? 主人公の名前あたしにしよーよ


105以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:44:20.84 ID:bSyzHPAO0
兄(俺は机の引き出しを引っ掻き回してあのとき撮った写真を見つけた)

兄(妹は笑っている)

兄「うぅ……」ポロ

兄(ようやく俺は泣くことができた)

兄「ああああああ……っ!」

兄(ぼろぼろと涙を流し、俺は妹の名を搾り出すように呼んだ。何度も)


106以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:51:45.36 ID:bSyzHPAO0
兄(スタッフロールが終わりを告げ、俺も長い時間を隔てて、妹に別れを告げることができた)

兄「妹よ。――ばいばい」



THE END


107以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:52:33.89 ID:t2f69/Cz0
こういうの大好きだ



108以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:52:52.53 ID:IVuqKr1xO
乙!


111以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:55:22.43 ID:gwqYrK5p0
乙ん


112以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:55:50.13 ID:bSyzHPAO0
駄目な映画を盛り上げるために簡単に命が捨てられていく
違う 僕らが見ていたいのは希望に満ちた光だ というひとだけ次レスをお読みください


114以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 03:58:54.53 ID:bSyzHPAO0
兄「というストーリーはどうだろう」

妹「なにが、というわけさ。きもい」

妹「ただの健康診断の待ち時間にどんだけ妄想ふくらませてんの。ってか勝手に殺すな」

兄「おお、いもうとよ。しんでしまうとはなさけない」

妹「しんでねーし」





おしまい


117以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 04:04:19.12 ID:bSyzHPAO0
遅い時間までありがとござしたー


118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 04:04:40.41 ID:ZvI9dYnK0
ほっとした




119以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 04:04:59.97 ID:U+a/YXfY0



120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 04:05:54.10 ID:O9hpVfgh0
乙りん


121以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 04:19:01.85 ID:sjCybF7I0



122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 04:28:07.79 ID:YKSFqSWW0
おつお


123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 04:34:02.84 ID:25MammhF0
素晴らしかった、乙


124以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 04:39:47.16 ID:wBSFpV5T0



125以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 04:40:59.36 ID:K06vSXDy0
この>>1はわかってる



126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 04:51:15.06 ID:qWcBu+B+0
素晴らしかった


128以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 05:03:01.31 ID:DVOtmwaf0
よかった


129以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 05:04:56.65 ID:dmvovSzh0



132以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 07:37:39.19 ID:MH7lI5Nx0
おつ


133以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 07:38:33.52 ID:upHLb8tA0
おつおつ!


134以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 07:47:19.37 ID:NuwpAcmg0
すばらしいこれは名作だな
また書いてくれ


136以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/11(日) 07:58:39.33 ID:trnMJa+eO
おつ




このエントリーをはてなブックマークに追加 
19:57│Comments(5)TrackBack(0) 妹「〇〇」 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ななしさん   2012年11月11日 21:38
すばらしい
特に>>114が
2. Posted by ななしさん   2012年11月13日 19:45
最後でほっとした・・・
3. Posted by ななしさん   2012年11月13日 20:58
5 いいね
4. Posted by 矢部善城   2012年11月14日 20:27
ですよね
5. Posted by ななしさん   2014年05月16日 20:58
5 作者は読者を理解している

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
竜「なにをしに、ココにきた?」村娘「食べられに」男「お前なんで俺の部屋の窓から入ってこないの?」