元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ

おもろいアメリカ、溜息のでるアメリカ、そして愛する日本について。

犯罪にかかわって滞在資格を失うかもしれない話


この現象がおきるようになったのは1ヶ月ほど前のこと。


「支配下」はいちおう冗談だけど、周囲に同じ体験をする人が増えて、地味に話題になっている。

どうやらこういうことらしい。続きを読む

その名はキャサリン&メーガン


てんてこまいになったのは、ワンコが2頭来たから。

【写真は4枚あり】

続きを読む

ワンコは双発機でやってきた


子犬がたくさん入って来るのだが、フォスターできる人がいない!

という親分からのメールを受け、久しく休業していたチーム我が家が出動した。

受け渡し場所は、うちから40kmほどの小さな空港だった。

空港ってのはヒコーキが発着する場所だが、なんでそんなところだったかというと…

続きを読む

俺の頭蓋骨になにしやがる


歯医者の腕を信用してインプラントすることに決め、その第一段階の治療へ行ってきた。

インプラントといっても、いきなり人工の歯が入るわけではなく、いくつかの段階がある。

最初は、金属製のボルト(=インプラント)を骨に打ち込み、インプラントと骨が完全に癒着してしっかりと固まるまでに3ヶ月ほどかかる。続きを読む

4日で100単語はムリ


言語の研修が始まって4日目の晩、単語クイズよろしくといって手渡されたカードの束を見てびっくり。

おっそろしく厚い。

俺だったら死ぬ。死ななくても発狂する。
続きを読む

華麗なるフリガナ


張り切って買い込んできたカードは、すごい勢いで消費されている。

文字と単語と文法の3要素を同時にやるんだから、まあそうだろう。

本人は、今後どれだけ使うことやらと目を丸くし、これにかかるお金のことを気にしだしている。業務で使ってるのに自腹ってムカツクー、でももっと安上りな方法を考えなくちゃ... というわけだ。

カード代くらい気にせずに使えばいいと思うが、カレンダーをちょきちょき切ってカードにするような仕事ならいくらでもお手伝いするよ。うちにカレンダーないけど。続きを読む

さすがにアウトではあるが...


容貌がさえない女性には人権がないという意味のツイートをしていたモデルで俳優が「炎上」し、事務所を解雇された。

ツイートは数年前、彼が16歳のときのものであることから、そこまで責めなくてもという声もあがる一方、「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」という、若気の至りでは済まされないレベルのツイートもあったことから、彼に同情するむきは少ないようだ。

ともあれ「〇〇に人権はない」のほうだけでも炎上の燃料としてはじゅうぶんだったと思われ、ここまでやるとさすがに日本でもアウトかと思った。

さすがに日本でも、なんていったら失礼なと叱られるかもしれないが、これにはワケがある。続きを読む

魔法のラインマーカー


3月に始まったかみさんの研修は、今週から第三段階すなわち語学の習得が始まっている。

初日から8時に召集され、ひえ~と言いながら出かけていったが、帰宅第一声もひえ~だった。

ご挨拶もそこそこに、単語と文字の学習がアクセル全開だったという。
続きを読む

キョーサイカイってなに


アメリカ人と結婚した日本人で、国際転勤族になっている人たちの集まりに行ってきた。

国際結婚だけでなく、第三国での子育てや仕事にがんばる人たちの情報交換や助け合いのきっかけにしようと、ある日本人女性が呼びかけたもの。

数ヶ月から数年間はアメリカ勤務になることがあり、今回の集まりは現在ワシントンDCにいる人たちが集まった。

行ってみたら予想通り男性は少ないし、俺は最高齢クラスだしでアウェー感満載かいと思ったが、みなさんとても優しくしてくれ、持ち寄った昼飯やデザートをつつきながら歓談に花が咲いた。続きを読む

緑の光線がやばい


ほぼ日本人全員がチコちゃんに叱られる番組を見ていたら、また目からウロコの設問があった。

植物の葉っぱといえば緑色だが、なぜ人間の目に緑色に見えるのか。

物理学に暗い俺は「それが緑色だから?」ぐらいしか言えなかったが、ちゃんとした答えがあった。続きを読む
 ↓ というか一言ブログ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

過去の記事
このブログの記事検索
こんなやつが書いている

あー坊

ワシントンDCにアメリカ人妻と暮らす昭和33年製のおやじ。テレビ局を脱サラしたが他に芸もないので、フリーランスでディレクター稼業している。
幼いときに「ひとこと余分な子」と言われた性格が修正できていない。

メールはこちらへどうぞ!
arbow2015 (アットマーク) gmail.com

メッセージ送信
QRコード
QRコード