任意の正の整数nが偶数なら2で割る、奇数なら3を掛けて1を加える。これを繰り返すと必ず1になりそうだ、というものです。「なりそうだ」というのは経験的にわかっているのであって、全ての正の整数nで必ず1になるとは証明されていません。計算を繰り返しているうちにまた ... もっと読む