50代・元ピンクライターの復活への悪あがきを記してみましたです。とはいえ、活動はチョボチョボですので、日々の雑感が多いです。
基本的にギョーカイミーハーです(爆
テレビドラマと旅が好き。書き仕事の依頼は、ココでも承ります。

sharp-1844964_640[1]

いやぁ~、『半分、青い。』。私は北川流に対しては、賛成派かつ肯定派なんですよ。

「朝ドラじゃない!」と、離れていく人もいるといいますが、「それも時代の流れを理解していない証拠だろ」なんて軽く思っておりました。
ところが最近は、面白くないんですよ。あくまで私の中では、と注釈はつきますがどうにも面白くない!
なぜかは、分かっているんです。それは「ラブコメ」が好きではないからなんですねぇ。

どうも最近は、律(佐藤 健)が一目惚れした弓道美少女と運命の再会をしたあたりから雲行きが怪しくなってきましたw 鈴愛(永野芽郁)が正人に恋をして振られて…。

こういうラブコメって、いい歳したオッサンになってもどうにも苦手です。
「じゃぁ、見なけりゃいいじゃないか」というのは、まっとうな意見です。私もそう思うのですが、この先のストーリー展開に興味があるのでガマンしている状態です。
一応、「声なき声」を挙げておきました(爆)。

そういえば、このところの同番組を見ていて私は、80年代に吹き荒れた少年誌におけるラブコメ・ブームを思い出していたのですよ。
78年から連載がスタートした『翔んだカップル』(柳沢きみお)が先鞭をつけて以降は『胸騒ぎの放課後』や『ときめきのジン』、『Theかぼちゃワイン』などなど、いくつものヒット作が生まれていきましたっけ。タイトルだけでも、懐かしいですなw

少女誌ファンにとってみれば、「とうの昔に通り過ぎた道」的な初歩的な話しだったんでしょうけどね。

その頃も私は「違うんじゃないか?」と思っていたので、何も今また記す事でもないか!? あっ?どーよ?ってなもんです。

作品自体は『まれ』以来の、自分にとっての秀作ではあると思っています。

ではまた。

■追記
こちらはラブコメではありませんww
https://hentai-alliance.com/archives/8955
人気ブログランキング

 ↓  ↓
いつも応援ありがとうございます。


sharp-1844964_640[1]

いやぁ~、盛り上がってきましたよ、『シグナル』(フジテレビ)。韓国でやってたのは見てないから、私には新鮮でしたねぇ。って、まだ終わってないかっwww

それにしても、テレビ業界でいうところの「1クール」って3ヶ月、13回の長さの事を言うんじゃないの。それが今では10回が常識だもんな。短いよな。
これは、季節の変わり目(編成の時期でもあるけど)に特番をバーンと入れて、お手軽な割には番宣兼ねて豪華キャストが揃うからいいんだろうけど。

それでも、10回は短いよ!せめて半年はやってもらいたいドラマが結構あるのにな。まぁ、キャストの押さえ方や生活サイクルの速さを考えるとしょうがないのかもと思えてしまう面もあるしな。

この『シグナル』、途中は訳分かんなくなって観るのを止めようとしたけど「こんなハズじゃない」と思いとどまって「面白い!」ってなっていったんだから。

よくよく観ていくと、北村一輝がサラサラヘアーで脂っ気が抜けてイイ感じだったり、吉瀬美智子が20年前の自分を“セルフカバー”している姿も良かったッスよ!

次回は最終回15分拡大スペシャル。非常に楽しみですナ。
(この○○拡大版、というのも時流というものか。自分的には、賛成派である)

その前に『未解決の女』(テレビ朝日)の最終回も観なくてはいけない!こちらも、やっと見慣れてきたと思ったら、もう終わりか。

ではまた。

■追記
こちらは、まだ最終回ではありませんw
http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/column/246501
人気ブログランキング

 ↓  ↓
いつも応援ありがとうございます。

いやぁ~、切ないですね今、聴いてみる「ふたりの夏物語」(杉山清貴&オメガトライブ)。大学生時代に流行っていた時にはカー・コンポからよく流れていましたっけ。
あっ、ちなみに私のBOSEのカーステからは流していませんよw「なんてノーテンキな歌なんだ」って、小馬鹿にしていましたからww
それが今日、『徹子の部屋』で杉山清貴がアコギで歌ったんですよ。なんか、当時の事を思い出したりしてジーンときてしまいました。涙腺が緩むほどではなかったけどね。

一緒に出てた南 佳孝は実は私が40年弱ファンの憧れの歌い手。そもそも彼を知ったのが、中学2年か3年の時に聞いていた土曜の夜にやっていたAMラジオ番組で。DJは確かムッシュだったと思う。
翌週になってLPを買って聴きまくりましたよ。同時期にはサザンが大人気だったけど、どうもチャラチャラしてて好きになれなかった。で、「大人の匂い」のする南さんに傾倒していったんですよ。

番組でやはりアコギで歌ったのが「スローなブギにしてくれ」。ホントは「I WANT YOU」っていう曲名なんだけど、角川メディアミックスの例に漏れずに同名の小説(片岡義男)、映画(主演/古尾谷雅人、浅野温子)の関係で。

ブルース調でアレンジしていました、こちらは永遠の私のテーマでもあります。

「昔は良かった」的な懐古だけではなくて両人ともイイ感じで年齢を重ねていっているみたいで、うらやましかったですね。

この二人は、ここ数年はよくハモっているらしく今日はその宣伝も兼ねて(ライブをやるらしい)の出演みたい。
現役なところが、また嬉しいです。

ではまた。

■追記
こちら、新ジャンルでも書いてみました(←上の方)
http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/column/246314
http://www.kyonyu-fuzoku-joho.com/column/21943
人気ブログランキング

 ↓  ↓
いつも応援ありがとうございます。

↑このページのトップヘ