さて、前置きが長かったのですが
いよいよメインの実技です。

この記事から読んでおられる方は
前編中編と合わせてお読みください。


②胸骨圧迫(心臓マッサージ)・人口呼吸

呼吸が確認できない場合
直ちに胸骨圧迫に移ります。

flow05_1r

押す位置は、単純に考えて乳首と乳首の間です。
(この位置感覚は、他の講習で教えていただきました)
成人の場合、5cmほど沈むように押します。
小児・乳児は胸の厚さの3分の1。乳児は指2本で押す。
押す速さの目安は1分に100回。
速すぎるとポンプ機能が働かないので注意。
遅すぎてもダメということで、講習中に

このテンポの曲って無いかな?

と考えていたのですが
ちょうどいいのは思い浮かびませんでした。
そして、後で講師の消防士さんが教えてくださったのは

もしもしカメよ、カメさんよ〜♪

がちょうど良いリズムだと。
こういうのが講習の良いところですね。

この胸骨圧迫は非常に大事で
AEDの自動音声指示の指示で「離れて下さい」という時や
人工呼吸の時以外は、ずっと続ける必要があります。
(心臓の動きって、普段から絶え間なく続いてることですからね)
しかし、一度でも実際に経験してみると分かりますが
普通の人なら

体力的には1分でもキツい

と思われます。ですので、今回の講習では
交代を念頭に置いた実技練習をしました。
合図は「1、2の3で代わってください」とか適当で良いのですが
大事なのは

自分が疲れる前に交代する

ということです。疲れるまで続けると
次に自分がまた代わる時には疲弊してしまっていて

きちんとして速さを保てない

ということが致命的になるとのことでした。

そして、胸骨圧迫30回に対して
2回の割合で人工呼吸を行います。
きちんと気道確保を行った上で人工呼吸をするのですが

MMHE_24_299_01a_eps_ja

感染症防止のために防護策を取ることが推奨されています。

今回の講習ではこんなシートを使いました。
image
ビニールの部分はかなり強靭で素手で破く事は難しいと思います。
真ん中の布の部分が通気口になっています。
これは練習用ですが、マウスピース付きのものなど
ネットでググるとたくさん出てきます。

人工呼吸は1回に1秒。
自分の呼吸と同じだと考えて
あまり多く長くは必要ないということです。
胸の膨らみ具合で、空気が入ってるかどうか判断しますが
仮に入っていないとしても、2回まで。
胸骨圧迫の方が大事なので。

この人工呼吸に関しては

できるなら行う

という感じで良いとのことでした。
というのも、技術的に難しいこともありますし
統計的にも胸骨圧迫のみでいいという見解もあります。

kimura-1

このデータでは、人工呼吸なしの胸骨圧迫のみの方が
生存率が高いという結果が出ています。

今回の講習の際に、他の人の実技も観察していたのですが
胸骨圧迫と合わせての人工呼吸は
毎回の気道確保も難しく(忘れる人もいます)
また、

ついつい胸骨圧迫がおろそかになる

という結果も招いてしまうので
むしろ、最初から胸骨圧迫のみの方が良いのでは?
という意見も多くなってきているようです。
「変わる心肺蘇生法 人工呼吸せず心臓マッサージだけ」

「人工呼吸、省略OK? 変わる心肺蘇生法 京都市消防局が救命講習」
「人工呼吸について」


しかし、成人ではなく小児(ここでは未就学の子)なら
できるだけ人工呼吸をしてあげて下さいとのことでした。
(あと、溺れた人に対しても人工呼吸は大事みたいです)
また、小児の場合、口が小さいので
こちらの口で、小児の鼻と口を同時に塞ぐくらいで良いとのこと。


③AEDの使用

発見者が協力者と交代で
胸骨圧迫と人工呼吸を行っているうちに
AEDが到着すると、準備にかかります。

まずふたを開け、スイッチを入れる。
(ふたを開けると自動でスイッチが入るものもあります)
あとは、自動音声に従って進めます。

パッドを所定の位置(右胸と左の脇腹)に貼り付け
AED本体にパッドのプラグを差し込み
(これも、最初から繋がっているものもあります)

「離れて下さい」

との音声指示があると、要救助者に触れないようにする。
電気ショックの必要有無をAEDが解析するためです。

この時、初めて胸骨圧迫を止めます

なお、パッドを身体に貼る際には
汗などを拭いたり、乳首にはかからないようにしたり

なるべくピッタリと隙間の無いように貼ること

が肝心なようです。
そして解析後に必要があれば

「電気ショックが必要です」

と音声指示があるので
誰も身体に触っていないことを確認してボタンを押す。

これも実際の動画を見ましたが
本当に飛び上がるくらいの勢いで身体が動きます。
その後

「身体に触っても大丈夫です」

と音声指示があると、直ちに胸骨圧迫を再開します。

その後もAEDやパッドはそのままにしておくと
数分後にまた自動でもう一度解析が始まり
必要があれば、また電気ショックを与える
という手順が繰り返されます。

とにかく、救急車が到着するまでは
この手順を繰り返し行います。
あと、救急車が到着して、救急スタッフが

何回電気ショックを行いましたか?

と聞くので、出来るだけ回数も覚えておく。


ここまでが、ほぼメインの内容で
他にも、喉にモノを詰まらせている場合の

気道異物除去

や、外傷を負った場合の

止血法

なども教えていただきました。
こちらは、マラソンとは関係性が薄いので割愛します。


と、まあ以上が内容で
僕自身は過去に受講して経験済みの知識もあれば
今回初めて聞いた知識もあるわけでして。

しかし、今回受講したことで改めて

勇気がチャージされました!

こういう意味合いでは
やはり、数年に1回の受講は必要に思えました。

このブログに関しては
読者さんへの影響を考えて書いていることはあまりなく
ただただ自分の練習記録を重ねて行き
自分がまた振り返って見るための意味合いが
非常に大きいです。

しかし、今回の講習に関しては
まだ未経験の方がいれば、少しでも

自分もやってみようかな?

という気持ちになっていただけると
ありがたいかな〜?と思います。
なぜなら、僕自身がいくら講習を受けても

自分自身を救助することは不可能

ですのでw
自分の周りの人たちを巻き込むことで
自分を助けることになると思いますから。


ブログランキングに参加しています。 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
さて、そろそろトレーニングの話に戻らないと(;^_^A