内職に有利と言われる賞状書士の仕事は、賞状や感謝状、祝辞などのあて名を書く仕事です。
かな〜り、地味な分野でですが、小学校の運動会や会社の業績発表会など
この日本では賞状や祝辞がなくなることは考えられないため、
賞状書士の仕事がなくなることは考えにくいと思います。

賞状書士でお金をもらうには、特に検定に合格していないといけないと
いうわけではありませんが、検定に合格して高い級を持っていれば
賞状書士の仕事を得る可能性も高くなることはわかりますよね☆

賞状1枚の執筆の相場は2000〜5000円ぐらいでしょうか。
上手く仕事がとれるようになれば、ちょっとした副業にすることも可能です。
賞状書士をはじめるにあたり、ほとんど初期費用はかからないのではないでしょうか?
筆と墨、賞状の台紙などぐらいです。
きちんと仕事が取れれば時間が拘束されるパートや単価の安い内職よりは
ずっと割りのいい副業になるのでは?
1枚、どんなにゆっくりやっても1時間かかりませんからね♪

などなどと、事前調査はしっかりとしたのですが^^;)
実際に資格を取るには検定に合格しなくてはいけないのですが、
それが舐めていると結構大変です。

資格は日本筆耕技能協会が認定する民間資格で
賞状書士検定は、3級から1級まであり、3級からのスタートです。

賞状書士として仕事を探す場合、より上の級を持っている方が
強いアピールになるのでやはり1級を目指すでしょう!

賞状書士の検定は、願書に必要事項を記入の上、3150円を現金書留で申し込むと
試験課題が送られてきます。
その課題を仕上げて送り返すことで合否が判定されるのですが、
いきなり試験はあまりにも無謀ですので、私は通信講座で事前に練習。

賞状書士の資格を取るには賞状書士の資格を取るには、がくぶんやユーキャンの
通信講座がかなり役に立ってくれますよ

私はがくぶんの賞状書士講座をとったのですが、
賞状を書くスキルはもちろん、
そのスキルを使ってどう収入を得るかの手引きもついてくるので
こういった就業の情報というのはかなりありがたかったですね。


そんながくぶん賞状書士講座の構成は以下のとおり。
●教材の構成
テキスト5冊
原寸大お手本集2冊
就業の手引き
賞状(現物)
割付け練習帳
添削課題集 ほか

こんなものかと思うなかれ、
これが結構大変。
それはもう、筆の種類、墨、硯などの道具の説明やらなにやら・・・。
こと細かく、親切、丁寧に書かれています。

正直、まったく知識のない状態ではじめた私には何のことやら???
きつかったです。
最初のテキスト5冊を読む段階で挫折しそうな感じで (XoX;)
ここでやめたらあかん!と思って何とかクリア。
で、実際に筆を握って書く練習。
ひたすら練習・練習・練習の日々。
けど、私は手を動かすのが好きなので実際に筆を持って書く練習は
気がついたらこんな時間!?てなってしまうほど
集中してしまっていましたが・・・^^;)
その甲斐あってか無事合格!できました!

賞状書士として収入を得るにはスキルもそうですが、どうやって仕事を取ってくる
か?といううことが必要になってくると思います。
1枚あたりいくらの世界なので、たくさん仕事をもらえれば
それでけ収入がUP!わかりやすいですね!

具体的な方法を書くと差しさわりがあるので詳しくはかけませんが、ヒントだけ☆
賞状書士を必要する場所ってどんなところだろうと考え、
それに関連した情報をネットやリアルの生活の中で探すようにする。
そうすると仕事が見つけやすくなると思います。

合格して起動に乗ってくれば、それなりにおいしい副業ですし
興味のある方は是非チャレンジしてみてもいいかと思いますよ☆