元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ

おもろいアメリカ、溜息のでるアメリカ、そして愛する日本について。

悪天候で消えた格安航空の旅


国際便は日本行きぐらいしか使わない生活をしていると馴染みが薄いが、格安航空の増えっぷりというのはすごい。

今回、ヨーロッパ行きを画策するにあたり、リサーチの鬼ぶりを発揮して調査しまくったかみさんのお眼鏡にかなったのがワウ・エアというアイスランドの会社で、これはかなり安いようだ。
続きを読む

大女優にやられちゃった話


ボンドガールとして「007」に出演した経歴をもつ女優HMさんに会うべく、都内のマンションへ向かった。

Hさんの自宅は箱根あたりにあり、東京の部屋は仕事場という位置づけだったと記憶しているが、それにしても女優さんのプライベートなスペースに足を踏み入れるなど、芸能関係との付き合いが薄い俺にとっては緊張させられる体験だった。

それは今から十数年前、Hさんが60歳を少し越えたころのことだった。続きを読む

旅行カバンも買った


実施未定の旅ながら、準備はしておかないと出発できないので、カバンを買ってきた。

オスプレイというと、日本では(とくに一部の人びとに)嫌われている米軍の高性能輸送機を思い出すが、これはミサゴという鳥の英語名。

空中静止(ホバリング)や急降下が得意なオスプレイの名をあの飛行機につけたのは妙案だと思うが、バッグやリュックサックをつくる会社も自社製品にその名をつけた。

足どり軽く目的地に着くことができる、という意味合いだろう。続きを読む

とりあえず靴は買った


夫婦ともに体調は順調に回復しているが、周囲にバイキンをばらまいてはいけないため、外出はなるべく控えてきた。

幸いなことに、去年アマゾンに買収されたことで話題になったスーパー Whole Foods が隣のブロックにあり、そこで多少の食糧を買った。

オーガニック中心の高級店だけに、こじゃれた製品が置かれている。続きを読む

病床で見た悪夢


インフルでぶっ倒れながらも、少しは脳みそが動いてるときに考えてたんだけどさ、トランプ当選の背後にあったロシア系の陰謀ってのは、俺たちが想像してきたよりもはるかに大規模で周到なものだったんだろうと。

たとえば今回モラー特別検察官はロシア人13人と企業3社を起訴したが、このグループはシフト制で働く数百人の工作員をネット上に展開させ、トランプの称賛とヒラリーの中傷を拡散したという。

こやつらを指揮したのはプーチンと親しい実業家だったというが、いかにもありそうな話だ。

プーチンは「スパイになりたい」といってKGBに就職し、諜報と謀略で抜群の働きを見せてから政界に進出した男。
続きを読む

ハズレのアパートだったか


引っ越しから5日目の昼すぎ、ものすごいダルさを感じて立っていられなくなり、ベッドにもぐりこんだ。

もぐりこむというよりはぶっ倒れる感じ。

とんでもないことが体のなかでおきているような気がした。続きを読む

まだ生きてるぞ(笑)


予防接種したからって防げるとは限らない、今年はAタイプとBタイプと、そのまた亜流みたいなのがいろいろ来るから打率は30数パーセント…

と聞いていたから驚きはしなかったが、インフルエンザはつらい。

発症後48時間以内に駆け込んだせいか、インフルであることがちゃんと確認され、クスリをもらうことができたのはラッキーだった。

動きたくねえ…

とぐずるのを診療所まで引っ張っていってくれたかみさんに感謝。続きを読む

みごと沈没


体温38度を軽々こえました。

インフルの診断ありがとうございます。

来週早々に出発予定の大旅行、いったいどうなっちまうんかね。
続きを読む

日本のテレビ見て仰天


アメリカの人気番組にシャークタンクというのがあり、起業や事業の拡大を考える人が、やり手の投資家から資金を引き出す番組なんだが、これがかなり面白い。

数人の投資家が待ち受けるスタジオに商品を持ち込み、いかほど魅力的で儲かる事業であるかをプレゼンし、「ついては〇〇千万円を出資してほしい」と訴える。

もちろん財布のヒモは簡単には緩まない。続きを読む

出る出る詐欺?


今のアパートに引っ越して、かみさんが心底がっかりしていることがある。

今度こそ気兼ねなく風呂につかれる!

期待してきたのに、お湯の出がさっぱりなのだ。

なーにが最新式のシステムか、前のアパートより小ぶりなバスタブ一杯を満たす前に湯が尽きちまった。

出る出る詐欺っていうんじゃないか、こういうの。続きを読む
 ↓ というか一言ブログ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

過去の記事
このブログの記事検索
こんなやつが書いている
メッセージ送信
QRコード
QRコード