自画自賛

DIYなど手作りの話メイン

2018年5月に作ったおもちゃの棚が、なんとなく真ん中たわんで来た気がして、急遽支えになる仕切りを追加しました。

3D5ADB73-8434-4C33-9C16-6811A27A7365

本来こんな風に田の字に作った方が丈夫なのですが、面倒だったのとか、大きな車もしまえたらとか考えて、真ん中に仕切り板つけてなかったのよね。
でもやっぱり、あった方がいい。
重いもの乗せてなくても、なんか下に向かってたわんでたもの。

真ん中の棚の仕切りは、もはやネジもダボも入れれないし、ボンドも後付けで汚くなりそうなので、ほんと上下の棚に挟まっているだけです。

それでも、しっかり上の棚持ち上げてるし、まあいいか。
 

加圧注入材SPFで作成した庭扉が、だんだん歪んでできたのでおかしいなと思っていたら、扉下部のネジが緩んで抜けていました。

1×4材を打ち付けるのに他の場所は32ミリの長さのネジを使っていたのに、その場所だけ25ミリのネジたっだのですよね。
6ミリ程度が下地のなる木材に刺さっているだけでは、屋外使用だと特に耐久力がないってことでしょうか。

 勉強になりました。

先日DIYしていたら、ドリルドライバーなら問題なくネジ締めできるのに、インパクトドライバーでやるとネジ山がつぶれる事態が発生しました。

なぜなんだろう?
同じドリルの先端を使っているのに、下穴もあけたのに。

結局インパクトの力が強すぎてネジが入る前につぶれてしまうのだと思うけれど、ビットを小さいものに変えてもダメでした。
私の抑える力が足りないのか?

まだまだ、使いこなせてないんでしょうなぁ。

↑このページのトップヘ