“トラウマ”
心に残るキズ。

幼い頃の記憶で楽しい記憶って結構
何となくしか覚えてないのに、
嫌な記憶は鮮明に覚えていたりする。

その嫌な経験と同じような状況におかれると
無意識に回避する対応をとってしまう。
昔の嫌な思いを再度経験しないためになのだろうが、
そのことが少し納得がいかない。

例えば、
常識的に考えて
同時の自分の対応は間違っていたのだろうか。
もしかしたら自分が間違っていたのではなく、
周りがおかしいのに、自分が被害を被ったのでは。。

いずれにしろ、
過去のトラウマはその後の人生に
影響を与える。

キズの大小、受ける当人の許容量でも違うのだろうが、
その都度、状況を分析し現実を受け入れる努力が
必要なのかもしれない。