元三鷹市議増田仁市政・議会説明ネット

三鷹市議,地域課題を解決する会 幹事長。普通の家庭に生まれ三鷹在住28年、不正は許さないを信念に、利権組織等支援を受けず政党人の前に議会人として、市議会で日々働きます。社会人目線原点、政治や慣例に染まらぬ視点を持ち続けます。

参院選の期日前投票を済ませました。

全国比例は、三鷹市議選でご支援いただいた、中田宏さんを記名で1票。
ぜひ国政に戻って、横浜市で実施した改革を国政でも施策に盛り込んでいただきたいと考えます。
https://www.nakada.net/
「行政の改革が必要と考える方は、ぜひ中田宏さん1択で」

東京選挙区は定数6名、三鷹市政、都政、国政での活動が当方とどれだけ合致するかで判断しました。
全員は判断できませんので、
まず各種報道で死票にならない可能性の高い候補7-8名から、
今期の公約や過去含めて政策の実現性や具体性や一貫性、
ヤジ多い、
議会居眠り、
活動家違法行為黙認など、
消去法で党や候補者を消去し、残った方は2名

パフォーマンスではなく、国政のお目付け役になりそうな方で確定。

先日、無事6月議会が終了しました。
今後議会だよりが届くと思いますが、今回の議会で賛否が分かれた議案について、主なものは以下でした。

会議の結果(令和元年第2回定例会)
令和元年6月28日分採決結果一覧(速報版)
http://www.gikai.city.mitaka.tokyo.jp/activity/pdf/20190628giantou_saiketu.pdf

・三鷹市組織条例の一部を改正する条例
組織の一部再編で、問題の指摘があったものの、変更自体は問題がないと考えます。外環道や再開発のあり方について意見があったものの、それと職員配置はリンクせず、民間でよくある、プロジェクト単位での設置とも考えられます。
その後の事業や予算の動きに問題があれば、指摘をするのが良いと考えます。
増田なら賛成です


・三鷹市下水道条例の一部を改正する条例
消費税増税を予定とした、料金の改正となります。増税の賛否は別にして、仮に議案を通さず料金の算定を据え置くと、増税分は市が負担しなければならず、反対したくとも実態は難しいところがあるというものです。
増田なら賛成です


・令和元年度三鷹市一般会計補正予算(第1号)
市役所の建替えについて、今までの経緯を踏まえた当初予算の基本構想策定費用を減額するのは問題という指摘、逆に評価というそれぞれ会派の判断が分かれました。
さらに、建替え撤回を求めたがしないこと、協定の撤回をしないことを問題とする意見もありました。

今後、既存の構想を進めるのではなく、より良い市役所、財政負担減にしていく方向であると考え、問題はないと思います。民間連携や、様々な活用を考えれば、選挙まで既定路線だった、市が借金多々前提での整備から変わるだけでも、ずいぶん進歩です。

もっといろいろな分野で補正予算化をしてほしい!という要望は多々あると考えますが、当選後短期間であり、さらに先日予算の入りの部分で指摘したように、国や都からの財源が多く、市独自の財源がさほど多くはない以上、次年度に期待というところでしょうか。
増田なら賛成です

そのほか、気になった議案としては、全議員賛成でしたが、
工事の契約が3件あり、これらは妥当なものか情報が不足しています。
おそらくは全員賛成なので、問題が見つからなかったと推測しますが、市民が問題ないよねと判断できる資料は、あらかじめインターネット上に提示しておくほうが良いと思いました。

三鷹市議会では、新市長の提案した補正予算について、特別委員会が2日間開かれ、賛成で本会議に報告されるそうです。

歳出についてはいったん置いておくとして、歳入から見ても、抑制的なスタート、堅実なところだと思います。

収入に該当する、歳入では
・国からの地方特例交付金、
・国庫からの支出金、
・都からの支出金
これらが6割となり、裁量の余地が大きい、独自事業多々の作りにしなかったのが見えます。

その他4割は
・すでに売却が予定されていた、土地の財産収入、
・基金の一部取り崩し、
・予定されていた三鷹台や丸池の工事の市債です。
これらも、単独で支出に行くものよりも
前段の6割の部分で、市の負担に合わせてというところが多いです。

一気に新規事業に向けた多額をということはなく、来年度に向けて、逐次準備という流れが見えてきます。賛否についての議会議論はまだネット上で公開されていないので不明ですが、随時確認したいと思います。

6/14金曜、三鷹市の新市長による補正予算概要が広報で市内に配布されました。
詳細は三鷹市のwebに予算書含め出ているので確認できます。

市庁舎については、文章内に
資産を活用した事業手法の検討、
という記載があります。
さらに、あえてだと思いますが、
三鷹郵便局
これについて触れないものとなっています。

三鷹郵便局も、来年再来年建て替えねばならないものではないものの、対応が必要なわけであり、ここについての連携や検討も事業手法ということで、様々な可能性の一つになるのだと思います。

劣化診断を行い、市庁舎は大規模修繕必須か、減築か、小規模な建て替えか、また別のものか。
事業の枠組みを再調整
という表現は、多くの市議会議員が納得するものでは、と考えます。

廃止条例がすでに通ってしまっている特別養護老人ホームどんぐり山も
仕組みを検討。
ということで、市が直営で多額の税金投入というものではない手法もあり得るので、どういったものになるか注目したいと思います。

http://www.city.mitaka.tokyo.jp/koho/kohotop.html

6/8土曜、昼前から法政大学校友会東京都校友会三鷹支部の総会を実施しました。
幹事長として皆さんと準備を行い、無事議案了承含め、完了できました。今年度から来年度にかけ、イベントも増え、新規参加の方々も加わり、良い会でした。

今後の生活安定に向け、収入アップの工夫など、参考なる情報も色々いただき、大変助かりました。

午後から日本会議調布支部の総会があり、総会の司会を担当しました。
近隣市を含め政治家の皆さんも来賓で参加いただき、講演会も含め席がほぼ埋まり、盛会でした。

三鷹市議会臨時会が終了したとのことで、空席になっていた副市長が議決を経て1名確定しました。
他自治体では職務代理として対応することもあり、本日関東圏で地震もありましたが、まずは緊急時の備えができたといえます。

議会内の人事も、聞こえてくる限りでは、議会制度に沿った流れで、議長副議長監査委員三役他、各委員会所属も確定したそうです。

6月の定例会にどのような議案が出てくるのか、市長の議会前プレスリリース含め、確認します。

規則正しい生活で、肥満度1から脱却したのが先週。今週やっと12年前、30歳頃の体重にまで減ってきました。

議員現職の時、体脂肪率は40代の平均を超過していましたが、数値が落ちてなんとか20%まであと少し、筋肉率は標準よりやや多いをキープできています。健康的な日々です。

三鷹市議会議員選挙落選後、多くの方から電話やメール、SNSなどで再応援の連絡をいただき感謝です。これだけ多くの方から支援いただいていたのに、議席につなげる努力が足りなかった、次を目標に再チャレンジです。

かなりの方から、もっと必死で声掛けすればよかった、広めればよかったといってもらえ、恐縮するばかりです。より多く伝わる素材で伝え、いわゆる安泰説を吹き飛ばすよう、こちらがまず頑張らねばなりません。

現在いただくような身分ではないにもかかわらず、あきらめず頑張ってと、週末にお花までいただき本当に感謝です。応援いただいていることを忘れず、頑張ります。
DSC_0330

昨日新聞報道、自民系会派が二つになった模様だと記事になっていました。
市長選や内部実務の関連でという言及があったものの、他自治体の保守系の方々と交流があり、議会構成等、様々状況を見ている当方としては、特段分割に問題はなく、むしろ市の発展に良い効果があるとみています。

一つにまとまっていると、ブルドーザー的動きをするものの、内部での意見調整が多く、動きや提案自体遅くなります。他方、2つに分かれれば、保守的な指摘や改善が2方向から競うように多々出るようになり、行政側としては対応が増える、つまり良い方向に進むことが増えるといえます。

他自治体の例によれば、都政や国政について反駁することはまずない(それやったらもはや自民系ではない)内部競争なので、その範囲で他党会派との連携も増えるだろう等、議会の動きの活発化を期待します。

三鷹市議会議員選挙の供託金返還手続きの案内が届いたので、朝8時半に選挙管理委員会ㇸ行き、書類を受領、その足で法務局府中支局へ移動して手続きを済ませました。午前早い時間は仕事のやり取りも少ないため、ついでに銀行で一部振り込みなど業務を済ませてから、戻り仕事再開です。

↑このページのトップヘ