災難は突然起きるもの。火曜日中都内に出ていた際、右足に違和感。なんと使い始めて1か月程度の本革革靴、靴底がつま先を残しはがれてしまいました。ネット情報で接着剤修理が可能とのことですが、ひもの部分は裂けており、接着面も古い接着剤がジェル状に残り、接着剤が機能せず、修復できず。

結局、移動しやすいところにあった東京靴流通センターで合皮の革靴を購入し、本革のものはなくなく処分。靴を酷使する仕事なので、合皮で安いものを、傷みとともに適時交換のほうがよさそうです。