京商1/8スケール フェラーリF-1の制作 その2

次はマニュアルの整理
飛び飛びの制作記事を分類する事にした


IMG_0535

とりあえず6つのブロックに分けたが
シャーシー部分の厚みが 3cmもあるので
これをさらに分割しないといけない
ステップ 1〜4 ぐらいに分類するかな

しかしこのマニュアルと言うか雑誌と言うか
ものすごく詳しい
組立ての手順だけでは無くなぜこのような構造なっているか とか
工作のコツ とか スゴイ
ボディー塗装の時に使う 塗装ブースを
ダンボールを使っての 作り方まで解説が有る

この解説の中のエンジンの組み立ての場面で油分ナシで組むと
金属同士のカジリがでないように 「メンテナンスオイルを模型店で買って来い」
と言う場面がある
オイルを塗りながら組み立てを進めると言う訳だ

思えば 15年前 毎日のようにメンテナンスオイルを求めるお客が来た
かなり大勢の人がこの週刊RC を買っているようです

これ1年間買い続けると結構な金額になるのだが
みなさん 非常に満足している様子でした。



京商1/8スケール フェラーリF-1の制作 その1

今度のミッションはF-1の組み立て

ディアゴスティーニと言うメーカーから週刊雑誌の付録と言うスタイルで発売のRCカー
京商からOEMを受けての発売のようで エンジンで走るキット
2007年の発売ですから 15年前の物
毎週発刊で約1年間の購読でフェラーリ F-1 が完成する
毎週少しずつパーツが入って来る
それも途中いろんな事を学びながら進むので
RC 全く経験の無い人でも完成すると言う企画ですが
それを手付かずの状態で保管されていた物
仕事が忙しくて手が付けられずに 15年が過ぎてしまったとの事
このままでは もったい無いので
そのF-1に日の目を見せようと言う事になった

IMG_0529

まず50冊ほどの雑誌に組み立ての要領が書いてあるので その量の多い事
すでに余計な部分は省いてあるのですが それでも厚みは7cmほど有る
それもシロートが飽きないように工夫されており
あっちの組み立てこっちの組み立てと
組み立ての順序に一貫性が無く、欲しいマニュアルを探すのに時間が掛かる
7cmですからねぇ

IMG_0530

とりあえず一つの箱に入って来た 山盛りです

IMG_0531


これではパーツ探すのが大変ななので
まずは 分類からスタートする


IMG_0533

こんな風に分けました
タイヤホイール
サスペンション
RCメカ
ボディーパーツ
シャーシーパーツ
エンジンパーツ
少しの工具類
組み立て中にパーツ入れるパーツボックス
など
明日から組み立てスタートの予定



県展

高知県立美術館で開催中の県展を見てきました
前期と後期の2回に分けての開催のようで、今回は前期
グラフィックデザイン、洋画、日本画 の3部門
私には理解出来ない作品が多かったのですが
それは良く見ると 「無鑑査」の作品でした

これはイイと思った作品4点

一番最初に目に止まったのが コレ
題名はたしか 「扉」だったかな?

IMG_0518

結構大きな作品なんですが サビた鉄板、朽ちた木材、ぶら下がっているヒモ
すごく細かく書き込まれていて 長時間見入ってしまいました。
なんで手前の草が白なんだろうと考えていましたが
白じゃ無ければこれほどのインパクトは無かったと思います
コレ 特選 でした

次はコレ

IMG_0519

すごく立体感があります
写真のボケのような背景で女性が浮き上がっていますね

次はコレ
IMG_0520

雄大です
この雲 どうやって描くのでしょう 不思議

最後はコレ
IMG_0522

藪のようですが この複雑な中に 奥行きがすごく有り
近くに寄って見入ってしまいました

一部アップすると
IMG_0521

IMG_0523

よくここまで書き込めるなと 関心します

ちなみに 会場には写真撮影可 とありました

お暇な方 是非見に行ってください
前期は10月2日までです




ボルボ アイアンナイト

こちら RCカー


0000000091692_GtHOHUW

こちら 実車

ボルボ アイアンナイト

 今まで架空のボディーだと思っていいましたが
 実車があるんですねぇ

排気量 13000cc
2400馬力


ヨコモのNEWドリフトカー MD1.0

マスタードリフト MD1
9月末発売予定の新製品 定価99000円(外税)

カーボン製で吊り下げ式のロアーアーム
固定方法の変わった ダンパーステーやリヤーポストステー
下からアクセスするデフ
カーボンを沢山使ったシャーシー構成パーツ

mdr-010_01

mdr-010_02


mdr-010_03


mdr-010_04




mdr-010_05
mdr-010_06


mdr-010_07


mdr-010_08


mdr-010_09


mdr-010_10


mdr-010_11


mdr-010_12


mdr-010_13


mdr-010_14


mdr-010_15


mdr-010_16


mdr-010_17




ヨコモの新製品 GT1

A4_GT1
以前にも似た企画があり 大変期待したのですが
意外と流行りませんでした
川田模型にも似た企画があります
今回は是非 流行って欲しい

メリットは部品点数が少なく整備が楽
一回り小さいので 狭い場所でも走行出来る
Mシャーシー用のタイヤホイールが使えるので 手持ちの消耗品が生きる
ボディーの選択が良く 出来が良い
この企画ならドリフトサーキットでも走れそう

GT is back




浴室の鏡の交換

近年浴室の鏡が汚くなり気になっていましたが
ユニットバスのメーカーが無くなっており 純正品が手に入らない
でもネットで 鏡のサイズオーダーが出来る事を知り早速買って見ました

IMG_0480

こんな感じで 厳重な梱包で届きました

IMG_0483

このようにガラス裏の反射素材が腐食しています
この反射素材は金属製なので 湿度によりサビが出るようです

まずはこの汚い鏡を取り外す必要があります
両面テープで固定されているらしいので
細いピアノ線を使って両面テープを切り裂きます

IMG_0486


IMG_0488 (1)

いきなり手で持つと怪我しそうなので 木片に巻きつけして持ちやすくします

IMG_0490

いきなり外れて倒れてくると困るので 上の方をベルトで保護

ピアノ線ツールが下 3分の1ぐらいまで進んだところ

これが結構大変でした 両面テープがネバって なかなか切れない

IMG_0491


やっと外れたところがコレ

鏡が凹んだ部分に固定されているので

ピアノ線が切れてしまいそうでしたが

なんとか成功

両面テープの残りが見れます

ベースが6ケ所ありますが 4ケ所しか貼られていませんでした

IMG_0493 (1)

クリーニング 後

写真撮るのが抜かりましたが この四角い出っ張り部分に両面テープを貼ります

IMG_0494 (1)


これで完成

見違えるような 美しさ

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

daytona7com

QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
楽天市場
  • ライブドアブログ