お久しぶりです。オータムです。1年以上ぶりの記事です。
管理人2人とも忙しかったりなんだりでほぼハンターハンター化しているこのブログですが、バトルオブカオスの新規入りのデッキが面白い&個人的な構築アイデアのヒットだったため、久々にデッキレシピについて語りたいと思います。
 これがブラックマジシャンデッキ令和最新版じゃい!

Screenshot_20211028-025704
Screenshot_20211028-025724

メインデッキ 43枚
守護神官マハード 1
ブラック・マジシャン 3
ブラック・マジシャンガール 1
マジシャンズ・ロッド 3
マジシャンズ・ソウルズ 3
灰流うらら 3
増殖するG 3
ダッシュガイ 1
ディバインガイ 1
破壊剣ドラゴンバスターブレード 1
イリュージョンオブカオス 3
合体竜ティマイオス 1
黒魔術の秘儀 2
黒の魔導陣 3
イリュージョン・マジック 1
魂のしもべ 3
黒・魔・導 1
マジシャンズ・サルベーション 3
儀式の準備 3
フュージョン・デステニー 1
永遠の魂 2

エクストラデッキ
竜騎士ブラック・マジシャン
超魔導士ブラック・マジシャンズ
デストロイ・フェニックスガイ
ヴェルテ・アナコンダ
I:Pマスカレーナ
アストラム
リンクスパイダー×2
アルテミス
スターシップ・ギャラクシートマホーク
ユニオン・キャリアー
アポロウーサ
マスターオブカオス
ミュステリオンの竜冠
ガーディアン・キマイラ

展開について。
今回の構築は先行をとれた際の制圧盤面を強固にするためにランク7(トマホーク)展開を取り入れたのが最大の特徴です。後攻はあきらめろ。
一般的なブラマジデッキは陣+永遠の魂による相手ターンに1除外の動きが特徴ですが、必要枚数が多い上に陣の発動により除外までにワンテンポ遅れたり、陣が割られたりという弱点が多く、11期現在では主軸にするには弱い点が多いです。なので、陣+永遠の魂に頼らずに相手ターンをしのぐ方向で考えてみました。

必要札
マジシャンズソウルズ+魂のしもべ(マジシャンズ・ロッド)
①ソウルズ効果でブラマジをSS
②魂のしもべでマハードをトップに。場にブラマジがいるので墓地効果で除外し、1ドロー。
③マハード効果で自身をSS。場にブラマジとマハードがそろう。
④2体でトマホークをX召喚。効果でトークン五体生成。
⑤トマホークとトークン1体でマスカレーナ、トークン2体でユニオンキャリアーをリンク召喚。
⑥トークンをリンクスパイダーに2体変換し、アナコンダをリンク召喚。(ロッドを召喚している場合はリンクスパイダー1体とロッドでアナコンダをリンク召喚)
⑦アナコンダ効果でフュージョン・デステニーを発動。ダッシュガイとディバインガイでデスフェニを融合召喚。
⑧アナコンダかデスフェニにユニオンキャリアーの効果でドラゴンバスターブレード装備

DSC_0168

最終盤面です。邪悪だ・・・。ブラマジどこ?
相手ターンでマスカレーナとユニオンキャリアーからアストラムか2体素材ウーサを出していきます。
アストラムなら相手の攻撃を制限+高打点耐性持ちでビートダウン、ウーサなら2妨害をデスフェニでバックアップできます。さらに、ドラゴンバスターブレードでエクストラを封じているので一般的な展開系デッキはほぼ封殺できますね。なお、ドラバスはアナコンダに着けたほうが封殺モンスターを分散できるのでお勧めです。また、当たり前の話ですがライトニングストームを警戒するならデスフェニは守備表示にするのがいいですね。

今まではソウルズのサーチが利かなかったため、必要札の要求値が高すぎるきらいがあったのですが、イリュージョン・オブ・カオスがソウルズとロッドの足りないほうをサーチできるので、格段に成功率が上昇しました。
 また、この展開の良い点として、夢幻泡影、ヴェーラーのもらいどころが①ロッド召喚、②トマホークの2点ありますが、どちらかに打たれても(ロッド召喚なら)最悪でもアナコンダデスフェニまではいけるところがあります。代わりにGに弱くなるので、墓穴2枚くらいはサルベーションなどを削って入れるといいかもしれません。ニビルはあきらめよう。
ブラマジデッキは事故札が多く、どうしてもメインの枚数が膨れがちになるのですが、今回はデスフェニセット、ドラバスのために4枚の枠を割いています。しかし、これはデッキパワーを上げるためには最低限必要な枠であり、イリュージョンオブカオスで自己札をデッキに戻せるようになったことからも無理に40枚に収める必要はないと考えています。

採用カードについて
・マハード
 ランク7セットの立役者。貴重な光属性でもあり、マスターオブカオスの効果のコストになったり、魂のしもべのドロー効果の枚数を+1枚してくれたりもするので初手にさえ来なければ優秀な一枚。
小技でいうと、アナコンダで相手の高打点持ちを闇にして5000打点で突破を図ったり、キャリアーから装備してデスフェニで割るとブラマジが出てきたりもします。使う機会は少ないですが。

・ブラマジガール
 ほぼブラックマジシャンズの破壊時効果のために入っています。事故札ではありますが、融合の受けがあったり、しもべドローの枚数を足してくれる利点もあり、抜くのは惜しい点が多いです。かわいいしな!また、新規のサルベーションから出てきて打点プラスやリンクになったりと地味ながらいい働きをします。

・ロッド
 このデッキ屈指のパワーカード。とにかくサーチしたいものが多い!魂のしもべを経由して欲しいものを持ってくると、マハードやガールなどが墓地にいることでドローが付いてくることが多いので忘れないようにしましょう。

・イリュージョンオブカオス
DSC_0169

 新規1。長期的なサーチの安定に寄与し、儀式の準備もフル投入で入れる価値があるほどです。とにかく毎ターン欲しいものを供給してくれるのは素晴らしい。(いらないカードをデッキに戻してくれるのも精神安定につながります)儀式召喚もできますが、打点も低く、効果自体も無理に狙うほど強いカウンターではないです。魔法罠もケアしてくれるなら出す価値もあったんですがね。

・合体竜ティマイオス
DSC_0170

 新規2。消費はでかいですが、融合効果を持つドラゴン族という竜騎士を立てるのに待望の存在であり、2800打点も頼れる存在です。また、緊急避難的にアナコンダを作ったりもするので引いていたらちゃんとうれしい一枚。とはいえイリュージョンオブカオスからのサーチはロッドかソウルズを優先することが多く、1枚か2枚が適当な枚数でしょう。個人的には2枚あってもいいと思っています。

・デスフェニセット
 今はやりの出張で、ブラマジではぶっちゃけ入れなきゃ損です。2体モンスターが並ぶだけでフリチェ破壊持ちが出るので、相手ターンの妨害に大いに貢献します。永遠の魂の自壊に巻き込まれてもまた出てこれるし、ブラックマジシャンズを割って効果を発動させたりとシナジーもあります。あと、手札に来ちゃったガイ達はイリュージョンオブカオスで戻せます。ドラグーン同様いつぶち込まれるかわからないので今のうちに使っておきましょう!

・ドラゴンバスターブレード
 ランク7展開専用の封殺札ですが、ドラゴン族かつ下級なので竜騎士の素材になったり緊急避難的にソウルズなどとアナコンダを作れたりと手札に来ても腐りにくいです。

・魂のしもべ
 パワーカードです。ランク7展開にも必要ですが、その真価は中盤戦以降に発揮され、トップ操作に墓地効果で2~3ドローが付いてきます。す、すげえ・・・。消耗戦ではこれでアド差をつけて勝てるのがブラマジの強みです。

・マジシャンズサルベーション
 永遠の魂のセットが主な効果で、ブラマジガールも並ぶよ!というおまけつき。ですが大体はソウルズかティマイオスのコストになります。1枚が2枚になるので強いことは強いですが、先行展開にはなんら寄与しないので2枚墓穴に変えてもいいかも。というか変えるならここです。

エクストラについて
・秘儀から出せる融合体は竜騎士ブラックマジシャン、超魔導士ブラックマジシャンズ、マスターオブカオス、ミュステリオン、ガーディアンキマイラの5体を選択しました。
 竜騎士は陣+永遠の魂を強固にできますが、最近は対象をとらない墓地送りなどが横行しているので過信は禁物です。アーゼウスなんかには全てを終わらせられるので注意。
 マジシャンズは長く場にいればいるほどアドを取ってくれ、死んでも師弟を出して戦線を維持してくれます。何よりも出しやすいのがいいっすね。
DSC_0171

 新規3のマスターオブカオスはフィニッシャーとしての能力が非常に高く、ブラマジで従来できなかった対象を取らない全除外が打てます。これはいままでひ弱な除去しかなかったブラマジデッキでは革新的で、コストの重さも1体分は自前の蘇生効果で賄えるので見た目ほど重くはないです。また、秘儀でバトルフェイズ中に出すと少なくとも自分+ブラマジで5500打点を追加してくれるため、普通にワンキルとかも出来たりします。③効果はおまけですが、あって困るものではないですし、総合的に世間の評価よりも強いカードだと思いますね。
 ミュステリオンは何故か自分にデバフをかけるおっちょこちょいなカードですが、モンスターカードによる展開にめっぽう強い効果を持っています。自分の友人が使うデッキではイビルツイン、マドルチェ、相剣、ハンプティダンプティなどにすごく効きます。また、イリュージョンからティマイオスをサーチするだけで素材が揃うのが魅力です。
 ガーディアンキマイラは速攻魔法で出てくると疑似フリチェ破壊になります。以上!
 下2体は自由枠だと思います。

その他エクストラへの採用を検討したもの
・イムドゥーク・・ブラマジから変換用として。竜騎士やミュステリオンの素材になれるが、そんなに素材にする機会が多くないこと、ランク7展開のためにすでにリンスパ2体がいるため変換用の枠は十分なことから不採用。
・セレーネアクセスセット・・・切り返し用として優秀だが、リンク4はランク7用に2枠取っており重く感じたのと、そんなに出す機会がないことから不採用に。場に3体並ぶ状況ならロッドから秘儀サーチでマスターオブカオスなりを出す余裕も大抵はある。
・幻想の黒魔導士
 ミュステリオンを試すために抜けた枠。キル能力は高いが、レベル7がブラマジかマハードしかおらず、結局打点は変わっていない。除去一枚に意味を見出せる状況では強いカード。あとこれを入れるとアーゼウスが入れたくなっちゃうが致命的にブラマジと相性が悪いぞ!

・竜騎士ブラマジガール、呪符竜
 いずれも出す場面が限定的過ぎて抜けた。ブラマジガールの方は出れば強いがデスフェニの方が強いし簡単に出るという無情。呪符竜はウィッチクラフト相手に出して気持ちよくなる妄想の中で大活躍しているのでOKです!


ブラマジデッキは今まで能動的に動くアクションがとりづらかったのですが、新規による融合方面の強化や安定性の向上が大きく、デッキパワーが格段に上がった印象です。9期の時点では自分の1ターン目に出てくることほぼなかったですからね・・・。今回は不採用ですがディメンションマジック大好きマンとしてはコンジュラー君もいずれ使いたいですね。③ ブラックマジシャン のテキストがあればピン差ししたのに・・・。

ではまた。次のオリンピックまでには何か書きたいと思います!





お久しぶりです。コロナ死すべし。オータムです!

前回の記事は1月ということで、4か月の間に社会情勢も一変してしまいましたね・・・・。ソーシャルディスタンスによって対面デュエルができない昨今ですが、それはそうとライズオブデュエリストとルール改訂によって強化されたデッキの紹介をするぜ!

images
レッド・デーモンズデッキだぁ!
画像はたまに自販機で見ると買っちゃうやつ。


remonn
メインデッキ
パンクラトプス      1
カグヤ          3
ワイルドワインド     3
黒き森のウィッチ     3
うらら          3
クリエイトリゾネーター  1
うさぎ          2
クリムゾンリゾネーター  3
レッドリゾネーター    2
増殖するG        2
ジェット・シンクロン   1
シンクローンリゾネーター 2
チェーン・リゾネーター  1
ライトニングストーム   2
コール・リゾネーター   3
死者蘇生         1
コズミック・サイクロン  1
墓穴の指名者       3
無限泡影         2
神の通告         1

エクストラデッキ
レッドデーモン・カラミティ        1
スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン  1
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン      1
レッドデーモン・ベリアル         1
レッドデーモン・アビス          2
混沌魔龍カオス・ルーラー         1
レッドデーモンズドラゴンスカーライト   2
レッド・ライジング・ドラゴン       3
ヴァレルロード・ドラゴン         1
サクリファイス・アニマ          1
ハリファイバー              1


最近お気に入りのデッキです。
クリムゾンリゾネーターとスーパーノヴァドラゴンの登場によって制圧盤面を安定して立てられるようになったレモンデッキですが、ライズ・オブデュエリストでさらなる新戦力を得ました。

20200417_31c302
混沌魔龍カオスルーラーだッ!
①効果でS召喚時に5枚めくり光か闇のカードを手札に、残りは墓地に!
②効果でカオスコストを払って蘇生!また死んだら除外ッ! 以上!

 今までは相手の場にモンスターがいない状態でスカーライトなどを立てても全く旨味がなかったのですが、このカードの登場によりうまくいけば手札アドを得つつ、(今回採用している中には光・闇モンスターが合計17枚あるのでまあ一枚くらい当たるでしょう)墓地アドを稼ぐことが出来るようになりました。ワイルドワインドが落ちると美味しい!
 また、蘇生によって盤面を返された後のリカバリーもより容易になりました。
特にクリムゾンリゾネーターとスカーライトは盤面を一掃してしまう関係上相性最悪のため、盤面作成の経由点としてはこちらのほうが圧倒的に優位です。

では具体的な展開ルートです。今回はクリムゾンリゾネーターを絡めたものになります。
①クリムゾンリゾネーター+レベル4クリムゾンからシンクローンとクリエイトを出す
結果:スーパーノヴァor普通ノヴァorルーラー経由カラミティorアビスベリアル+リゾネーター1枚回収
クリムゾン効果でSS、レベル4を出して2体でライジングドラゴンをシンクロ召喚。効果でクリムゾンをつりあげ、デッキからシンクローンとクリエイトをSS。

DSC_0108
これが新生レッドデーモンズデッキの基本形になります。いつもの4人ですね。

r1280x720l
まるでいつも4人一緒の遊戯王セブンスみたいだあ・・・。(この画像は全く関係ないアニメです。)

この盤面から12シンクロを出すとシンクローン効果でリゾネーターを1体回収できます。
カラミティならカオスルーラーを経由し、アドバンテージを稼いでからダブルチューニングできます。
普通のノヴァはスカーライトしか素材に使えないのでアドを稼げません。ていうか趣味で入ってるのであまり深く考えちゃ駄目だぜ!

同様の盤面からアビスベリアルを立てることもできます。
ライジング+クリエイトでアビス、アビスとシンクローンでベリアル、(シンクローンでクリエイト回収)クリエイトかクリムゾンかをリリースし、アビスを出す。
アビスベリアル+好きなリゾネーターを盤面や手札に残せるので、なかなかアドい展開ですね。

②クリムゾン+レベル4→クリムゾンからレベル1リゾネーター2体
結果:カオスルーラーを経由してアビスベリアル

DSC_0109
まずここまでいったらルーラーを出します。その後アビス経由でベリアルをだします。
シンクローンでクリムゾンを回収し、カオスコストでルーラー蘇生、リリースしてアビス。

・・・ですがさすがにカオスコストが重いしルーラーも除外されちゃうのであまりお勧めできねえ!
ベリアルを出した時点で+もう一体モンスターが追加できればベリアルの効果のコストになるため、アビス+ベリアルにできますね。さらにルーラーを出せば総攻撃力が9700になるのでワンキルも狙えます。

③クリムゾン+ウィッチorクリムゾン+ワインド+レベル4→
結果:レベル12シンクロ(カラミティならルーラー経由)+アビス
   orルーラー経由アビスベリアル+ルーラー蘇生可能


ウィッチをシンクロ素材とするとデッキからワイルドワインドをサーチできるため、展開に幅ができます。
前者は①の盤面にワイルドワインドを足して、2体目のライジングを出し、再度クリムゾンを蘇生。
ライジングAとチューナー3体でスーパーノヴァを出し、クリエイトを回収して再度SS、ライジングBとクリエイトでアビス。
もしくはライジングAとクリムゾンでルーラー、ダブルチューニングでカラミティを出し、クリエイトを回収して再度出してライジングBとアビス。

後者は②で書いた動きにワインドを絡めます。

先行で立てるならスパノヴァ+アビスが盤石でしょうね。ライトニングストームを警戒する場合はアビスを守備表示で出すのも一考の価値ありです。相手の盤面はスパノヴァで吹き飛ばせるので。
超融合とか冥王結界波とか禁じられた一滴とかラヴァゴとかはしーらない!


ご覧の通りかなりローコストで強い盤面を作れるようになりました。バイスリゾネーターとかやってた頃が懐かしい・・・。

では採用カードの解説です。
リゾネーターは展開の始動になるレベル2組を計5枚採用。
51scB71t3OL._AC_SY445_
10180
展開にはクリムゾンが絡むと強さが段違いなので3枚です。レッドは従来の型では問答無用で3枚採用でしたが、手札でかぶってもしょうがない+召喚しないと同名サーチができないカグヤと相性が悪いため、減らしてあります。コールリゾネーター3枚を足せばレベル2は8枚体制なので、初期手札5枚の中に含まれている期待値は1になります。つまり各ゲーム平均1枚は手札に来るはずだ!


DSC_0110

※実際に引いたクソみたいな手札の例(先行)
unnamed

あとレッドにしかない利点として、チューナーだらけの手札でハリファイバー経由でヴァレルロードまで無理やりつなげられる点が挙げられます。
他のリゾネ―ターですが、シンクローン2枚、チェーン1枚、クリエイト1枚です。チェーンが入ってないレシピも時々見ますが、光属性であり、ルーラーに対応している点、ライジングから出せ、シンクローン効果で回収できるレベル1という点が大事です。クリムゾンリゾネ―ターと効果が被ってはいますが、召喚権はクリムゾン+ワインドのパターンができたためむしろ回しやすくなりました。
この枠を変えるならミラーリゾネーターと交換かな?

レベル4はクリムゾンとルーラーとの相性を考えた3種。
61ZQHRWhTjL._AC_
715ZkJI8NxL._AC_SL1500_
sr08016
ワイルドワインドは言わずもがな。必須です。
ウィッチはワインドやリゾネーター、G、パンクラを必要に応じてサーチできます。
今回は不採用ですがヴェーラーやニビルもサーチできるため、相手によって使い分けましょう。
カグヤは後続を呼べ、相手次第ですがバウンスも仕掛けられます。打点もそれなりにあるのでチューナーが引けなくてもある程度単騎ビートも可能です。また、バウンスを拒まれても墓穴で墓地の同名カードを除外すれば効果を無効にできることもありますので小技として覚えておきましょう。

レベル4枠は他の候補として終末の騎士+トルドー、Emセット,キャンディナ+トリックスターセット、オヴィラプター+恐竜セット、サイバースガジェット、レッドスプリンター、怪鳥グライフ、トリオンの蟲惑魔などが考えられます。ギルスとかもありかも。
結構この枠はカツいので出張セット採用時はなるべくコンパクトにまとめるのがいいと思います。

汎用枠はうらら墓穴は3、うさぎ、G、泡影、ライスト2、その他もろもろです。
リゾネーターの弱点としてGにすさまじく弱いことが挙げられます。なのでG対策は厚く積みたいですね。
他はうさぎがアビスベリアルで再利用可能で相性良好ですね。あと罠にもすさまじく弱いのでバック割りはそれなりに積みたいとこです。
あとはライジングのつり上げ効果に泡影、墓穴を当てられるとすさまじく弱いです。
抹殺の指名者を入れる枠も作ってもいいかもしれません。


最後にエクストラですが、スカーライトは1枚ダークエンドかえん魔竜などに変えてもいいと思います。ライジングはデッキギミック上ほぼ必ず経由する必要があり、スパノヴァ+アビスとかやった後に再展開が出来なくなる可能性もあるため、3枚あったほうが安心でしょう。
普通ノヴァは趣味なので多分いらないです。経由点としての妖精竜エンシェントとかと入れ替えましょう。
リンクセットはお好みですね。チューナーまみれの時に動けないのが嫌な人は入れておくのがいいと思いますが、シンクロ原理主義者の人とかは3枠も使わなくていいと思います。あとアニマはハリから引っ張ってくると効果を使えないのでリンクリボーでいいっすね・・・。


と、いうわけで11期はじめのレッドデーモンズデッキでした。新カードの追加も大きいですが、リンクマーカーに縛られなくなったことでかなり柔軟に動けるようになりました。
個人的には素レモンも使いたいんですがルーラーの登場でますます出番が遠のいちゃったぜ!
というわけでコナミはチェーン不可で相手の盤面を全部裏守備にしつつエクストラデッキから素レモンを呼び出すアブソリュートパワーフォースという名前の魔法カードを早く刷ろう。(無謀な欲張り)


あけましておめでとうございます。オータムです!
2020年も始まり、新弾の発売日も近づいてきました。個人的にはプロキシーFとかリンクロスとかがちょっとおもしろそうだな~と思ってます。クソデッキ使い的にな。

さて、今回は、わが永遠のフェイバリットデッキであるガガガブラマジの最新版について書いときます。
51OGcBHqESL._AC_
現在融合素材として環境を荒らしまわるブラマジ・・・!許せねえよなあ・・・。
真紅眼融合が責任を取らされそうになっている状況がカナシイ・・・。
ちなみに僕のレジェンダリー箱の開封結果ですが、

line_1576912211941

シュースタTGが20シクだったのでもうドラグーンは許さねえ。

というわけで
今回はデッキにドラグーンは入ってないです。アナコンダも当たらなかったしな!
まあいずれ規制されるであろうギミックだし・・。高いし。


ちなみに前回のデッキはこちら。結局サモソが死んでからほとんどいじれてなかった・・・。
ルール改訂万々歳ですね。

デッキレシピだあ!
DSC_0023

メインデッキ(40枚)
ブラックマジシャン    2
ブラックマジシャンガール 1
ガガガシスター      3
幻想の見習い魔導師    3
ズバババンチョーGC     2
マジシャンズ・ソウルズ  3
ドドドバスター      1
ガガガヘッド       1
増殖するG         3
原始生命態ニビル     2
オノマト選択       3
オノマト連携       3
ガガガリベンジ      2
ガガガボルト       1
墓穴の指名者       3
魂のしもべ        1
精神操作         1
ライトニング・ストーム  1
ハーピィの羽根箒     1
死者蘇生         1
無限泡影         2

DSC_0024

エクストラデッキ
幻想の黒魔導師
マジマジ☆マジシャンギャル
永遠の淑女ベアトリーチェ
セイクリッドトレミスM7
交血鬼ーヴァンパイア・シェリダン
No.39  希望皇ビヨンド・ザ・ホープ
FNo.0  未来皇ホープ
FNo.0  未来龍皇ホープ
神竜騎士フェルグラント
宵星の機神 ディンギルス
励輝士 ヴェルズビュート
ライトドラゴン@イグニスター
デコード・トーカー
武神姫ーアハシマ
リプロドクス

ところどころカードが輝いてしまって申し訳ない!

コンセプトはランク6を主軸にし、ギャル+幻想の黒魔導師で相手をどかしてワンキルです。今までと大筋は変わらず。また、ルール改定後を見据えた構築です。
主人公パックのDP6で大きく強化されました。

強化点①マジシャンズ・ソウルズと魂のしもべセット

51o1n1rQaEL
やはりデッキから実質レベル6魔法使いをリクルートできるのは強い!
また、役割としてはそれだけではなく、ガガガヘッドを墓地に送りつつ、手札の不要牌や使い終わったオノマト選択をドローに変換できます。基本的に腐ることがなくすっげ―強い。
51CqXIsDogL._AC_SY450_
魂のしもべはマジシャンズソウルズか見習い魔導師をデッキトップに持ってこれるほか、②効果によるドローが魅力。いざというときはベアトリーチェでデッキから落としておくことでドローに変換できます。オノマト連携や見習いで手札を切る場面が多いので墓地効果だけを当てにして切っていくこともあります。
純然たるパワーカードなのですがやはり純ブラマジでの強さに比べるとちょっと使い勝手が落ちる感は否めず。はじめは3枚入っていましたが、1枚に減らしています。

②オノマト選択・ズバババンチョー

514Mba91NKL
サーチが増えると安定するよね!という話です。また、レベルを揃える効果も非常に強く、マジシャンズソウルズをレベル6にしたり、シスターにヴェーラー打たれたときにもエクシーズに絡ませやすくなります。あるとなしでは展開の可能性がかなり変わるぜ!
51gAVH3AonL._SY445_
バンチョーは自力で手札から出てくるのが本当に偉い!セクシー!
これによって今までオノマト連携単品ではなかなかできなかったランク6の展開がしやすくなりました。
基本的にはオノマトペアからサーチするのはシスター+バンチョーになります。ランク6を立て、シスターのサーチで持ってきたリベンジを使って再度展開に絡めることもあります。
②効果は蘇生。このデッキでは僕のカードの精霊であるドドドバスターしか対象モンスターがいません。単品ではレベルが合いませんが、シスターやピックの効果でレベルを6にすればエクシーズすることも。
バスターを蘇生したらエクシーズをしなくても単純に1800+1900打点という使い方もできます。
総じてなかなか器用なモンスターです。
ドドドバスターは事前に墓地に叩き落しておこうぜ!

メインデッキは今までの8期のカードがメインだった構築と比べると雲泥の差です。
その他のカードは主に汎用カードなのでざっくりと。

誘発・・・増G、ニビルの2種です。うららも入れたかったんですが、相手に展開させてそのカードを使ってカウンターをとる関係上、ニビルが面白そうだな、と思って試しています。
多分うらら入れたほうが強いのでのちのち枠を作りたいぜ。

魔法・罠
シスターからサーチするガガガ魔法罠はリベンジ2、ボルト1でほぼ固定だと思います。
バンチョーの加入でウィンドを入れる意味がほぼなくなったのが大きいですね。

41jc0v6W4wL
ボルトはカードパワーが低くない?と思われそうですが、バック割ったり、魔法の耐性がないヴァレロを葬ったり、SS封じをしてくるモンスターを突破したりと、役割は非常に多いです。
無いといざってとき困るので抜くべきではないぜ!
EIiJKWRVAAAWak2

って猫も言ってた!

とにかく誘発に弱いので墓穴は3積み、また、クリスタルウィングやサベージなどを黙らせるために無限泡影、精神操作などを。バック割りはライトニングストームと羽根箒です。
各カードごとに有効な相手が異なるので環境や好みによってこの辺のチョイスは変えましょう。
特にドラグーンへの対抗策はほぼないので壊獣が現状だと欲しいですね。

エクストラについて。
images (4)
基本的な勝ち筋は相手のモンスターをギャルで奪って幻想でブラマジを出して5000打点+αでキル。

ギャルの出し方は今までは主にガガガマジシャン+シスターでしたが、
今回はオノマトピックでシスターのレベルをヘッドと一緒にしたり、幻想の見習い魔導師やマジシャンズソウルズからBMGを出したり。また、リプロドクスでバンチョーを魔法使い族に変えることでも出せます。多種多様!このデッキは黒ギャルを出すために存在しているんだ!

61H-b76zx7L._AC_
また、リプロドクスは他のランク6を魔法使いにすることで幻想の黒魔導師を重ねられるようにするという芸当も可能です。素材も緩いので相手から奪ったモンスターを雑にリンク素材にして処理するのにもうってつけですね。

51zY6TplEEL._AC_
さて、上記のように後攻からのワンキルが勝ち筋なのですが、先行を取らされた場合は未来龍皇を目指して展開していきます。
例:オノマト選択+手札コストの1枚
①選択から連携サーチ、発動し、シスター+バンチョーを持ってくる。
②シスター召喚、リベンジをサーチ。手札からバンチョーをSS。
③シスター効果でお互いをレベル6に。ベアトリーチェをX召喚。
④ベアトリーチェ効果で(素材はバンチョーを使用)墓地にドドドバスターを落とす。
⑤リベンジでバンチョーを蘇生。バンチョー効果でドドドバスターを蘇生。
⑥選択の効果でバンチョーのレベルをドドドバスターに合わせ、6に。2体でトレミスをX召喚。
⑦トレミスの効果で任意のモンスターを回収し、ベアト+トレミスで未来皇をX召喚。
⑧未来龍皇を重ねてX召喚。

その他、マジシャンズソウルズがあれば選択でなく連携が初手でもほぼ同様の展開ができます。
①手札コスト切って連携発動。シスターバンチョーサーチ。
②上記の例と同様にシスターとバンチョーのレベルを6に。
③マジシャンズソウルズの効果でBMGをSS。BMGとシスターでベアトリーチェX召喚。
④ベアトからガガガヘッドを墓地へ。リベンジでヘッドを蘇生し、バンチョーとX召喚し、トレミス。以下同文!

こちらは条件が厳しくなりますが、1ドローが付きます。

素直にガガガガマジシャン使えって言われそうだけどこのデッキはランク4出すのが苦手なんでね!
オノマトデッキにあるまじき事態!

他のカードについて。

シェリダン
ランク6の汎用除去枠。ギャルで奪ったモンスターをレベル6としてエクシーズできることも。

ビヨンド
対象耐性を持っていて打点で勝てない相手に。3000打点も幻想+BMと足して8000ジャストキルしやすいナイスな要素です。完全耐性はアキラメロン。

ディンギルス・フェルグラント
ランク8枠。対象耐性や破壊耐性を無視して墓地に送れるディンギルスと完全耐性化できるフェルグラント。使い分けていきましょう。
出し方としてはシスター+ヘッド、もしくは選択でシスター+バンチョーのレベルを4にそろえた後でシスターの効果を使い、レベル8にそろえる方法があります。

ビュート、ライトドラゴン@イグニスター
ランク4枠。ビュートは他のランクにはないリセットボタン。ライトドラゴンは効果破壊耐性持ちかつ対象をとらないモンスター除去なので単純に便利です。
出し方はオノマトペアからドドドバスターとバンチョーをサーチしてドドドバスターをレベル4として出すか、ヘッドとバスターをサーチしてヘッドをレベル4として召喚する方法になります。
いずれも相手フィールド上にモンスターを要求するので使う場面は限られます。

デコード・トーカー
汎用リンク3。この記事の下のほうに書いたルートからフィニッシャー打点を担保するために採用・・・。ですが、ルール改訂によって展開にリンクモンスターを絡めるのが必須ではなくなったので、別のリンクでもいいですね。個人的にはヴァレソとチェンジがいいかなと思ってます。

アハシマ
ルール改訂によって評価が上がったモンスター。手札に来ちゃったガールとかを素材にして墓地のヘッドとランク6を立てたりすると美味しいっすね!

未来皇
下敷き。




採用を考えたカードたち、改善点
希望皇オノマトピア
選択と連携が被ったときや、ベアト+ランク4が立てたいときにあると便利。ランク4を入れる枠があまりとれなかったので今回は不採用。ですがエクストラの構築次第では全然ありです。登場時の散々な評価がかなり改善されたカードですね。

ドドドドワーフGG
オノマトピアとほぼ同様の役割。不採用の理由も同様です。こちらは手札コストで切れるとむしろうれしいという利点が。オノマトピア同様ランク4をもっと使うなら採用圏内。

彼岸ファーファレル
ベアトで相手ターンに備えられるカード。手札コストで捨てると一時的な除去になるので手札に来てもまあ使えるかな、ってとこです。
ベアトは基本展開札にしたいので今回は入れませんでしたが、今後試したい。

不乱健
4500打点という正義。今回のエクストラの構築では完全耐性+高打点(アルティメットファルコンなど)を突破できないので、ヴァレソかこいつは欲しいですね。
おそらく今後デコードと入れ替わりで入ります。

抹殺の指名者
tokuni-riyuunonai-bouryoku-2-2

ニビルに対抗する手段が欲しい・・・!
うららもいれれば墓穴と同じような役割が持てるので、何枚か入れ替えたいですね。
無限泡影もケアできますが、ヴェーラーやDDクロウやロストのように蘇生を邪魔したりはできないので一長一短ですね。

アナコンダ+ドラグーンセット
ぶっちゃけ手に入ってれば入れてたと思う。つよいからな!
高いんだよお!

という感じのデッキです。回してみると様々なルートを使って様々なゴールを目指すガガガデッキの楽しさを存分に味わえます。ブラマジもエース手札コストとして活躍して楽しいぜ!
実戦を積んでより研鑽したいと思います!











↑このページのトップヘ