当たらなければどうと言う事は無い!

バカとテストと召喚獣 12話「愛と勇気と俺達の戦いはこれからだ!(仮)」

久しぶりに出たと思った久保君は・・・・。

最後は木下姉の空気を読まない一撃で、戦いも終焉を迎えたわけですが
恐怖のあまり明久に縋る姫路さんが見られただけで満足です。
可愛いよー姫路さんと明久がいちゃこらできて(?)良かった。



召喚獣を使い慣れていない〜の件は1巻であったなぁ、そういえば。
冒頭でフィールドを展開していたのは
他のFクラスの面々も、召喚獣を扱う練習をしていたからだったんですね。
EクラスやCクラスが、わざわざAクラスに模擬戦争を挑む程
教室の件をFクラスに対する借りだと思っていたのは結構意外。
Dクラスなんて壁を壊されているのに戦ってもくれちゃって!

そしてラブレターを取り戻すべく女装にされた根本くん、哀れ。

えみりんの声を変えていく感じは、普通にすごーいと思って見ていました。

来週で最終話、タイトルがサブタイトルです終わり良ければ全てよし!
うまくまとめてくれたらいいな。

そういえばバカテスにはあんまり登場しないですね、ナベシンのキャラ。


バカとテストと召喚獣 感想まとめ

荒川のCMキター!
ブレイクブレイドといい荒川といい、CMが神谷さん続きでした。
4月クールは神谷さん6本でしたっけ。
主役も多いし、あまつきの時期の福山さん並みに大忙し。