April 28, 2007

天皇賞・春

ディープインパクトの一強だった昨年と打って変わり、
近年まれに見る混戦となっている今年の天皇賞。

昨年の二冠馬で、前哨戦の大阪杯を完勝してきたメイショウサムソン。
7歳になってやっと本格化してきたアイポッパー。
海外G1を制しここで復活するかデルタブルース。

他にも三連勝中のネヴァブション。
一昨年のこのレース4着の古豪トウショウナイト。
AJCCで他馬をぶっちぎったマツリダゴッホ。
ダイヤモンドSを横綱相撲で制したトウカイトリック。

以上の7頭が上位人気を形成している。


混戦ということで穴を狙う人が多いのか、この7頭が全て
単勝10倍以下のオッズになっている。
逆に、この7頭以外の単勝オッズは軒並み跳ね上がっている。


だが、そんなにすんなり収まるのだろうか。
今回上位人気馬には、軒並み死角がある。

サムソン・・大阪杯を完勝したはいいものの、このレースを制して本番も勝ったのは遠くスーパークリークまで遡る。オペラオーが大阪杯4着から巻き返してはいるものの、あのオペラオーだからできたといえなくもない。しかもこの馬本質的には中距離馬だと思う。

・・・ただ、怖いのが、アドマイヤメインが引っ張って先行馬には厳しいレースになった菊花賞で、勝ちに行く競馬をしながらサムソンは4着に踏ん張ってる・・。ここらへんを考えるとステイヤーとしての資質がある、といえなくはないのも・・。


アイポッパー・・いまさらこの馬がG1勝つの??みたいなイメージしかない。頑張って3着じゃないかしら。ただドリパスを直線で競り落とした前走は目を見張ったが。アンカツ騎乗で1,2番人気は確実なだけに消したほうが妙味ありかな。

デルタブルース・・鞍上は「菊花賞のように早めの競馬をしたい」とのコメント。前が止まらない京都の馬場状態もあって、
「デルタのロングスパートが炸裂か!?」って言われてるけど、毎回この騎手同じこと言ってるんよね。しかも阪神大賞典ではスローペースなのに後ろに下げて控えるとかわけのわからんことをしてるだけに、今回はコメントどおりレースをするかは疑わしい。


ネヴァブション・・週央までは本命予定だった。なにより中山の25で三回勝ってるのはスタミナがある証拠。菊花賞は不利があっての10着やからそれで人気落ちると思ってたんやけど、やっぱ三連勝してると人気になるわな。しかも前走は2キロ差があったトウショウナイトが同斤量になるだけに、比較としては微妙かも。北村も長距離そんなにうまいと思わないし・・。あと、輸送で体が減らないか心配かなぁ。


トウショウナイト・・いまさらこの馬かいな!みたいな感じではアイポッパーと似たような感じかな。騎手もかなり微妙。
ただ一昨年の天皇賞で、ゴール前一番脚を伸ばしてたのはこの馬やった。今回も臨戦過程は理想的。地味な馬だけに人気と実力をオッズにかければ買う価値はありそう。ただ1着はなさそうな気がするんよねぇ・・。

マツリダゴッホ・・早くから大物候補と騒がれてたけど、一回も強いと思ったことがなかった。ちょうど一年前の青葉賞で、人気を背負って吹っ飛んでくれたことが懐かしい。まぁタマモサポートから買ってたからどうせハズレやったんやけど。
それはそうと、22のAJCCを5馬身差で完勝して、25の日経賞で惜敗しているように、今回は明らかに距離が長いやろ。鞍上ノリのせいで穴人気してるけど、真っ先に消せる馬やね。折り合いにも不安があるし、まぁ来ないでしょ。

トウカイトリック・・この馬にしてもいまさらって感じ。去年は先行して渋とく粘るっていうレーススタイルやったけど、今年は中団から差す新たな境地を開拓。それで手薄なメンバーのダイヤモンドSを貫禄勝ちするも、ここはお客さんでしょう。
この馬よりももっと買いたい馬いるし。


これ以外にも、
長距離得意のダンス産駒ってことでダークメッセージ。
本格化してからは先行して渋とく粘るユメノシルシ。
息長く活躍を続けるファストタテヤマ。

このあたりも変に穴人気してる。こういう馬はまずこないと思っていいと思う。みんなが考えてるのと反対のことを考えなきゃイカンと思う。



さてさて長々と人気馬のアラ探しをしてきたけど、それなら
どの馬から勝負するんや?って話になる。それではそろそろ書きましょう、私の本命を。


本命は、トウカイエリート。

東海帝王の弟で父はサンデーサイレンスと超良血。
もう7歳で、2走前の日経新春杯が重賞初挑戦と遅咲きの馬だけど、狙ってみたい理由がある。

それは、京都24以上の成績。
8回走って、1−2−1−4(1着2着3着着外)
しかも、着外の二回は5着、それ以外にも一回は降着でのもの。競走成績も驚くべきことに24以上の距離でしか勝ち鞍がない。成績だけ見れば完全なステイヤーだ。

こういうステイヤーこそを天皇賞・春では狙うべきだと思う。
去年の3着ストラタジェムも京都の長い距離での条件戦で好走していた馬だった。

前走の大阪ーハンブルクカップでは、二番人気に押されながらも直線で見せ場なく後退し9着。これで今回人気の盲点になっている。
ただ言わせてもらえば、前走は鞍上福永の騎乗ミスだった。
ユーイチは短距離では信頼できるが、長距離では全くその逆なのだ。リーディング上位では、藤田と福永が長距離で信頼できない両巨頭である。
今回の鞍上は、乗れると評判の若手川田。少なくともユーイチよりは信頼でき、鞍上強化と言えるだろう。


人気急落を示すのが単勝オッズ。

二走前の日経新春杯でエリートは、4キロの斤量差がありながらダークメッセージをアタマ差押さえ込んでいる。それが今度は58キロと同斤量。それなのに、単オッズは、エリート77倍に対し、ダーク15倍。これは明らかにおかしい。(勿論前走でダークが2着、エリート9着ということもあるが。ただこれにしても斤量はエリートが1キロ重かった。)

意外と軽視されがちだが、私が重視しているのが斤量。
特に長距離戦では1キロが大きく響く。
今回全馬斤量が58キロになるが、条件戦で背負いなれた斤量であり馬格もあるのでエリートは問題ないと思う。


相手関係だが、
3走前のオリオンSで
1着エリートから、4着エリモエクスパイアまで1馬身+クビ差。斤量2キロ差。→実質3馬身半差。
ダイヤモンドSで、
1着トウカイトリックから、2着エリモエクスパイアまで、クビ差。斤量4キロ差。→実質4馬身+クビ差。

上位拮抗の今回、人気馬の一頭トウカイトリックと、十分戦える計算になる。(あくまで机上の話。)

人気を考えれば、十分に狙ってみる価値はある。


最後に展開だが、
今の馬場状態では前が有利なのは明らか。しかもサムソン、デルタといった有力馬は瞬発力勝負では分が悪いので動くのは必然的に早くなる。スローを歓迎するのはアイポッパーだが、ゲートがうまくない馬なので、皐月賞のホウオーのように後ろから、ってのも十分考えられる。そうなれば、スタミナの問われる真のステイヤーが台頭する余地はあるだろう。



混戦の今回、トウカイエリートから勝負してみる。
さすがに単勝はキツイと思うけど、複勝、ワイドを中心に狙ってみます。

今回は根拠を結構必死で考えたので、自信を持って馬券を買います☆


daylami0408 at 00:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

January 29, 2007

逃した魚は・・・。

1月6日の日記で競馬封印を宣言しておきながら、
二週間で挫折してしまいました・・。

まぁ、最近割と勉強してるしいいかな、いいよね?

昨日の東京新聞杯は、懲りずにグレイトジャーニーから。
前は久々やったし今回鞍上ペリエで人気もなかったし。

◎グレイトジャーニー
○イースター
▲ホッコーソレソレー

○はルメール騎乗で、内枠を利用してスルスルってのを
期待してみた。今年の四歳は強いと思ってるから、
重賞でガンガン狙っていこう!ってのもあったし・・。

一番人気のオープン大将くさいスズカフェニックス、
二番人気のジリ脚のエアシェイディは
ともに蹴っ飛ばして、印の三頭で馬連、三連単を買いあさる。

直線を向いて、イースターが先頭に踊り出て!
中団からホッコーも鋭い脚を繰り出してくる!
そして外からはいい脚でグレイトジャーニー!!


うわっ、予想完璧やん!!


・・・ええ、スズカとエアが前にいなければ、ね。


1着スズカフェニックス “嵜裕
2着エアシェイディ   番人気
3着イースター     ト嵜裕
4着ホッコーソレソレー θ嵜裕
5着グレイトジャーニー 番人気


・・・見事に3、4、5着・・。

うわぁぁぁ・・・・。



そして今日は京都牝馬Sと根岸S。

東京メインの根岸Sはどーせ断然人気のシーキングが
勝つんやろうし、穴で狙ってたダイワも穴人気。
ニホンピロとかビッググラスとかが気になるも、
「この時期のダート重賞とか当たったためしないし〜」
と考えて。
「勝負は、京都牝馬Sのディアデラ→ウイングでしょ!」
と購入を見送る・・。


・・・これが大誤算だった・・。


直線ジリジリと前を捉えにかかるシーキング。
そこに後ろから黄色い勝負服の馬が猛然と襲い掛かる!
「先頭はシーキング、そしてこれはビッググラスか!?」

いやいやいや!!
買ってないし!!

そして三着に粘ろうとするリミットレスビットに
外から白地に緑の丸の勝負服の馬が・・・。
「外からニホンピロサート!!これは交わすか??」

いやいやいや!
キミも買ってないから!!

「1着はビッググラス!二着にシーキングザベスト、
三着は外からニホンピロサート!」

・・・うそーん、ビッググラス勝っちゃったよ・・。

結果
1着ビッググラス   番人気
2着シーキングザベスト“嵜裕
3着ニホンピロサート 番人気

三連単は、驚きの40万馬券。


・・・マジで。
なんで買ってないときにこういう配当でるかなぁ。



そしてこの流れで行くと京都牝馬Sは、
「確実に」外れるような気がする。

つかいままでの経験で、見送ったレースが的中して
次のレース当たったためしないし!


そんなわけで、勝負する気満々春爛漫だった京都牝馬Sは、
軽くだけ購入することに・・・。


結果
1着ディアデラノビア “嵜裕
2着ウイングレット  番人気


予想完璧ですな。

ふぅ。

救いは、軽めとはいえ購入していたこと。


的中したので良しとしましょう。


・・・40万馬券、か・・・。

取りたかったなぁ・・・。


January 06, 2007

京都金杯

あけましておめでとうございます。

いよいよ来月に医師国家試験を控えまして、
さすがに毎日勉強に追われてます。

国試は、ちょうどフェブラリーSの週の土日月に行われます。
そんなわけで今年最初のG1は見れそうにありません。

まぁいままで6年間大学に通ったといっても、
ひたすら部活ばかりしていて勉強は全くお留守にしており、
試験前の猛烈な追い込みで留年を逃れてきたのでありますが、
そんな劣等生には、国試は厳しいものです。

何がつらいって、合格してアタリマエのとこですかね。

絶対落ちれないってのはなかなかのプレッシャーです。


四月から勤務する病院も決まってるんで、
国試落ちたらいろいろ面倒なことが・・・。


あ、一応四月からは関西に戻る予定です。
競馬中継がきちんと12時半から映ります。嬉しい。

まぁ働き出したら忙しくて
競馬どころじゃないのかもしれませんが。


とりあえず明日の京都金杯は、
マイルCSに出てたら重い印をうつつもりだった

グレイトジャーニーで初笑いと行きたいですね。

秋はいずれも距離が長かった。それでも直線では見せ場たっぷり。
今回はかなり期待しています。

あとは、ホッコーソレソレ、穴でコスモシンドラーです。

◎グレイトジャーニー
○コスモシンドラー
▲ホッコーソレソレ

この三頭で。





December 26, 2006

新たなる翼

・・・これでディープ引退かぁ。


喪失感でいっぱい・・。


レース後何にも手につかなかったし・・。

勉強部屋に行ったけど、ボンヤリ・・。



今までで本気で競馬をやめようと思ったことが
ただ一度だけある。

98年11月1日の天皇賞・秋で、大好きだった
サイレンススズカが故障して予後不良になったとき。


あの日、本気で競馬をやめようと思った。

好きな馬がターフから突然いなくなってしまったという
事実に打ちのめされた。


結局競馬をやめることはなかったけれど、
あのときの喪失感は忘れられない。



今回の喪失感はスズカのときとは質が違うけれど。

ディープが来年ターフを走らないという
事実はとても淋しい。


リサーチセミナー中で日曜出勤して遅い昼ご飯を
食べているときに見た若駒S。

伊丹で飛行機降りてからレースが見れるように
直行したウインズ梅田で見た弥生賞。

落馬寸前の出遅れに冷や汗をかいた皐月賞。

直線で「飛んだ」東京優駿。

休み明けを完勝した神戸新聞杯。

帰省にして見に行った淀で刻まれた三冠。

ハーツクライを捕らえ切れなかった有馬記念。


雨模様、58キロ、休み明けに逆らったけど
そんな不安を一蹴した阪神大賞典。

希代のロングスパートで掴み取った天皇賞・春。

道悪をものともせずに他馬を突き放した宝塚記念。

そして、海外遠征。

卒試当日の深夜テレビに釘付けになった凱旋門賞。

負けることが許されないなか見事にそれに応えたJC。

そして、最後の翼を広げた有馬記念。



この二年間は本当に楽しかった。
ディープが出てくるレースの何週間も前からワクワク、
そして当日はソワソワ、レース直前にはドキドキ。

そしてそれに応えるレースを魅せてくれた。

「強かった」と唸るしかないような。


ディープインパクトという名馬が駆け抜けた時代に
競馬ファンであって良かった。


今は本当にそう思う。


今まで本当にありがとう。


君がいなくなってしまう競馬は、
やっぱりちょっぴり淋しいけれど。



素敵な時間をありがとう、ディープインパクト。


November 12, 2006

エリザベス女王杯

今年は各世代の代表格の名牝たちが顔を揃え、
豪華メンバーが王冠目指してしのぎを削る。

淀の2200の舞台。
必要とされるのは、スピード、そしてスタミナ。

オークスで3着、あるいは2000メートル以上で連対して
いない馬は軽視する。


今年の秋華賞は、オークスの1,2,3着馬が上位を独占した。


これは偶然ではない。


アサヒライジングの作り出すペースは、
各馬に底力勝負を強いることになる。
アドキス、キストゥには厳しい流れになろう。


無敗の3歳女王カワカミプリンセスの前に
歴戦の古馬たちが立ちはだかる。


勝つのはスイープトウショウだと見る。
去年は、完全に逃げ切ると思われたオースミハルカを
異次元の末脚で差しきった。
それまでなんだかんだと理由を付けてこの馬の強さを
認めてこなかったけど、あのレースを見て自分の
過ちに気がついた。
天皇賞・秋で5着。牡馬と互角に戦ってきた女傑が
こんなところで新参者に負けるはずがない。


中団からカワカミが抜け出したところに
マークしていたスイープトウショウが一気に襲い掛かる。

もし番狂わせがあるとしたら、
二頭の叩きあいよりもワンテンポ遅らせて仕掛けられる
人気薄の追い込み馬か。

鞍上コマッキーは微妙も秋華賞と違って枠に恵まれた
ソリッドプラチナム。

牡馬の一線級と矛を交えて強くなった
サンレイジャスパー。

秋華賞2着があって、今回は人気もない
ヤマニンシュクル。

ハイレベル世代の生き残りで、オークス三着が光る
ディアデラノビア。

以上の4頭にスイープから流します。
パンドラ、アサヒライジングはカワカミとの
勝負付けが済んだと見ます。

カワカミが来たら素直に諦めます。


◎スイープトウショウ
○サンレイジャスパー
▲ディアデラノビア
△ヤマニンシュクル
△ソリッドプライナム

馬単4点でいきます☆


daylami0408 at 00:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)重賞予想 | G1

October 28, 2006

天皇賞・秋

昨日で卒試が終りました。
今日から晴れて自由の身です。

今日はスワンSで、プリサイスマシーンの人気薄に
ほくそえみながら、単勝を買わずに馬単、馬連のみを
買ってヒモ抜けを食らうという結果に悶絶しました。

・・あぁ単勝40倍・・・。


明日の天皇賞ですが、今年もスローペースになると見ます。
巷ではインティライミの佐藤哲が去年タップで行かずに
スローを演出した地味滅ぼしにハイラップを刻むと言われてますが、得てしてそういうときはスローになるものです。

インティが淀みない流れで引っ張るなら長距離適正のある馬が上位に食い込んでくるんじゃないかと、考えたりもしたんですが、結局2000でスピードを生かせる馬が勝つのではないかと
考えました。

今回ポイントとなるのは斤量ではないかと密かに思っております。というのも、穴人気している馬の取捨にこれは大きく影響してくるのではないかと思うのです。

例えばオースミグラスワンは、毎日王冠で上がり最速をたたき出したこと、距離が伸びて良さそうなこと、鞍上の四位が強気なことで穴人気してますが、今回初めて58キロを背負います。

スウィフトカレントも初めての58キロ。

負けて斤量が増えて人気になるってどうなんですかね。


というわけで強引ですが、今回は斤量58を背負いなれた馬たちから勝負します。


◎ダイワメジャー

ダンムーとの叩きあいを制して前哨戦の毎日王冠を好時計で勝った。距離が200伸びるのが嫌われたか、現在5番人気。皐月賞馬に失礼なことだ。毎日王冠の解きも書いたけど、キンカメの勝ったハイレベルのダービーで先行しながら6着に粘った馬。安田記念でも先行馬総崩れの中4着を死守。宝塚記念でもディープの早めマクリ強襲という不利な展開の中で4着。
何気に今年に入ってから5着をはずしてない。
ヤエノムテキといい、ジェニュインいい、皐月賞馬にとって
天皇賞・秋は絶好の舞台。こんなに人気がないなんてびっくりだ。

○ハットトリック

この馬もここ数回の凡走で評価が急落してる。
それにマイラーとみなされている本馬にとって
府中の2000は厳しいと思われたのだろう。
今回ダイワを差しきるとしたら中団から鋭い脚を繰り出せる馬。距離は確かに不安だが、広い府中があわないわけがない。
破壊力バツグンの末脚を繰り出せばまとめて面倒みかねない。


スイープトウショウにしてもダンムーにしても
本来なら抑えるべきなのだろう。だが、古馬混合G1で牝馬が
そんなに簡単に何回も勝てるとは思えない。特に一番人気の
牝馬とか絶対に買いたくない。


それならむしろ、前走毎日王冠惨敗で人気ガタ落ちのアサクサ
デンエンの方が気になる。あとはカンパニー。


馬券はダイワの単複とハットの単複。
ダイワーハットを分厚く買います。





daylami0408 at 22:21|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)重賞予想 | G1

October 22, 2006

菊花賞

去年はポリクリの合間を縫って淀に行ったなぁ・・。

今年も三冠馬が誕生するのか?

いや、それはない。


◎ドリームパスポート
○ミストラルクルーズ
▲トウショウシロッコ
△アペリティフ


ダービーで強い競馬をしたのは、紛れもなくドリパス。
父フジキセキでスタミナ不安がささやかれているけど、
スローの瞬発力勝負になりがちな近年の菊花賞なら問題ない。

スタミナに不安を持つアドマイヤメインの作り出すペース
ならじっくり脚をためられるはず。サムソンが早めにメインを
捕まえに行くことが予想されるだけに二頭の攻防を見つつ
レースを進められる本馬に勝機がある。

穴は、府中24で強い勝ち方、神戸新聞杯でも鋭い末脚を
見せたミストラルクルースと、25の勝ち鞍があって
淀の長距離を知り尽くしているアンカツが乗るアペリティフ。
個人的に注目しているのは、ここに来て意外と強くなっているのではないかと思う、トウショウシロッコ。

ドリパスからの馬単3点を基本にボックス馬券で☆
サムソンは追い出してから意外と伸びないと思います

daylami0408 at 00:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)重賞予想 | G1

October 21, 2006

富士S

ハンデ戦のマイル重賞。
今回も大穴狙いでゆきます☆

朝日杯で名手ウチパクの風車鞭に応えて
目を見張るような末脚を披露。
あと50Mあったらフサイチリシャールを差しきっていたに
違いない。

馬体を減らし続けながらも、
距離不適の弥生賞5着、さすがに皐月賞、ダービーでは
敷居が高かったか大敗。

秋初戦のここで得意のマイルへと戻ってきた
スーパーホーネットを狙う。ただし馬体重が増えている
こと条件で。
今の東京は差し馬天国になっていることも
この馬にとっては有利。
晩成血統のロドリゴデトリアーノの血が騒ぐ。
ノーマークの本馬が秋の府中で音速の末脚を炸裂させる。


カンファーベストは使い込むとあまりよくない馬。
なので今回は評価を少し下げる。

ヴリルは休み明け走らないのはいつもどおり。
一回叩いてここが勝負。この手薄なメンバーなら
そこそこ上位にこれるはず。

人気薄のダートで激走したキネティクス。
狙った次で走るとは・・。
今回も人気は全くない。三着でいいからね。

マイネルスケルティは東京コースが嫌われているけれど
今回はそんなことないと思うよ。


◎スーパーホーネット
○カンファーベスト
▲ヴリル
△キネティクス
△マイネルスケルティ


自分の中で重賞では3歳から狙う!と決めているので☆
これで勝負してみます♪


October 15, 2006

秋華賞

「JOJOの奇妙な冒険」の第三部を
全巻読破してしまった・・。

何やってるんだろ・・。


明後日もその次の日も試験なのに・・。

そしてその勉強全然してないのに・・。


さて、気をとりなおして明日の秋華賞。
今年は大混戦。

人気馬からコメントしていきます。

アドマイヤキッス:素質は認めるし強いと思うけど買いたくない。前走もはまった感が強いし、今回同じようなレースができるかはかなり疑問。一番人気なのも微妙。

カワカミプリンセス:オークスは完勝だったんだけれど。
でも今回休み明けでぶっつけ。しかもこの後のレースを
睨んで余裕残しのはず。一着はないな。

キストゥヘヴン:この馬が微妙。真ん中から外に入れば
素直に本命にしてたんだけど、内枠に入ってしまった・・。
直前まで取捨に悩むことになりそう。

フサイチパンドラ:この馬もねぇ、迷うなぁ。
素質は物凄いものを持ってるけどそれがレースで生かされない
というかなんというか。しかも毎回人気しちゃうし。



いろいろ迷ったあげく、秋華賞は荒れるレースという
根本に立ち戻ってみる。

◎タッチザピーク:揉まれ弱い馬なのに内枠に入ってしまった。
これは痛い、痛すぎる。でも春の京都での二戦を見て
オークスを期待してた馬。今回抽選を潜り抜けた運もある。
池添が何も考えずに末脚にかけてくれれば・・。

○キープユアスマイル:意外とこの秋勝春の重賞での成績は
いい。ローエンのように末脚をうまくためれれば。
ウイングレットみたいなレースをして3着に来てくれないかな?そのお手馬であるウイングレットが府中牝馬に出てるのに
京都に来てるからにはそれなりにやる気あるでしょ。

▲サンドリオン:うーん、人気しとるなぁ。コマンダーインチーフの子がG1勝てるとは思えないんだけど、秋山は人気が
ないところでやらかすからなぁ。荒れそうなレースでは抑えておかないと。

△フサイチパンドラ:人気になりすぎやけど、爆発力は随一だと思うので。


今回は騎手中心で考えてみました。池添、福永は牝馬と相性いいからね。

アドキス、カワカミ、キストゥは掲示板の下の方でお願いします。

daylami0408 at 01:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)重賞予想 | G1

October 08, 2006

毎日王冠

◎サンライズペガサス
○ケイアイガード
▲エリモハリアー
△バランスオブゲーム
×カンパニー

これは去年の毎日王冠の予想。

結果は、

一着サンライズペガサス
二着テレグノシス
三着ケイアイガード
四着バランスオブザゲーム

サンペガからケイアイの馬連800倍を500円。
サンペガ→ケイアイ→バランスの三連単も持ってたワタクシに
とっては痛恨というかホントにもう声のでない結果でした。


その雪辱を期す今年の毎日王冠。
今回は強力なメンバーが揃った。

人気は、ダンムー、アサクサ、カンパニー、ロジック、ダメジャーあたり。
オッズも割れて混戦模様だ。


さて上位人気馬を分析してみよう。

ダンスインザムード・・春のヴィクトリアマイル、海外遠征した
キャッシュコールマイルと見事な勝ち方。気性が成長して大人しく
いうことを聞くようになったそうな。
今回天皇賞で2,3着があって、ヴィクトリアマイル勝ってる東京コース。
人気してるのもわかるけど、

「この馬信じていいのかね?}

休み明け、56キロ、一番人気。しかも久々の1800.牡馬との混合戦。

・・・買いたくない。


アサクサデンエン・・去年の天皇賞では、重い印を打った馬。
東京コース得意やし、地味なせいで人気しないのもいいところ。
開幕週であんまり後ろから行ったらとどかないことを
考えても、中団から鋭い脚を使えるこの馬は有利か。

ただこの距離はどうなんやろ。いくら天皇賞4着っていっても
あれはドスローの瞬発力勝負やったからねぇ・・。
今回は底力の問われそうなメンツだけに、今回に限っては
距離が微妙な気がする。それでも3着とかにはきそうやけど。


カンパニー・・18みたいな中途半端な距離だったらかなり強いんじゃないかと
思ってた。大阪杯勝ってるし距離の心配も皆無。鞍上の福永も心強い。

でもね、58キロで別定G2で人気に応えられる器なのか?
めっちゃ人気しとるし。京都ならともかく府中で買いたくないな。
内をすくってスルスルって競馬をすると思うけど、今日見てる限り
東京そんなにインが伸びてるとも思わないので。切ります。


ロジック・・あのね、ダービー4着が評価されてますけど、あれは人気薄で
内をすくった結果ですよ?外を回って3着のドリパスとは大違い。
NHKマイルC勝ってますけどあれも内からスルスル抜けてきたユタカ
のファインプレー。今回初の古馬対決で57キロ。
いくら今年の3歳が強いっていってもここは切るのが妥当でしょ。
しかもめっちゃ人気しとる。


ダイワメジャー・・府中の実績のなさ。大外枠が嫌われてか、
人気ないですな。明日になったらあがるのかもしれへんけど。
超ハイペースを先行して押し切った皐月賞。あれをみてこの馬は
強いと思いました。左回り、府中の実績のなさが言われてるけど、
超ハイレベルだったダービー6着。先行馬で唯一踏ん張った安田記念の4着。
普通に走ってる。それなのに牝馬や3歳にも抜かれての5番人気。

なめられたもんだ。


他の馬も書いてみる。


オースミグラスワン・・泌尿器科の某ドクターのお気に入りですけど、
新潟記念で馬脚をあらわしましたな。普通に低レベル4歳って時点で
微妙やし、グラスの子って言うほど府中が向いてるとも思えん。
何より毎日王冠って由緒ある古馬G2にはまだ敷居が高いでしょう。
切ります。


クラフトワーク・・中山記念ではあまりの人気のなさについ買ってしまったが。
今回ノリが乗るっていっても復活は望み薄いかな。


グレイトジャーニー・・札幌記念では見事に期待を裏切られたわけだけど・・。
まだ見限れない・・。18への距離短縮は好材料だし、追い切りの動きも
良かったみたい。一瞬しか脚を使えない馬だけに、淀みないペースで
引っ張られてうまく脚をためれれば一発があるかも。


ハットトリック・・ホントはこの馬買いたいんだけど・・。
59キロでは厳しいかなぁ・・。岩田やし、府中は向くと思うし・・。
ただこの馬冬馬っぽいんよね。切り。


マルカシェンク・・この馬も強い3歳ってことで人気してるけど、
個人的に3歳の春の成長期を骨折で棒に振った馬ってあんまり信頼できひん。
しかもこの馬の骨折の原因は調教師リーディング争いで余計なレース使ったから。
急仕上げでトライアル叩いてダービー出したけど、また骨折。
しかもサンデーの仔のくせにデイリー杯とかマイル重賞勝っとる。
(グレイトジャーニーもシンザン記念勝っとるけど。)

こんな馬の休み明けを買いたいであろうか、(いやそんなはずはない。)
切り。


ローエングリン・・気になる。めっちゃ気になる。
もともと重賞を何個も勝ってる実力馬。それが調子を崩して
ダート使ったりいろいろしてたけど全然効果なく惨敗続き。
それが前々走で控えて差しに脚質転換をはかったら意外や意外、
なかなか鋭い脚を使うではないか!
斤量も59→58→57と軽くなってきてるし、人気もいい感じでない。

これはいけるんじゃないの〜?


サクラメガワンダー・・ロベルトってことで秋に期待しますって春に
ゆってたんだけど、戦績みてて実はコイツは早熟なんじゃ、って気がしてきた。
今思えば弥生賞は低レベルだったし、今回も厳しいんじゃない?
人気はないから3着くらいはあるかもだけど。まぁ3歳で買うならこの馬だけど
他にもっとイイ馬がいるので。一応切り。


テレグノシス・・この馬に去年は8万馬券を割られました。
ホントに相性悪いなぁ・・。でも今年は去年の分ものしをつけて返してもらう。

この馬は京王杯と毎日王冠で買っておけば間違いない。現役屈指の東京巧者。
今回は鞍上が大野ってことで人気落ちてるけど、
最後の直線で外に回して何頭抜けるって馬なんだから
別にそんなに気にしなくても。「前目につける」みたいなことを陣営が
コメントしてるけど、結局最後方に近い位置からの競馬になるんじゃないかな。
何より、毎年ここが休み明けだったのに今年は新潟を一回使ってるからね。
コレは他の馬が休み明けなのを考えるとデカイ。
G1では勝負にならないけど(バラゲーと一緒)、G2なら大威張りだし。

買います。


そんなわけで長々と買いましたが、結論。

◎ダイワメジャー
○ローエングリン
▲テレグノシス
△アサクサデンエン
×グレイトジャーニー

馬券は、懲りずに三連単で
◎○▲→◎○▲△×→◎○▲△×(もしかしてメガワンも)

馬単
◎○▲→◎○▲△×

こんなところでしょうか。

頑張って予想したのでさすがに疲れましたね。
試験勉強もコレぐらい熱心にやれればいいんですけど。

ではまた。