2009年02月24日

続スロットのどうでもいい話。

しっていてもどうにもならない話をする企画第二弾。

これから俺の持論展開するんで間違っている可能性があるから鵜呑みにしないでね。

今回は機会割の話から。

実は四号機と五号機では機会割の出し方が全く異なります。

機械割とは入れたコインの枚数と払いだされたコインの対枚数で計算されます。

例えば300枚コインを入れて330枚出てきたらそれは機械割110%ということになります。

ただこれは理論値であり機会割が100%を越えていたら絶対勝てるというわけではないのであしからず。

この機会割が120%を越えてはなりません。

そして400G中に機会割が300%、600Gで150%を越えない。

さらに17500Gで55%以上120%未満にするという条件があります。

これが台を作るうえで一番難しいところだと思います。試打検定の時に条件をクリアすればいいらいしいです。ここらはよくわからん。

以前はこれらに対してほとんど規制が無かったため爆発台が多かったのですが

この規制導入により爆発台はほとんど消滅しました。

そしてこの機会割の算出方法も大幅な変更がなされました。

四号機のまでの機会割の算出方法はおやじ打ちです。適当打ちのことですね。

スイカ、チェリー等の狙わなければ取れない役もボーナス役以外はすべて順押し適当打ち。

この曖昧な基準に目をつけた物で顕著なのがリプレイはずしです。

3回目のJACINを遅らせることによってボーナスの出玉を増やすというものですが、

四号機までの算出方法だと基本的になんらかの手段を講じないとはずれないリプレイを速攻取ってしまいます。

なので四号機までの台は機械割はほとんど宛てに出来ません。なのでまったく話題にも上がらないものでした。

しかし現行の算出方法は完全DDTです。成立役は全て揃うという計算でやっています。

スイカもチェリーもすべて取ります。前述のJACIN時にもリプレイを取ることになりますが、

そもそも五号機では出枚数の規定が変更されてしまいまったく意味を成さないものになりました。

前述の機会割の規制+算出方法の変更により四号機以前のノウハウは全て崩壊しました。

そのせいで五号機の最初のほうの台はそりゃもうひどいものが多かったです。ほとんどの会社が作りなれていなかったのが原因です。

そしてこの完全DDTという機械割算出方法をうまく悪用?した台がみんな知ってる「リンかけ」です。

リングにかけろではボーナス後にRT(リプレイタイム)に入るのですが、

このRTは青チェリーを入賞させてしまうとリプレイタイムがそこで終了してしまいます。

なので青チェリーが成立している時は青チェリーを外すのですが、機会割算出時には完全DDTなので

もちろん青チェリーもとります。当然リプレイタイムも終わります。なので算出された機会割よりも

リプレイタイム分機会割が増加するはずです。リンかけの機械割119%っていうのもあやしいもんです。120%越えてるなんて言えないから苦肉の策にも思える。

これとまったく同じ理由で機会割が落ちる場合もあります。

例として同じ機械割119%のバイオハザードを上げてみます。

この台はAT(アシストタイム)というものを搭載しているが四号機のATとは異なる点があって、

ボーナス状態以外でリプレイ以外の発生確率を変えることが出来なくなったため採用されたもので、

基本的にボーナス絵柄+ベル+ベルという役でベル役となるものが多い。

このベル役は同じ確立で発生しているが、通常中ではベル役が成立していてもどちらかが発生しているかわからない。

このベルをAT中にはどちらが揃っているかを告知することによって擬似的にベル確立がアップしているように見せているものである。

例えば赤7ベルベル、青7ベルベルがそれぞれ8分の1で発生しているとするとどちらかが発生しているとしてもどっちかわからないので

通常時にはベル確立は8分の1ということなる。

しかしAT中にはどちらが揃うか告知してくれるので完璧にベルを取得できるのでAT中のベル確立は8分の2、つまり4分の1にアップ(しているように見える)する。

バイオはこのATとATにRTを加えたARTを採用しています。

しかしこのAT。機械割り算出時には「全ての役を取得する」のでATに入っていない通常時のベルも当然取ります。

そしてバイオにはウェスカーモードというRTに突入するための難しい択があるのですが、

それも当然入賞してしまいます。このようにART機では基本的に実際の機会割よりも低い場合が多いです。

戦国無双でパンク役を教えている(実際に狙うものと逆)のはパンク役が成立しているということを強調しているからかもしれませんね。

ただ、これは検定の時の算出機会割で、独自計算や、メーカー発表とは違う可能性があります。

あくまで参考程度でよろしくお願いします。



最近の台で一番怪しいのはウルトラマンだな。

あれ押し順ナビで特リプ引くんだけど特リプの種類によってリプレイの性能が違うし。

押し順によってベルの払い出しの枚数も変わるしな。どうやって実現しているかとか

機械割算出ではどのようにしているのかすごく興味がある。




dax1124 at 22:48│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字