肌は皮脂と、天然保湿因子、細胞間脂質と言う保湿因子によって潤いが一定に保たれています。

この3つの保湿因子が何かの原因で減ると角層の水分も減ってしまいます。

そうすると皮膚の乾燥が激しくなったりしてしまうこともあります。

この保湿因子は、ターンオーバーが乱れていることやカレーなどが原因で減ってしまいます。

また顔を洗いすぎることでもお肌の油分が奪われてしまって、天然保湿因子が洗い流されたり、水分が逃げやすくなってしまいます。

このお手入れの方法としては、皮脂膜の成分に近いスクワランや天然保湿因子の成分に近いアミノ酸、細胞間脂質の成分に近いセラミドなどの保湿成分や油分がバランスよく入った化粧品で補うということ。

乾燥している時は洗浄力が強くないクレンジングや洗顔料や保湿成分がたくさん配合された化粧品を使うこと。

お手入れの最後には、クリームやオイルなどで潤いにフタをすること。

たまには、シートマスクやバックなどで潤いを補う特別なお手入れを取り入れることなどがあります。