EGCG - 脂肪燃焼だけではない! 筋肉の成長とパフォーマンスアップにも有効の緑茶成分!

アスリートなら既に脂肪燃焼効果を持つ緑茶の主活性成分、EGCG(エピガロカテキンガレート)についてご存知の方は多いはずです。 EGCGは代謝を高める神経ホルモン、ノルエピネフリンの分解を抑制して脂肪燃焼を促進します。そのためカフェイン含有のファットバーナーにはノルエピネフリン増大のためにEGCGを配合するのが人気です。もし、少しでも早く、脂肪を減らしたいならHALEOのイグナイトがおススメです。イグナイトには他の相乗的な脂肪燃焼成分に加えて、このエビデンスに裏付けられた強力コンビが含まれています。

ところで緑茶には、筋肉増大とパフォーマンス向上を求めるアスリートにとって、さらにもう一つの有益効果があるようです。 

EGCGの強力な抗酸化作用が心臓や他の臓器の損傷を防ぐ、という過去の研究結果をきっかけに、ベイラー大学(テキサス州、ウェイコ)では重量のリフティングセッション後に緑茶エキスを摂取し、回復力への効果の有無を調査しました。「EGCGが心臓の損傷を防ぐとすれば、骨格筋も保護するのではないか」という推論から、青年男子の被験者にEGCG900mgまたはプラセボを2週間にわたって毎日投与したあと、強度のレッグエクステンションをネガティブレップで行わせました。

その結果、EGCGを摂取した被験者は、ワークアウト後3日間の筋肉痛が少なく、筋肉細胞破壊も少ないことが認められ、EGCGは炎症と酸化的ストレスに有益であることが明らかになりました。筋肉痛の軽減により、トレーニングに速く戻ることができるのと同時に、筋肉の分解度が少ないので早期回復に役立ち、長期的にみると、筋肉の成長も速まります。 

脂肪燃焼、筋肉疲労の回復など緑茶の有益効果を利用するには、標準化EGCGがラベルに表示されている緑茶エキスのサプリメントをお選びください。ただし、EGCG成分を緑茶エキス含有量と混同しないように気をつけなくてはなりません。例えばHALEOのイグナイトには、「標準化緑茶エキス180mg含有」と表示されています。これは、1回分で72mgのEGCGを供給し、1日3回のトータルでEGCG216mgとなります。 バルクスポーツのEGCGは40%標準化の緑茶エキスを250mg使用しており、1カプセルで100mgのEGCGを供給します。

EGCGによる脂肪燃焼手順 :1日200~300mgのEGCGを摂取。
   (イグナイト6カプセルまたはEGCG3カプセルに相当)

早期回復と筋肉成長+脂肪燃焼:バルクスポーツEGCGを1日3~9カプセル摂取
※HALEOのハイパードライブには、すでに、1回分につき160mgのEGCGが含まれています。

摂り方:EGCGは1日2~3回に分けてお摂りください。 EGCGを必要量摂るには、緑茶を飲むだけでは足りないのが現状です。緑茶エキスのサプリメントを摂るのが一番良い方法です。また研究結果により、お茶よりもサプリメントを摂取する方がEGCGを良く吸収することが分かっています。

ボディプラスでは、HALEOおよびバルクスポーツの製品には最高級の成分しか使用しておりません。 特許成分「サンフェノン○R」配合の緑茶エキスは、高度に精製されたポリフェノールで、天然の緑茶カテキンを豊富に含んでいます。「サンフェノン○R」は太陽化学株式会社の製品で、(財)日本健康・栄養食品協会により特定保健用食品(FOSHU)として認められております。また、米国食品技術協会(IFT)のIndustrial Achievement Award(産業アチーブメント賞)も受賞しています。「サンフェノン○R」はFDA(米国食品医薬品局)の茶栽培農薬規制にもきちんと適合しており、遺伝子組み換えを使用せず、食品としての品質であることが認められております。

EGCGの多くの効能に関しましては、マッスル&フィットネス誌の記事をご覧ください。
脂肪燃焼について
http://www.xfit.jp/index.php?option=com_content&task=view&id=761&Itemid=86
関節の健康について
http://www.xfit.jp/index.php?option=com_content&task=view&id=59&Itemid=86

参考文献:
http://www.jacn.org/cgi/content/full/26/4/389S
http://esnl.tamu.edu/Publications/AminoAcidsDec2009.pdf