2017年08月03日

ドラクエ11のマジスロで2万枚/1h(仮)増やす方法まとめ

1年半ぶりくらいのブログがこの内容か・・・って感じですがFacebookで書いたのをまとめました。
 
ドラクエ11にはお馴染みのカジノがありましてPS4版のみマジスロという実際のパチスロのシステムをかなり踏襲したスロットが遊べます。これが実際のパチスロで勝つやり方と酷似しているのでまとめてみました。
5、6時間の検証なんで正確な数値ではないのですが基本的にこのやり方でコインは増えてきます。
(セーブを使用すればポーカーなどでも増やせますがマジスロが本当に良くできてるので楽しいです)
 
◆スロット未経験者向け
・カジノのある町についたらまずは教会でおいのりしてカジノに行きます。
・恐らく到達時点のゴールド的に100〜200枚くらいのコインと交換できます。
・まずは右手の緑のスロット(レート1コイン)のところに行き近くのバニーガールのお姉さんに話すと各台の情報を教えてくれて狙い台がある時は「狙い台」と書いてあります。
→狙い台がない時は宿屋やキャンプでお昼まで寝ます。(朝だと開店待ちになってしまいます)
・狙い台に座れたらひたすら回します。
→最初の持ちコインが少ない状態だと手持ちが0になる場合があります。その場合はリセット・・・しましょう・・・。
・7が揃えられる状態になるとボーナスの演出が出て教えてくれます。頑張って揃えましょう。(この目押しは慣れるしかないです。失敗しても何回でもチャレンジできるので大丈夫です)
・リールが暗くなってゴールデンスライムが黄色く光る時があります。この時はゴールデンスライムを狙いましょう。
・ちなみにボーナス中のBARを狙えやリールが暗くなる場合(リプレイ外しに関しては後述)は目押ししなくてもOKです。
・3000枚くらい貯まったら左手にある青のスロット(レート10コイン)に移動しましょう。
→最初と同じように教会でおいのりしてからバニーガールに狙い台を聞く。
・後は2万枚/1h(当社調べ)くらいのペースでコインが増えてきます。
 
◆ヤメ時
基本的にコインが増えていくのでヤメ時は特にありませんが大体下記の理由が挙げられます。
・お目当ての武具と交換できるコイン数が溜まる。
・飽きて冒険を進めたくなる。
・右リールのオーブが0になる。(オーブが多いとゴールデンスライムを揃えた時のコインが多くなるのですが6個まで貯まった状態でゴールデンスライムが揃うとオーブが0になります)
 
◆スロット経験者向け
上記のやり方でコインは増えていくのですが経験者は更に効率を上げることができます。
 
・強めの演出(主にスラりんの「!!」以上)が来た時にチェリーとスイカを狙う。各リールBARを目安。個人的な感覚では普通のスロより2コマほど早く押してます。(レスポンスが悪い?)且つ4コマ以上滑るので基本的に早めに押してます。
・ボーナス中のバトル演出時にリールが暗くなって左リールの7とBARが光るときがあるのですがこの時がリプレイ外しのチャンスです。BARを下段に狙いましょう。(ビタだと思ってたけど枠内ならOKな気がしている)7の方が範囲は広いのですが50%でしか成功しません。
→といってもバトルは基本負けるので効果は薄い。
・一応ハイエナ(まもの討伐数が多い、オーブが溜まっている)もできますが設定狙いの方が効率良いです。
・積極的に6を狙っていきましょう。ある程度回すと台を離れる時に設定確認をさせてもらえるのですがボーナス1/50を切っていて6かと思ってたら5でした。設定も6段階か定かではないのですが恐らくここまで実際のスロットに寄せてるので6段階だと思います。
→ボーナス確率(合算)の推定は下記の通り
設定1:1/120
設定2:1/100
設定3:1/80
設定4:1/60
設定5:1/50
設定6:1/40
 
以上です。
早くレート100の台(多分)も打ちたいのですがストーリーの進行の影響かまだ打てません。。
 
本当にこれ解析の数値出してもらって答え合わせしたい。
 
 
   

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by dayotan at 12:05コメント(0)

2015年12月31日

2015年の振り返りをさせていただきます!

今年は4star2015、光田さん20周年ライブ、LALAL吉祥寺篇と規模的にも内容的にも非常に充実した公演を開催することができました。おかげ様で交友関係も一段と広がってきました。

その他にも復活のDeepCrystalが2公演、記憶に新しい「城とドラゴン」サントラ発売イベントのお手伝い、年末ニコ生など絶えず色々な制作をしていた感じです。

また、近年のゲーム音楽コンサートの開催数増加に伴い2083WEBの更新も増え、こちらも商品数増加に伴いオンラインショップの運営の負担も増えw 2083の通常営業もそこそこの物量になってきた印象です。

デザインのお仕事も例年以上にいただきまして「B♭ / なるけみちこ、岩垂徳行」や「Feedback choice / なるけみちこ」「EnsembleII / 岩垂徳行&土屋玲子」や「サウザンドメモリーズ オリジナルサウンドトラック vol.1」のブックレットやノイジークロークさんの会社案内一式など制作いたしました。

2011年に株式会社2083を立ち上げてから割と打ちのめせられたりドン底の日々でしたが…w 今年やっと自信を取り戻せたというかスタートラインに立てたと思えた一年でした。
お世話になった方々に改めて本当に感謝を申し上げます!

ここからは私的なお話。

2010年に立ち上げたゲーム音楽研究団体「2083ゼミ」がゲーム音楽探求団体「トライノート」に名称変更いたしました。そして2015年末を持って自分は代表及び団体から退きました。
元々アマチュアゲーム音楽団体に所属していた自分でしたが、そこでの仲間や音楽との出会い、演奏会などでの経験がとても充実していて、こういった体験がゲーム音楽は好きだけど楽器の演奏ができない人(または管弦楽以外の奏者)でも楽しめないかと思い2083ゼミを立ち上げました。
その当初の目的はある程度達成され、また諸々の事情を考慮した上で最適な解を求めた結果、代表及び団体から退きました。

9月には鶴見に引っ越しいたしました。
だいぶ都内近郊へのフットワークも軽くなり、且つウチでも飲み・打ち合わせが気軽に出来るようになりました。
スプラトゥーンリアル4人マッチもアツかったのでまたやりたい。
あと料理もはじめました。

色々ひと段落した8月に山形に旅行に行ってきました。仕事も親戚も何の脈略も無いところで良さそうな旅館でのんびり過ごすだけの死ぬほど暑い夏の日でしたがとても良い思い出になりました。

ゲームの方はとにかくここ半年間スプラトゥーン一色な感じでした。今年だけでなく今までのゲームの中でもベスト3に入るくらいの面白さ。こういう素晴らしいゲームがちゃんと出てヒットしてくれることが嬉しい。
スマホゲーから消滅都市も結構続いてます。ゲームバランスもシナリオ、音楽、キャラクターとも本当に珠玉のクオリティです。他にはウイポ8や信長創造、エスロジなどvita勢はガッツリハマりました。コーエーさんすばらし。。あとは立体ピクロス2もちょこちょこやってます。

音楽の方はプレイしたゲームがそもそもどれも素晴らしい音楽だったのと(信長の領地半分くらい制した曲とウイポの海外牧場とエスロジのラスボスは最高だった)ゲーム以外ではHiatus KaiyoteとRobert Glasperを結構聴いてました。
あとは惰性で登録したApple Musicが何だかんだで良くてCD買うよりラジオ的に色々なの聴いたなというサブスプリクションの流れに乗ってしまった年でした。

そんなこんなの一年でございました。なんだかんだで振り返ると毎年今年が一番だったなと感じますが今年はよりそれが強かった一年でした。

来年も今以上のペースで色々動いてきますので皆様どうぞ宜しくお願いいたします!!
 
 
   
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by dayotan at 23:23コメント(0)

2015年12月23日

2015年のゲーム音楽コンサート事情

2015年もあと一週間ほどということで、
2083を運営しつつ感じた2015年のゲーム音楽コンサート事情をまとめてみようと思います。

主観的な部分もありつつですが、
かなりゲーム音楽コンサートが増えてきた今なので、
追い切れていない人は一つの参考にもなると思います。

■過去最高数のゲーム音楽コンサート開催

コンサートが多い多いと言われた2015年ですが、
2083WEBで掲載している毎年のコンサート数が下記の通りです。
プロ・アマ問わず確かに多かった!

2015年のコンサート情報(102件)
2014年のコンサート情報(61件)
2013年のコンサート情報(79件)
2012年のコンサート情報(73件)
2011年のコンサート情報(71件)
2010年のコンサート情報(56件)
※同内容のコンサートの場合、別会場での開催は複数開催としてカウント。

毎年2083WEBの掲載基準は少しずつ変わってきていまして、
ゲーム音楽関連のコンサートはなるべく載せるスタンスながら、
ゲーム音楽比率の低いものや発表会に近い規模のものは掲載していない場合もあり、
また、そもそも権利的にグレーなコンサートも掲載していないこともあるので、
実際は更に多く開催されている感触です。

以下、各企画や団体、カテゴリに分けて書いていこうと思います。

■ドラゴンクエストのコンサート
近年のゲーム音楽コンサートの盛り上がりの遥か前より毎年開催されているドラクエオーケストラ。
すぎやまこういち先生が指揮・お話をすることが定番のスタイルでしたが、
近年では、すぎやま先生がお話だけの場合や特に出演せず、
プロオケのひとつの企画として開催されるケースも多く、ドラクエコンサート自体はかなり増えてます。
今年は大晦日にも開催されますね。
来年以降も多くのドラクエコンサートが開催されると予想されます。

■ファイナルファンタジー吹奏楽
BRA★BRA FINAL FANTASY / Brass de Bravo ツアーと銘打った企画で、
国内19公演を周りいずれも盛況となりました。
今まであまりゲーム音楽コンサートが開催されていない地域にも
周ったことはファンとしても嬉しいことだと思います。
来年の開催も発表されており同規模のツアーが予想されます。

■任天堂のコンサート
任天堂楽曲は興行として取り扱われることが少なかったのですが、
今年はマリオ、ゼルダと二大タイトルのコンサートが大規模に開催されました。
任天堂楽曲が度々取り上げられてきた『PRESS START』が今年で終わりとなってしまったこともあり、
今後、任天堂単体のコンサートが開催されることに期待したいです。

■ゲーム音楽オーケストラ団体
近年、既存のプロオケではなくゲーム音楽に特化したオーケストラ団体(企画)が立ち上がってきました。
2013年にGame Symphony Japan、日本BGMフィルハーモニー管弦楽団が設立。
その後、日本BGMフィルはJAGMOと新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団に分かれました。
オーケストラ公演という部分では現状大きくGSJかJAGMOという感じです。

GSJの方は2015年かなり多くの公演・企画を開催しました。
ただ公演毎の集客にはちょっとムラがあり広報面に課題を残している感じです。
JAGMOの方はかなりの動員数を獲得した一年でした。
一方でレパートリーの狭さも指摘されており、
今後どのように広げていくかが課題になりそうです。

■アマチュアオーケストラ界隈
リトルジャックオーケストラやコスモスカイオーケストラのような常設楽団と
プリマビスタ交響楽団、ノルエンデ交響楽団のような企画楽団に大別されますが、
いずれもコンスタントに開催されております。
来年も既にいくつか決まっている公演もあるので、
無料(または安価)で聴けるオーケストラの場としてファンとしても嬉しいと思います。

■○周年などの記念公演

パッと思いつくものでも下記コンサートが開催されました。

20th Anniversary テイルズ オブ オーケストラ コンサート
『PSO』シリーズ15周年記念コンサート「シンパシー2015」
LIVE・A・LIVE・A・LIVE 吉祥寺篇(20周年)
スーパーマリオ30周年記念ライブ
THE BRINK OF TIME 光田康典 & Millennial Fair(20周年)
-愛と勇気の25周年記念- ファイアーエムブレム祭
戦国無双 10周年記念コンサート

期間は様々ですがコンサートを開催するタイミングというのは意外と難しく、
○周年はそのきっかけの一つとしては良いのではと思います。
○周年に関しては毎年何かしらありますので、来年もいくつか開催されると思います。

■公演の延期や中止
多くのコンサートが開催された2015年ですが、
一方でいくつか延期や中止になった企画もありました。
集客的な問題であったり権利関連の問題など、
本当のところは中の人にしか分からないところではありますが、
来年はそういったことが無いことを祈ります。

■2083のお話
今年はやはり4starオーケストラ2015の開催が大きかったと思います。
また『THE BRINK OF TIME 光田康典 & Millennial Fair』や
『LIVE・A・LIVE・A・LIVE 吉祥寺篇』も無事成功させ安定した一年でした。
来年、実は上半期の予定は少ないのですが・・・
下半期は既に色々決まっているそうですよ。

■まとめ
ゲーム音楽コンサートに関しては、興行的な部分はもちろん、
中身としても満足度の高いイベントのため、プロやメーカーの公演も増えてきました。
アマチュアに関しても企画団体というスタイルが定着し様々な企画が開催できるようになりました。

ただ今年より更に公演数が増える!という感じではなく、
現状の環境では、今くらいの公演数が適切なように感じます。

今後、ゲーム音楽コンサートをより多くの人に、またもっと良いものにしていくとなると
広報面など含め広い視野での展開が必要になると感じます。

また1983年生まれ前後の世代がメインターゲットなゲーム音楽ファン層ですが、
(つまり2083のコンセプトや自分の世代なんですが)
目に見えて周りでも結婚・出産などが増えてきており、
たとえばアマチュア楽団ではそのあたりのケアも必要になりますし、
来場者に対しては顕著で、未就学児可や託児所の対応などが無いと、
単純にメインターゲットが埋もれてしまうので、このあたりは大きな課題だと思います。

そして、最後に突然の番宣。

2015年12月27日(日)19時よりニコ生で
『2083ch年末生放送スペシャル2015』を放送します!(もちろん無料)


URLはこちら
http://live.nicovideo.jp/watch/lv246272557

5月に開催された『4starオーケストラ2015』と
7月に開催された『THE BRINK OF TIME 光田康典 & Millennial Fair』の映像をダイジェスト版で放送!

その他、各コンサートに出演したミュージシャンをお呼びして一年の振り返りトークをいたします。
一年の振り返りに、またタイムシフトで年末年始の空いた時間に是非是非ご覧くださいませ。
 
 
   
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Posted by dayotan at 12:01コメント(0)