2011年09月24日

オオサカ・オクトーバー・フェスト 2011

お久しぶりです。

パウラナー昨日、前々からFM COCOLOの告知で気になっていたビールのお祭り『オオサカ・オクトーバー・フェスト 2011』(at 天王寺公園)に行ってきました。

ところで、この『オクトーバーフェスト [ OKTOBER FEST ] 』って何なんでしょう。

実は私もFMで説明を聞いて初めて知ったので偉そうなことは言えないんですが、1810年から続く世界最大規模の祭りなんだそうで、元々は、それ以前からドイツ・バイエルン州の各地で行われていたビールの収穫祭的な祭りだったものが、1810年のバイエルン王国の王太子の結婚式とそれを記念した競馬が開催されるのを機に集約され、それ以降、毎年、州都ミュンヘンの城壁の前の緑地で大々的に開催されているんだとか。

ちなみに、本場ミュンヘンでは、東京ドーム約9個分の広大な敷地に、市内の6つの醸造会社が運営する14のビールテントや数々の屋台に加え、あちこちで雰囲気を盛り上げてくれる生バンドの演奏、荷台にビール樽を積んだ馬車やブラスバンドの全長数キロに及ぶパレード、また、最近では観覧車やジェットコースターなどの移動遊園地まで登場するほどの大きな規模なんだそうです。

これらを目当てに世界中から毎年600万人の来場者が訪れ、600万杯以上のビール(一杯づつでは済まないでしょう…)と、30万本以上のソーセージが消費されるそうですから、まさに世界一のビール祭りですね。

ところで、9月にオクトーバーって何でやねん、と疑問に感じていたんですが、ウィキによれば、ミュンヘンでは10月の第1日曜日を最終日とする16日間(ただし1990年10月3日のドイツ再統一以後、第1日曜日が1日か2日となる場合には祝日であるドイツ統一の日の3日まで続けることとなった。そのため10月1日が日曜日の年は開催期間が18日と最長になる)行われるらしく、10月を迎える意味で『オクトーバーフェスト』と呼ばれているそうです。

ま、天王寺公園では9月25日(日)までの2週間の開催ですけど…(笑)。


とまあ、ウンチクはこのくらいにしておいて、ここからは『オクトーバーフェスト2011in天王寺公園』のリポートです。

まず、このイベント自体に入場料はないんですが、会場が天王寺公園の中なので、ここの入場料として1人150円(子供は無料)が必要です。

会場さて、天王寺公園に入ると、いきなり賑やかな音楽と共に人、人、人の山。

祝日で天候も良かったせいもあるのでしょうが、16時という中途半端な時間だというのに公園中央に広々ととってあるテーブルスペースになかなか空席を見つけることができません。

恐らく、本場ミュンヘンではこれ以上の混雑ぶりなんでしょうが、普段の天王寺公園を知っている人ならきっと驚くほどの混雑ぶりです。

とりあえず会場をぐるっと一周して、そろそろグラスが空になりそうな席に目をつけ、近くでしばらく待ってようやくテーブルを確保。

しかし、のんびりしてはいられません、今度はお目当てのビールを購入するための列に並ぶことに…。

ヴァデットまずは、ドイツビールの祭りだというのに、大好きなベルギービールのブースでヴェデット [ VEDETT ] ・エキストラ・ホワイトを注文しました。

ここで必要なのが、ビールの代金(ヴェデット530ml/1,200円)と別にグラス預かり金として1,000円。

いわゆるデポジット制というやつで、飲み終わった後にグラスを返却すれば1,000円は返してくれるんですが、ヴェデットの530mlが1,200円とは少々お高いような気もします(入り口に置いてあったパンフレットの割引券で100円OFF)。

ちなみに、ヴェデットは2008年に新発売となったデュベルの醸造所でつくられるベルギー・ビールの新しい銘柄で、最近、大阪のバーでもちらほら見かけるようになりました。
お味の方は、ベルギー・ビールではかなりメジャーなヒューガルデン・ホワイトに似たテイストで、ジャーマン系ソーセージとは抜群の相性です。

キルケニー続いて、ドイツビールのブースはどこも混雑気味だったので、比較的空いていたアイリッシュビールのブースでフィッシュ&チップス(600円)を購入し、とりあえずテーブルへ。

軽く一口づつ口をつけ、今度はせっかくのドイツビール・フェスタなので普段あまり飲むことができないシュパーテン [ SPATEN ] のブースへ。

シュパーテンしかし、さすがにここは一番の混雑ぶりで、始めにチケットを購入する列に5分以上並ばされ、その後、ビールをもらう列で5分弱、つまり、ビール一杯購入するのに10分ほど並ばされました。

並んでいる間に、おかわりのたびに何度もこの列に並ぶことを想像してうんざりし、当初、購入するつもりだったこの時期限定のシュパーテン・オクトーバーフェストビアの500ml(1,400円)を、アルコール度数7%以上あるシュパーテン・オプティメーター1.000ml(2,800円)に変更して購入(割引券で300円OFF)(要デポジット料1,000円)。

1Lあれば、少々冷たさは失われてもそうすぐには減りませんし、このアルコール度数ならいくら酒好きの私でも少しは酔いがまわることでしょう。

しかも、オプティメーターは濃い味のビールですから、これ一杯で帰ってもそれなりに満足感は味わえるはず…という思惑でこのチョイスをしたわけなんです。

テーブルその後、少々並んでソーセージ4本とザワークラウト(お馴染みドイツのキャベツの酢漬け)、プレッツェル(ちょっと固めの香ばしい塩パン)が一つの皿に盛られたフランツプレート(3,000円)を購入し、ようやく落ち着いて飲める状態になりました。

お味の方はもちろん大満足。

ヴェデットはまろやかなコクと甘さの中にかすかな苦み、オプティメーターはボック系の濃厚な風味の中にプルーンの濃縮液のような甘みとほどよい酸味、苦みを感じさせてくれました。

また、どちらもフランツプレートとの相性はバッチリで、本場のミュージシャンによる生のBGMの効果も相まって、まるでドイツで飲み食いしているような気持ちになれました。

会場2できればもう少し飲み食いしたかったところですが、それぞれのビールやフードが割高で、しかも並ばないと買えないという状況ゆえ、物足りなさを感じつつもこれだけで会場を出ることにしました。

しかし、後になって考えてみると、フライドポテトと魚のフライ3切れ(チキンナゲットくらいの大きさ)、ソーセージ4本とキャベツの漬け物にパン、それにビールが1.5Lと入場料で 7,900円 って高っ!!

そりゃ日本の祭りの露店でもそれなりの割増料金だとわかりつつ飲み食いはするわけなんですけど、いくら祭りだからってちょっとこりゃぁ高過ぎゃあしませんか。

ミュンヘンのオクトーバーフェストでも似たような値段なんでしょか?

レーベンブロイちなみに、日本のバーやビアホール、パブなんかでもお馴染みのレーベンブロイの535mlが1,000円、ギネスの570mlが1.200円でしたから、そこから考えると2〜3割くらいは割り増しされている計算ですね(フードはもっと割高感がありました)。

酒飲みにとって嬉しいイベントではあるんですが、もし、来年も開催されるのならもう少し安価な、せめて普通のビアガーデンやバーで飲むのと同じくらいの料金設定でお願いしたいものです。



↓ ちょこっとクリックで応援お願い致します。
にほんブログ村 酒ブログへ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

davidbatt at 23:31│Comments(3)TrackBack(0) 酒場ネタ(世間話) | ビールのお話

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kenken   2011年10月11日 20:51
こんばんは…関西在住ですけど、知らなかったです。来年行ってみたいですね。
2. Posted by モンクレール   2011年12月09日 21:12
はいけんさせていただきました。
3. Posted by れお   2012年01月27日 05:08
はじめてコメントさせて頂きます。
半年以内にBarの経営を始めたいと
考えている山梨県在住の33歳です。

大変心地よくBlog読ませて頂きました。
更新される日を心待ちにしています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ご来店者数
今日は何の日?
楽天で検索!
楽天で探す
楽天市場
お得クーポン ぐるリザ
タイプ1
CM-Click
コラブロ
なんでも酒や カクヤス
世界のお土産が揃います

地方限定グリコあります
グリコネットショップ
無印良品

面白いものがみつかります
モノマニア
モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション
幹事さんになったら…
パーティーの会場探しは
@PARTYにおまかせ