明日6/11月曜、三鷹市議会で行政サービスの目的は達成できているか質問を実施予定(30分前後)です。前の質問者が終わり次第となります。

三鷹市役所にお越しいただいて傍聴、webストリーミングでの傍聴が可能です。

行政サービスの目的は達成できているか。
(1)SUBARU総合スポーツセンターの利用環境
ア 利用拒否
スポーツ施設の関連法令では、住民福祉増進を目的とする施設は、正当な理由がない限り、住民の施設利用を拒んではならず、不当な差別的取扱いは厳禁です。

しかし、プールで幼児は保護者付添1名につき幼児1名までと注意事項にあり、子供二人連れで入れない問題が起きたそうです。武蔵野市や調布市では高校生相当以上の責任者1人につき未就学児2人までOKで、三鷹は過剰な制限です。

問1
制限は行政サービスとして適切でしょうか? 事なかれが優先されており、指定管理者の実務能力に問題はないのか、お伺いします。

イ 無法地帯
他方、トレーニング室利用には規則がないという指摘もありました。金曜の夕方、混雑する時間帯の問題が多々で、他の利用者やスタッフを大声で恫喝する者、長時間マシンを占拠する者、荷物での場所取りへの注意ができておらず、無法地帯だそうです。

武蔵野の森総合スポーツプラザでは、管理者がマシンは譲り合うこと、休憩時は他者に譲り場所取りを禁止、マシン占有は最大30分と決め指導しています。

他の自治体でも、利用ルール事前提示と遵守の徹底、複数機器同時確保など迷惑行為禁止、再三の注意に従わない場合は退場、以後使用お断りや利用制限など定めます。三鷹の状況は指定管理者業務の怠慢と見られかねません。

問2
利用ルールが属人的にならないよう、マニュアルを整備し公表する意思があるのか。また、今後問題発生時に人員配置含めどう対応し、改善を図り、多くの方に不快なく利用いただくか、お伺いします。

(2)情報システム障害
先日の総務委員会で、市の情報システムで不具合が2件報告されました。誤った記載の公的証明書が発行される件と、データ不具合により公的証明書の自動交付機発行が停止される件という、公的個人情報の信頼性を損なう、重大事案です。証明書の自動交付機を止め、窓口対応とした件も、時間外で取得できなかったと指摘がありました。
 
 近年人為ミスを含め、システムの欠陥、バグによる社会問題が多発し、大きな懸念となっています。システム更新は人手による修正であり、ミスは起こる前提での回避策が必要です。業務委託企業の下での協力会社要員といった、社員の習熟濃淡や労働環境は発注元が把握できず、ミスを誘発しやすい構造への対処がないことも理由に挙げられます。

今回の欠陥は修正がなされ、要した市側損失への対応も受けられるようですが、損失時間は戻りません。実害を防ぐには、実費金銭補償では抑止力にならず、契約自体の見直しが必要です。信頼できる業者の選定は、システム利用の所管部門の責任ではなく、情報施策の責任部署、大元は市長の政策判断です。

米国大手Facebookは個人情報の不適正な利用で集団訴訟になり、金額の巨額さに加え、事件公表による損失、サービスへの懸念が広がり、不具合の修正が一気になされました。これは外部公表で責任の分散が許されなくなり、更なる大ダメージを避けるためとも言われます。

問3
委託時のサービス提供要件はSLA以前に賠償責任保険加入、長時間労働、人員の技術レベル保持や要員異動など変動不可要件を満たさねば委託を許さない契約で、ミスを防ぐべきではないか、お伺いします。

問4
バグや、事業者側で過労死など報道に出るような問題発生の際は事業者名公表を契約に明記し、契約解除と後継業者への引継ぎ時に市が要した費用の負担の可能性も契約に定め、委託先にサービス提供に関する瑕疵への強い緊張感を持たせる必要はないか、お伺いします。

(3)防犯情報取得と展開強化
ア 近隣自治体での事件情報取得と発信
5月25日金曜午前7時半ごろ、武蔵野市吉祥寺東町2丁目付近で、刃物傷害事件が発生しました。黒色バイクで南方向へ逃走、似た者を見かけた際には、110番通報という情報が武蔵野市のtwitterやwebで流れました。

 現場から車両で南へ逃走すると、道路の行先は下連雀、井の頭、牟礼地区です。しかし、情報は三鷹市で共有されませんでした。三鷹警察からの情報がなかったのは理由になりません。犯罪に行政の境は関係なく、むしろこういった情報断絶を悪用する輩もいます。運よく連続傷害事件にならなかっただけで、重大事件につながりかねなかったリスクが無視されています。

事後確認したところ、児童の保護者からも確認があったものの、保育園や小中学校に情報展開はなく、登下校の危険性は放置されました。自分もこの情報取得は市ではなく、たまたま同日9時過ぎ、下連雀のコンビニオーナーさんと会話時、さっき傷害事件が発生したのは知っているか、情報展開がないのは問題だ、という指摘が経緯です。

隣接自治体で何か起こっても、情報がなければ誰も警戒できず、市民は不安になります。警戒できれば、事件や犯罪に巻き込まれるリスクは下げられます。

問5
隣接自治体の防犯情報について、被害にあうリスクを下げるためSNS等含めフォローしておき、情報をメール展開するべきではないでしょうか? また、他の議員からも活用を求められる市のtwitterについて、市民向けの即時情報展開に用いるべきではと考えますが、ご所見をお伺いします。

調布市、狛江市、世田谷区、川崎市では、重大な犯罪事件に係る相互情報提供協定が結ばれています。越境リスクについて、自治体間で連携した対応を要する犯罪への認識があり、情報共有と市民への適切な情報提供等につながっています。
問6
相互情報提供協定を近隣自治体と結び、情報連絡責任者を設ける必要があると考えますが、ご所見をお伺いします。

イ 協定団体による悪質業者排除
先月末、市議会各会派の方々が集まり、三鷹市住宅リフォームセンターの皆さんからお話を伺う機会がありました、専門家団体として、住宅に関わる増改築・修繕等について、無料相談から、有料実務まで、様々対応いただいておりました。

 意見交換の中で、現在社会福祉協議会や地域包括支援センターとの連携がなくなっているとわかりました。福祉用具を含めた介護保険の住宅改修費支給の際、保険対象外は施工されません。リフォームについて、だまされて悪質商法や割高な工事が横行し被害が拡大する中で、適切な助言や提案は、物件所有者や家族にとってとても助かります。

問7
健康福祉部は都市整備部と連携し、悪質業者排除と市民の住環境をよくするため、社会福祉協議会や地域包括支援センター、市内事業所のケアマネジャーや福祉用具事業者に住宅リフォームにかかる相談制度の周知を図り、活用できるようにしてはいかがでしょうか。

傍聴について
三鷹市議会へお越しいただければ幸いです。
※時間は他党の質問者の時間によるので、前後する可能性があります。
三鷹市議会 三鷹市野崎一丁目1番1号 TEL0422-44-0249

バス 三鷹市役所前下車
JR三鷹駅 【鷹54】仙川/晃華学園東 【鷹66】調布駅北口
JR吉祥寺駅【吉06/吉14】調布駅北口【境92】武蔵境駅南口
JR武蔵境駅【吉01】吉祥寺駅中央口
京王線調布駅【吉06/吉14】吉祥寺駅中央口【鷹66】三鷹駅
京王線仙川駅【鷹54】三鷹駅

webの本会議生中継の確認はこちらのリンクとなります。
http://www.gikai.city.mitaka.tokyo.jp/live/live.html
後日確認の際は、こちらから確認することができます。
http://www.gikai.city.mitaka.tokyo.jp/live/index.html