davidsunriseのblog

旧ブログ、いざ!から移転しました。


ご主人さまm、雨やんでたけどvびしょぬれでグラウンド練習できなくて仕方なくいつものジョイン具してた。本番用の靴はいてジョギングしてた。距離5.5㎞、タイム24:15.明日は思う存分走れるかな?
 
↓嫌なら安倍の犬やめろ!byご主人様
イメージ 7
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日はデイサービスで太極拳学びました。ご主人様、」真剣にやってました、間違いも多かったけど。でも、ご主人様お茶飲んだ後すぐ寝ちゃいました。パンチングみたいなことするときはすぐ目覚めてパンチしてたけど。
20180121141357.jpgそしてご飯食べた後山の奥まで行きました、。でもやっぱり寝てばっかでしたご主人様。家に帰った後も寝てました。
そのあとジョギングしてたご主人様。でも、右足首マヒがまだなおtってなくて上り坂ダッシュが弱々しいとのこと。死ぬ気で走ってないのに2週目途中リタイア。距離5.5㎞、タイむ27:30秒。イメージ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

イメージ 1事実上の安倍批判!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 
安倍政権支持している奴って、頭がおかしいか、お人よしなのか、情弱なのか、売国奴なのか、多分その全部だろうけど、自分の首を絞めていることに気づかないんだから、ひとことで言えばバカなんだろうね。
↑間抜けともいえるかもしれん・
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

イメージ

独鈷にも書かれてないぞ阪神淡路大震災特番が!

【倒産件数の3.5倍】人手不足廃業が止まらない 
17年は3万件近くが消滅 政府は、有効求人倍率が1.56倍(11月)で、
完全失業率2.7%の低水準と、雇用環境の改善をアピールしてる。
だが、中小企業は人手不足や人件費高騰に頭を抱え、
廃業を選ぶ経営者が続出している

廃業を食い止められない政府は馬鹿だ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日は阪神淡路大震災が起きて、6500人が死亡した日です、。
 
湊川熊野橋東側すぐ南・トポス東山店前柏井ビル倒壊 推移2 完全に倒壊したビル柏井ビル倒壊 推移1 傾いていた頃中山手通 にしむら珈琲店前震災当時の状態が保存されている神戸港1.17追悼行事(東遊園地1.17希望の灯り(東遊園地)
 
ご主人様、↓のような写真が印象に残ってます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


アメリカが1920年代に行われた日なのかな?byペンギン
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このままでいいのかこのままで!嫌ならゴーセン道場へ行こう!!↓

 

2018.01.14(日)

設営隊、集結、2月4日へ!

 

 

今朝、設営隊の募集が行われ、すぐに定員が集まって、決定したようだ。ありがたい。

「ゴー宣道場」参加者の応募締め切りは来週24日(水曜)だ。

2月4日(日曜)が「ゴー宣道場」開催日だが、いよいよ一人目の憲法学者の登場!
慶應義塾大学法学部教授の駒沢圭吾氏が主に憲法9条に関して話してくれることになっている。

もちろん立憲民主党の山尾志桜里議員も登壇する。 

安倍政権の改憲案のビジョンはただ一つ、集団的自衛権でアメリカについていくこと。それしかない。

馬鹿じゃない限り、我々が目指す「立憲主義の改憲案」が、権力の暴走を食い止め、日本の自主独立に繋がり、さらに現憲法の平和主義の理念を現実化するものだということは分かるはずだ。

「ゴー宣道場」憲法シリーズに注目せよ!

 

↓ 「ゴー宣道場」参加ご応募は下の画像リンクからどうぞ!

link-pic4

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ