1: 2016/01/27(水) 08:12:50.53 ID:CAP_USER*.net
    ■生き方全部が間違っていたのか 

    誰かの役に立つ仕事に就くのが夢だった。その道をまっすぐに追ってきたはずだった。 

    これまでの人生のあらゆる場面を思い出し、いつのどの判断が間違っていたのか、どうしていたらよかったのか、私はここまで責められるべき悪人なのだと思うと、この世に自分が存在してしまっていることが辛く、呼吸をすることさえ悪いことのように思えた。 

    幼い頃、「どんな大人になるのか楽しみだ」と微笑みかけてくれた母の思い出がよみがえり、「こんな娘でごめん」と自分を責めた。命懸けで戦えと言われた時のことも思い出した。 

    最後まで戦い抜けず、途中で弱気になってしまった自分を責めた。支えてくれた友人たちにも、最後まで戦いきれなかったことが申し訳なく、合わせる顔がなかった。これまでの生き方のすべてが間違っていたのかと思うと、どうしていたらよかったのかと、見つからない答えを探していた。 

    私の心は正しくなかったのか。 

    これまでの生き方全部が間違っていたのか。 

    そう自問し、ただただ涙がこぼれた。むせび泣くような体力はもう残っていなかった。 

    「STAP細胞」をめぐる一連の騒動について、これまで沈黙し続けてきた小保方晴子氏が、初めてその胸の内を告白した。28日に発売される彼女の手記『あの日』より、前書き部分を公開する。 

    あの日に戻れるよ、と神様に言われたら、私はこれまでの人生のどの日を選ぶだろうか。一体、いつからやり直せば、この一連の騒動を起こすことがなかったのかと考えると、自分が生まれた日さえも、呪われた日のように思えます。 

    STAP細胞に関する論文発表後、世間を大きくお騒がせしたことを心よりお詫び申し上げます。このようなお詫びを申し上げる手段を見出すことができず、これまで心からの反省や謝罪を社会に向けて行えてこなかったことを、本当に情けなく申し訳なく思っております。 

    重い責任が自分にあるにもかかわらず、自分でその責任を取りきることさえできず、このような自分が生きてしまっていることに苦しみながら日々を過ごしてきました。 

    あの日に戻れたら、と後悔は尽きません。でも、もう一度、最初から人生をやり直すことができたとしても、私はやはり研究者の道を選ぶだろうと思います。 

    ■ここに真実を書こうと決めた 
    (略) 

    現代ビジネス:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47604 

    【社会】小保方氏、手記出版へ 「混入犯に仕立て上げられた」 
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1453841380/ 

    no title

    転載元
    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1453849970/

    【小保方晴子の独占手記『あの日』の前書き部分公開…なぜ、「燃料投下」を繰り返すのか】の続きを読む

    1: ミントソーダ ★@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 14:32:07.00 ID:CAP_USER*.net

     女優の小泉今日子(49)が27日、都内で行われたソフトバンクの人型ロボットPepper(ペッパー)の法人活用説明会に、広瀬すず(17)、ピースとに出席した。 

     小泉は広瀬とともに膝上10センチのミニスカート姿で“美脚競演”。ペッパーが「仕事と私、どっちをトルネード」とクルクル回る“ロボギャグ”を披露すると「意外に大人っぽいギャグですね。面白かったです」と感心した。 

     さらに、広瀬がゲームに負けて新たにスマートホンの契約をする羽目になると、ピース綾部祐二(38)に「綾部さんが契約して、すずちゃんにあげたら」と指示するなど、姉御ぶりを見せた。 

     広瀬は、ピースのどちらがタイプか聞かれ「又吉さん」と即答。「すごく落ち着いている。私も省エネタイプなので」と理由を説明する一方で「綾部さんは、又吉さんと2人でいるときもずっと話しているんですか?」と、やたらに絡む綾部に迷惑そう?に聞いていた。 

     3月28日には、東京・表参道にロボットだけで接客する史上初めての携帯ショップが期間限定でオープンする。 

    ソース:デイリースポーツ 1月27日(水)14時19分配信 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160127-00000041-dal-ent 
    no title

    【小泉今日子の足が意外ときれいwww】の続きを読む

    このページのトップヘ