かみさんのところへ見知らぬ番号から電話があった。

そういう通話にうっかり応答するとカモとして登録され、歓迎せざる電話がいよいよかかってくることがあるため、大抵は無視する。

相手の番号をググると、保険やカーペットクリーニングの勧誘だったりすることがわかり、迷惑電話の通報システムに知らせることもある。

今回のはどんなやつかと調べてみたら、毎度お世話になっているCOSTCOだったことが判明。

普段プロモーションの電話などしてこない会社だが、いったいどうしたのか…

となったところで、相手が残した留守電を聞く気になった。

最近販売した牛乳に問題があった(賞味期限より早く品質が落ちる)ので、それを買った客にはレシートがなくても返金するという内容だった。

こうした連絡をしてくれるのは有難い。

「弊社ホームページにて掲示しております」なんて言われても、こっちはそんなものを見に行く習慣がないし、病院や死人が出なければニュースにもならないからなあ。

COSTCOに限らず企業は何かといえば俺たちの電話番号を吸い上げ、裏でどんなふうに利用しているのかわかったもんじゃないが、こういうふうに役立つのなら、まあいいかとも思える。


ただし笑ってしまったのは、今回の電話は「当該商品を買ったと思われるお客さまに」かけているとの説明だったが、うちはCOSTCOで牛乳を買ったことない件。

するってえとなにかい、牛乳を買った客のところに電話が行ってねえかもしれねえってことかい?

と突っ込んでみた俺たち。

まあこのあたりのユルさがアメリカのご愛敬ということで。


ところでCOSTCOといえば、真向かいへ引っ越してきた記念に こんなもの を導入してみた日本でも売ってるのな)

帰宅時に駐車場から部屋までけっこうな距離を歩くが、これまでは箱入りの水ボトルなどくっそ重いものを根性で運んでいた。

これからは徒歩でCOSTCOへ行っても困らないよう、カートの助けを借りることに…

と思いついたのはかみさんのほうで、俺は例によって「それもそやなあ…」とぼんやり同意しただけだったが、使ってみたらどえらい便利。

これまでの人生ずいぶん損してきたと後悔するレベル。

世のお父さんたち、オレは大丈夫とかいっていつまでも頑張りすぎないようにね~。


↓ ↓ ポチ大歓迎っ 人気ランキングのアップがとても、とても励みになるのです

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
  
   

アメリカ合衆国ランキング