コピー ~ IMG_0056

今日から私の通っている教会に、他の皆さまの書道だとか写真だとか工芸の作品と一緒に飾ってあります。
娘のではなく、40代の私の作品(ちぎり絵)。子どもっぽいけれど、何だかわかります?

そうそう、ノアの箱舟なんですよ。何時間かかけて和紙をちぎっては貼り、ちぎっては貼り。上手じゃありませんけれど、私の心模様というところ。

虹を最初に赤から順に貼り(型はケーキの型を使いました!)、次にどうしても水色のこよりを作りたくなったので和紙を細く裂いて巻き巻き。それを蝶結びにして紙に置いたら、自然に箱舟になりました。

箱舟をどこかどっしりした大地に置きたくなり、ピンクの和紙を下方に貼りました。でもなんだか落ち着かないので、茶色をベースにして、そこにさまざまな色を織り交ぜてみました。

最後に、箱舟に乗っている生き物を、紫を中心にして貼っていき、上方は薄い水色(箱舟と同じ色)に落ち着かせました。

さて読み解くと、どうなるのでしょう?私の心理。自分としてはとても癒された感じがするんだけども、結構不安も表れていたりして?