三鷹市役所は横浜市役所高層155mビルと同じ単価?
8/8水曜、市庁舎建替え検討特別委員会に委員外議員で出席し、いくつか指摘をしました。

・市庁舎建替えの概算事業費や、利用レイアウトの報告があり、フロアレイアウトはもっと民間事業者複数から話を得て、適切な規模を精査しておくべき。

・レイアウトの集計値が、概算事業費の数値と合っていないので、明細を示しさないと、混乱すること。

・会議室が利用率高く、現状の約20室から増えるのは理解するものの、24名が10室、12名が10室その他となると、竣工時870名の職員想定で、満室利用ならかなりの職員が執務フロアからいなくなることになります。過剰スペックではないか、規模の確認や、議会の会議室を利用するなど、削減を指摘しました。

今回念入りに質問したのは、建設事業費で、
概算事業費が
「178億円〜211億円(税込)」
「平米単価49万〜52万円」
と、かなり高く設定されています。

金額概要の内訳を聞いたものの、総額の金額を出していながら、建物本体、外溝工事、その他明細が無く、概算が何に基づくのかが明確ではありませんでした。よくわからない。
企業にヒアリングしたというものの、社名はいえないということで、やはりよくわからない。

本体建設工事部分、平米単価50万円前後の概算ということで、
高規格の分譲マンション比較で、三鷹市役所5〜6F想定で、平米単価鉄骨20万円台、鉄筋30〜40万円台と比較し、割高な理由が免震以外なく、理由が明らかになりません。
まず、民間建築物より高いのは、それなりの理由が必要です。

他自治体の事例(コンストラクションマネジメント:民間事業者ノウハウが入っているもの)
これと比較してもやはり高いのです。
清瀬市、総額50.8億円程度、約10,000平方メートル(未着工)
https://www.city.kiyose.lg.jp/s008/010/010/060/20141016155012.html

米原市、総事業費約49.2億円(税込)約10,000平方メートル(未着工)
http://www.city.maibara.lg.jp/material/files/group/2/74988150.pdf

米沢市、約51.7億円(税込)(付属設備他総額約68 .9億円)10,500平方メートル(未着工)
プロポーザルで、約40億円での応札複数あり。
http://www.city.yonezawa.yamagata.jp/2826.html

新城市、約40億円、7035平方メートル(今年度竣工)
住民投票で(本体工事費30億円以内。その他費用10億円に縮減した事例)
http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/6,45887,c,html/45887/20160315-163129.pdf
http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/6,45676,161,832,html

善通寺市、総額約 40.0億円(外溝他含む税込8%)、約 7,500平方メートル(未着工)
https://www.city.zentsuji.kagawa.jp/uploaded/attachment/6296.pdf
三鷹市は、これら自治体の単価と比べ、高い理由を明示する必要があります。

表題の高層ビル、横浜市役所の件ですが、
横浜市は新庁舎を「現在」建設中です。委員会質問では調査資料から平米単価40万円と聞いたものの、委員会後再確認した着工時の最終資料では、平米単価52万円に見直しとあり、三鷹市とほぼ同程度。
ただし、横浜市役所新庁舎と単価が同じなのはきわめて疑問です。

横浜市役所の完成予想図。これですから。
横浜新市役所
地下2階 地上32階 塔屋2階 高さ約155m!

契約金額約679億円(税込)+30億円、約143,450平方メートル(契約での平米単価約49万2千円)
標高3.1メートル、海沿いリスクを踏まえた深い基礎工事、中間層免震構造+制振構造でこの単価です。

高層建築、高単価の説明概要:
高い構造性能を有する中間免震に加え制振装置を配置したハイブリッド免震を採用することにより、万一の大災害時における建物の損傷防止に加え、什器の転倒を防止します。さらに、主要な設備機器を津波による浸水の恐れのない高さ(4 階)に設置するとともに、7日間使用できる非常用電源と飲料水・トイレ洗浄水を確保することで、災害時にも市庁舎機能を維持し、業務を継続できます。
http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kanri/newtyosya/image/kihonsekkeihoukokusho-gaiyou.pdf
http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kanri/newtyosya/kensetu-info/image/times01.pdf
http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kanri/newtyosya/kensetu-info/image/times02.pdf
これと同スペック、同単価の三鷹市庁舎ということでしょうか・・・。

この先、三鷹市はコンストラクションマネジメント方式採用を検討するそうですが、今すぐ入れ、コスト縮減を先行させるべきではないでしょうか。委託費用は1億〜2億円かかるものですが、総額を他自治体並みに何十億円と抑えることができればいいだけです。

どう安く抑えるか、今後も指摘を続けます。