INFINITE∞BURST。今日の本命はこちらでした。
朝の段階で夜の回が予約0(悲しい)だったのでど真ん中いただいてゆったり鑑賞。
良いところ悪いところ両方ありはしましたが良い映画でした!

以下感想ですー。書きあがってみたらそんなにネタバレしてませんでした。微弱に含みますが。

 
完全新作!との触れ込みでしたが、
実際のところは40分ほどTVシリーズの総集編をやって、それから新作部分という形でした。 
サンライズの8スタはラブライブが忙しすぎてなかなか時間がとれないらしく、
今回の新作もピンポイントでスケジュールが空いたからできたことなのだそうで。
その辺を鑑みるとまあ仕方ないですよね。 

しかしその分サービスたっぷりな内容となっており、
新作部分はとにかくバトル!バトル!バトル!(しかも手描き作画) 
そしてバトル中でもしれっとサービスシーンを挟む!(いやらしくない程度に)
挙げ句の果てに六王そろい踏みでなおかつ共同戦線!(つよい(確信))
…と、もうとにかく詰め込めるだけ詰め込んでみました!って感じです。

作画も非常に気合が入っており冒頭の会議シーンなどはキャラ作画の丁寧さが印象的で、
デザインもしっかりリファインされているなーと感じました。
キャラデの愛敬さんがひたすら作業をしていたらしく、 納得の出来です。

メカ作画はTVシリーズよりいろいろグレードアップしていました。
カッコ良さはさることながら、女性アバターのセクシーさもしっかりアップされていてもう…。
どこをとっても見応えのある画面に仕上がっていました。
個人的には緑の王のシーンがデザイン・構図も相まって好きでした。

ただ一つ残念だったのは冒頭でも述べましたが、尺の厳しさでしょうか。
時間が限られているので緩急が付けがたく、そのあたりは苦労されたんだと思います。
ひたすら戦闘が続くと観ていて嬉しいのですが、同時に体力も使うのでどうしてもダレますからね…。
その点は気になってしまいました。

しかしお祭り作品だと割り切ってしまえばいっそそのあたりも気にならなくなるのかも。
実際観た直後は「もう一回観るのはしんどいかなー」と思いましたが、
パンフを読みつつ感想を書いている今は「もう一回観てもいいかもしれない」ってとこまで持ち直してきましたので。
いやぁ作画は本当に良かったのでもう一度観る価値は十分あるんですよね…。
今度はもっとじっくり眺められるでしょうし。

そんな感じで全体的に良い映画でした!
今回の話は時間軸的には原作最新巻のさらに先を行っているらしいので、
できればその間の話を二期でやってほしいですね! 
でもサンシャインもあるし余裕ないんでしょうなぁ…。
シンフォギアも4期5期決まって椛島さんクソ忙しくなりそうだし…。
いつか2期が観られることを願いつつ、とりあえずもう一回行ってみようかと思います。


それではー。