6/11月曜、三鷹市議会の一般質問2日目。19時過ぎに質問順番が回ってきました。

スポーツセンタープール、他市でできているのにもかかわらず、保護者と未就学児二人は管理上NGのゼロ回答。じゃあ下の子一時保育で預かれるのかといえばプラザ内一時保育の拡大は土日含め予定なし。2人利用要望は無いのではなく、みなあきらめて使わないだけ。

トレーニングルームも無秩序にならぬよう管理できているというが、実際は苦情が届き、混雑時の対応強化はゼロ。前例踏襲で事なかれ横行。

SUBARU総合スポーツセンターと元気創造プラザは260億円。その費用でこの程度のものしか提供できていないのは、明らかにおかしく、他市よりもかなりサービスレベルが低いといわざるを得ません。できることなのにやらない理由を探す姿勢は、改めねばならないと思います。

武蔵野市で起きた傷害事件の三鷹市のtwitter通知も、情報の正確性を理由に特に対応なしのゼロ回答。ならばと、武蔵野市で情報が出たら、武蔵野警察署に確認するべきだと指摘を再度しておきました。事件が拡大してしまってからでは遅く、その責任は他の市議からも再三指摘されているにもかかわらず怠った、三鷹市が負うことになります。

稀に改革というところは、
情報システム障害について、対応をさらに強化するという回答が出たこと。
悪質リフォームなどをなくすため、ご高齢の方が大半関わる福祉制度や介護保険制度にあわせ、市内の有識者や事業者で構成される、三鷹市住宅リフォームセンターを活用して問題回避を図る改善は回答がありました。