作品レビュー

2009年08月10日

小説紹介兼レビュー@きみとぼくの壊れた世界

最近あついっすね。だらだらしている内に夏が終わっていくがするだっくすです。みなさんお久しぶりです。
このブログをどうしようか。と常々思ってきました。
日記はmixiに書いてるしメルブラの公開するようなネタもあんまりやってないんで書くものも無いですし。
あ、月光再輝はなんだかんだでベスト8までいきました。アチョで勝ったの初めてじゃね?


さて、タイトルにもあるようにレビューをこっちに書いていこうかなと思います。
実は私結構小説読むんです。中でも推理小説が好きで高校時代からちょくちょく呼んでいます。
レビューというのに少しあこがれていた面もあって書いていこうかなと思い立った次第です。

さぁ記念すべきレビュー初作品となるのがこれ!

きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)
著者:西尾 維新
販売元:講談社
発売日:2003-11
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


著西尾維新の「きみとぼくの壊れた世界」です。
ちなみにこの本はハードカバーでも出版されています。それがこっち。

きみとぼくの壊れた世界きみとぼくの壊れた世界
著者:西尾 維新
販売元:講談社
発売日:2007-10-10
おすすめ度:3.0
クチコミを見る


新書サイズのほうには登場人物である病院坂黒猫が書かれていて
ハードカバーのほうは赤を基調に「壊」と書かれたデザインとなっております。
ちなみに私は両方持っていますw

著者の西尾維新は最近アニメ放映がされている「化物語」の原作者でもあります。
勿論視聴してます。ガハラさんいいっすわ。

レビューを書くにあたって色々考えたんですがやっぱりこの作品かなと。
なぜなら西尾維新の作品の中で最も好きな作品であり西尾維新にハマったきっかけとなった作品だからです。
ではそろそろレビューいってみますか!!

まずはwikiからこの作品の変遷とあらすじを。

『きみとぼくの壊れた世界』(きみとぼくのこわれたせかい)は西尾維新によるライトノベル作品。世界シリーズ第1作目。イラストはTAGRO。講談社発行の雑誌『メフィスト』に掲載された「もんだい編」に書下ろしの「たんてい編」・「かいとう編」・「えんでぃんぐ」を加えたもの。

あらすじ
主人公・櫃内様刻は、妹である櫃内夜月を溺愛している高校生。友人である琴原りりすや迎槻箱彦、保健室通いの天才・病院坂黒猫などにかこまれ、平凡な生活を送っていた。ある日様刻は、夜月にちょっかいをかけた彼女のクラスメイト・数沢六人に制裁を加える。しかしその翌日、彼が校舎内で死体となって発見される。様刻は病院坂とつき合わされ、事件の謎を追うこととなる。


この小説はwikiにもあるように「ファウスト」という雑誌に「もんだい編」が掲載され犯人当てを企画した「読者参加型小説」だといえます。
似たような形態のものとして東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」などがありますね。
そういう変遷もあるので「もんだい編」だけでも犯人を当てることは可能になっております。

少しあらすじを読めば分かると思うんですが、すっげぇ名前ですwちなみに主人公は「ひつうちさまとき」と読みます。
濃いのは名前だけではなくキャラのぶっとんだやつだらけです。特に妹である夜月と病院坂がすっごいです。
だが、そこで引いたらこの作品はとてももったいないと思います。

そして先ほど名前を出した病院坂黒猫というキャラが個人的にクリーンヒットでした。
黒猫さんの饒舌っぷりがとても好きです。話しているときの元気っプリがたまりません。
この様刻と黒猫の会話もこの小説の魅力のひとつです。同著の「化物語」に通ずるものがありますね。

さて、肝心の推理部分なのですが推理小説をたくさん読んでいる方には少し物足りないと感じるかもしれません。
それでも私は楽しめましたし上手いと思わせるところもありました。
読者参加型の作品としてはちょっとずるいかも?と思わせるところもありましたが。

そしてこの小説は一番重要な部分は「えんでぃんぐ」だと私は思っています。
「えんでぃんぐ」を初めて読んだ時の感想を是非とも大切にしてください。
あなたの抱いている感情はきっと正しいはずです。

そしてもし良かったら読み終わった後にもう一度読んでみてください。是非とも何度も読んで下さい。
あなたの感想は変わるでしょうか。変わっていたら幸いです。

推理部分としては少し物足りない、キャラも濃くライトノベルの様に感じる方も多いはずです。
それでもこの作品はどんな推理小説よりも推理小説です。少なくとも私はそう思います。

以上小説紹介でした。

この文章を読んで既読の方には私の言いたいことがよくわからないというかたもいるはずです。
それで正しいです。それでもこういう考え方もできるという蛇足を付けたいと思います。
この先は未読の方はご遠慮したい重要部分のネタバレです。是非一度読んで考えてから読んで下さい。
この小説は「読者参加型小説」なのだから。続きを読む

dax1124 at 01:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)