メーガンは食べることに貪欲でなく、放牧型(あたり一面に草が生えているから急いで食べない)といっていいだろう。

それは彼女の生き方なのでどうぞご自由にという話だが、当方としては困ることがある。

数日前から与えている抗生物質は食後に服用していただきたいのだが、メーガンはいつまでたってもチョロリ、チョロリとしか食事をしないことが多く、俺たちは「お願いごはん食べて~」と嘆くことしきり。

解決策はある。

執事の手から食べるのは好きなので、それで釣るとけっこう食が進む。

甘えることを楽しんでいるのか、単なる遊びなのかわからないが、以前の子たちにもそういうことがよくあった。

だがこれには、執事が介助したときだけ食事をするようになるという副作用があり、すでにメーガン妃にあってはこの傾向が強まっている。

変なクセをつけて飼い主さんに引き渡すことは避けたく、エサに指先を突っ込んで介助するふりだけする華麗なダマシのテクニックを駆使したりするのだが、なぜかメーガンは他の子たちとちがってこれに引っかかりにくい。

お願い食べて~


それほど食に淡白なメーガンが目の色を変えるのは、やっぱりオヤツ。

いろんなやつが好きだが、現在絶賛好評食いつき中なのがこれ。

meghan dental treat (2)

歯のクリーニング効果があるといい、この種の製品がゴマンと売られているなか、彼女のツボにうまくはまった一品だ。

これを見た瞬間、それまでどれほどダラダラしていても飛び出してきてピョンピョン跳ねまわる。

meghan dental treat (1)

無事にゲットするなり部屋の隅に陣取り、一心不乱に取り組む。

かなり硬いらしく、これ一個で20分はおとなしくしているから、当方としてもけっこう有難い。

meghan dental treat (3)

こうしたオヤツのたぐい、我が家には山ほどストックがあったが、去年末から半年ほど預かりを休止しているうちに期限切れ(多くは開封済みだったこともあり)となり、けっこうたくさん捨てた。

その値段を考えるとプチ鬱になるほどだったが、残ったなかにメーガンの大好物があってよかったぜ。

飼い主さんが決まったら、このオヤツつきで送り出すからね。

早ければこの週末にもメーガンとはお別れになるかもしれない。


↓ ↓ ポチ大歓迎っ 人気ランキングのアップがとても、とても励みになるのです

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村  
   

アメリカ合衆国ランキング