元テレビ屋のひとこと多いブログ@アメリカ

おもろいアメリカ、溜息のでるアメリカ、そして愛する日本について。

2019年にアメリカから別の国へ移ったため、休止しています。ですがたまーに更新しています。

危険な、あまりにも危険な賭け


トランプがウクライナの大統領と妙な約束をしたことが事実であれば、弾劾は当然だが、今回の民主党の決断はかなり危険な賭けだ。

調査の結果どれほど強力な証拠があがったとしても、共和党優勢の上院が弾劾決議に至るとはとても思えないからだ。

この件がコケたら、トランプは「正しいものが勝った。民主党は大嘘つき」と大宣伝し、再選への黄金ロードを突っ走るだろう。
続きを読む

不思議なテレビ


インターネットの時代、世界のどこにいても日本のテレビを好きなだけ見て、日本の空気のある部分をリアルに知ることができる。

もともとは見る習慣のなかったワイドショーにチャンネルを合わせてみたら、いまどきのワイドショーって芸人が幅を利かせてるのな?

司会にコメンテーターにと大活躍中。だが今でもお笑いが本業なのだとすれば、そっちにヒビかないのかと心配になってしまう。続きを読む

こうして分断は深まる


個人的な好みとしてトランプのような下司には我慢がならず、なにより反アメリカ的であることから、まったく認めていない。

たが彼を支持する人たちについては、さまざまな事情があってのこととして理解してきた。

ただし、移民を親にもつ議員は「じぶんの国」に帰れという暴言を下司トラが吐き、批判に傲岸な自己正当化でこたえる姿を見ながら、考えを変えた。続きを読む

そんなにひどい番組だったか?


世界の果てまでイッテQ!のお祭り企画に“有罪判定”が下されたが、俺はそうでもないと思っている。

「多くの視聴者が番組に求める約束に反したものだったと言われても仕方がない」とBPOはいうけれど、いったいあの番組は俺たち視聴者にどんな約束をしていたのか?

視聴者が、世界の祭りについての真実を探求したい!という気持ちであれを見ていたのであれば、祭りのでっち上げは裏切り行為になる。

だけど皆さん、そんな真面目な態度であの番組見てましたか?続きを読む

こんなもの作るかよ(笑)


アメリカでは近ごろ妙なクセが流行っていて、困ったことに俺にもその気持ちがよくわかる。

YouTubeには「角栓抜き」という人気ジャンルがあってだな、ふさがった毛穴を開いて内部にたまった皮脂をニュルニュルと押し出す映像をひたすら見つめる人がいるのである。

皮膚科医などがアップしたトレーニング用の映像が元祖という説もあるが、ニュルリと出るたびカタルシス(心の浄化)が得られるため、気持ち悪いけど見ちゃうというファンがつくこととなった。
続きを読む

大相撲、こうすれば盛り上がる?


5月場所を見ていてつくづく感じたのは、小さな力士の相撲はやはり面白いということ。

小兵(こひょう)力士は、体格で劣るぶん研究熱心で、多彩な技を繰り出すからだ。

一方で大型力士だが、ここで引き合いに出すのは気の毒だが、かつての横綱曙は体重233kgの存在感を誇るも、相撲は魅力的とはいえなかった。

突き押しや寄りで真っすぐ前に出る以外にこれといった決まり手を持たなかったから、決まれば「電車道」といって盛り上がりこそすれ、勝ち方がわかっている相撲はワクワク感に欠ける。
続きを読む

本当の敵はそこじゃない


トランプがイギリスへ行くと反トランプのデモが行われ、倫理的にもあれほど問題のある人物に対して健全な反応といえるが、日本にはそういう空気がほとんど(一切?)なかったように見える。

やはり日本でのトランプ人気はホンモノだ。主な理由はトランプが仕掛けた対中貿易戦争だろう。

多くの日本人が成長いちじるしい中国に飲み込まれる恐怖を感じており、その中国に正面きってケンカを売るのは世界にトランプしかいないから、イヨウ大統領!頼むよトランプさんと応援したくなるのは無理からぬこと。

だが、トランプに期待して安心することだけはやめたほうがいいと思う。
続きを読む

まずは厳罰化でしょ


思わぬことで無名のひとのつぶやきが拡散したのは、性犯罪に甘い社会への怒りを多くの人が共有しているからだろう。


返信をいただいたなかで興味深かったのは、県の幹部についてのコメントで、「ああいうポストの人は児童福祉の現場出身でない門外漢のことが多いから、わかってない」といった内容だった。

いやいやそうではなくてだな(そういうこともあるにはあるんだろうけど)、問題は専門知識の有無じゃなく、ひとりの人間として「性的虐待は1回だけでまぎれもない犯罪」という感覚を持っているかどうかだと思う。続きを読む

令和の初日に考える「皇室消滅の危機」


衝撃的な内容だった。

「日本人と天皇」というNHKスペシャル、まったく角度のついていないタイトルからして、いったい何をやるんだろうと思っていたところ、メディアとしていま絶対に伝えておかなくてはならないことを見事に言い切る番組となっていた。

前半は皇位継承にともなうヒミツの儀式「大嘗祭」を、あの手この手で再現してみせるという、のぞき見趣味といえばそういう内容。

だが後半がスゴかった。続きを読む

【番外編⑥】救援物資


航空便で来た荷物にはせんべいが含まれていたが、量はたいしたことなく、かなり節約しないとすぐになくなりそう...

てなことをつぶやいていたら、箱がひとつ届いた。

senbei box (1)

われらがゆうパックである。日本から来たのである。続きを読む
 ↓ というか一言ブログ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

過去の記事
このブログの記事検索
こんなやつが書いている

あー坊

ワシントンDCにアメリカ人妻と暮らす。テレビ局を脱サラしたが他に芸もないので、フリーランスでディレクター稼業。

メールはこちらへどうぞ!
arbow2015 (アット) gmail.com

メッセージ送信
QRコード
QRコード