釧路の鉄道少年

<昭和50年代/釧路の鉄道少年> 平成27年3月3日よりスタートしました♪ 当方が幼少期から中学生ぐらい(昭和40年代半ばから昭和50年代)までの北海道釧路市周辺における鉄道写真を中心にご紹介していきます。基本的に子供時代の当方が撮影した写真ですのでお見苦しい点は多々あるかと存じますが何卒ご了承下さい。必然的に写真のストックが無くなれば更新が停止してしまうブログですので、毎回1枚ずつ「つぶやき」程度にのんびり更新していきたいと思います。

<昭和50年代/釧路の鉄道少年> 平成27年3月3日よりスタートしました♪

当方が幼少期から中学生ぐらい(昭和40年代半ばから昭和50年代)までの北海道釧路市周辺における鉄道写真を中心にご紹介していきます。基本的に子供時代の当方が撮影した写真ですのでお見苦しい点は多々あるかと存じますが何卒ご了承下さい。必然的に写真のストックが無くなれば更新が停止してしまうブログですので、毎回1枚ずつ「つぶやき」程度にのんびり更新していきたいと思います。

絵はがき・古写真/釧路駅 - No.05

oldphoto_44
釧路駅の絵はがきです。昭和30年代後半から40年代前半と思われ、駅前であってもまだ砂利道です。竣工から間もないようですが、タイル部分はすでに若干劣化していますね。。。

oldphoto_46
 ©2016 Google Map
 ●
現在の釧路駅です。道内最後の民衆駅として保存するにも、ちょっと年代や意匠が中途半端なんですよね、、、東京駅/丸の内口ぐらいの貫禄が出るのはいつ頃になるでしょうかw
 
oldphoto_45
当方所有の「釧路駅旅行センター新設記念」切符です。駅舎左側の奥まった5階部分ですが、竣工当時は白色の塔屋的な形状で、昭和40年代に2〜4階と合わせた切符のような形となり、現在は再び白色の塔屋的な形状に戻ったような気がしますが、、、どうなんでしょうか。

oldphoto_47
「釧路駅史(昭和61年発行)」より引用
 
左上は建設中の釧路民衆駅で5階部分の外壁は白です。右下は昭和40年代と思われるもので、5階部分の外壁は2〜4階に合わせたような感じになっており、上記の切符販売時期にも合致します。しかしまぁ、、、こんな事を気にしているのは当方ぐらいなものかと思われますがw
 
こちらの記事もご覧下さい。「絵はがき・古写真/釧路駅 - No.02」

他の著作物より引用している画像等におきまして
使用に際し著作権等の問題が生ずる場合にはご連絡をいただければと思います。  

著作権法 第三十二条
1
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、
かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
2
国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、
その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、
説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。
ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。   

絵はがき・古写真/太平洋炭礦 - No.07

oldphoto_41
太平洋炭礦鐵道株式會社「釧路礦業所 繪はがき 第一(10枚組)」からの1枚で、「太平洋岸ヲ走ル臨港鐵道」(1940年前後?)です。たぶん知人駅〜弁天ヶ浜辺りだと思われます。

oldphoto_42
©2016 Google Map
 ●
ストリートビューの「米町踏切」ですが、たぶんもっと知人寄りのショットでしょうね。。。
©2016 Google Map

oldphoto_43
「50年のあゆみ/太平洋炭礦株式会社(昭和45年発行)」より引用
一気に大正時代にまで遡りますが、、、臨港鉄道敷設前の大正14年以前に同様の場所(千代ノ裏)で撮影された「馬鉄」です。イベント時の「きれいどころ」が乗車しているようです。

他の著作物より引用している画像等におきまして
使用に際し著作権等の問題が生ずる場合にはご連絡をいただければと思います。  

著作権法 第三十二条
1
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、
かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
2
国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、
その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、
説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。
ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。    

絵はがき・古写真/釧路港・釧路川 - No.03

oldphoto_36
太平洋炭礦鐵道株式會社「釧路礦業所 繪はがき 第一(10枚組)」からの1枚で、「知人貯炭場並積込棧橋」です。高架桟橋には石炭列車、右の知人駅には石炭車が並んでいます。

oldphoto_38
「釧路炭田 炭鉱と鉄路と・石川孝織/水公社(2014年発行)」より引用
(釧路市教委太平洋炭鉱資料室所蔵)

ちょうど「釧路炭田 炭鉱と鉄路と」に、同様の位置から撮影された写真が載っておりましたので比較してみたいと思います。こちらの写真は1955年頃の物のようで、手前の1号高架桟橋は1939年、奥の2号高架桟橋は1942年に完成とあります。当方所有の絵はがきは1号高架桟橋のみで、2号高架桟橋への道床が整備中のようですので、この絵はがきの写真は1939年〜1942年の間に撮影された物で、この2点の写真には約10〜15年の開きがある事になります。

他の著作物より引用している画像等におきまして
使用に際し著作権等の問題が生ずる場合にはご連絡をいただければと思います。  

著作権法 第三十二条
1
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、
かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
2
国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、
その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、
説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。
ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。 
 
oldphoto_39
画像:国土地理院

昭和22年(1947年)の航空写真です。2本の高架桟橋、及び知人駅が確認できます。 

oldphoto_40
©2016 Google Map
現在の航空写真を上の昭和22年に合わせるとこんな感じです。基本的には変わっていません。

絵はがき・古写真/釧路港・釧路川 - No.02

oldphoto_32
雄別炭礦鐵道株式會社「釧路積込塲繪葉書(5枚組)」からの1枚で、「釧路港ニ於ケル貯炭場」です。たぶん、雄別炭鉱鉄道の埠頭線(埠頭駅)ではないかと思われますが、年代等が全く不明です。このセットでは残念ながら鉄道に関連するのはこの1枚だけでした。。。

oldphoto_33
蒸気機関車の拡大ですが、タンク型とはわかりますが厳密な形式は判断できませんね。。。

oldphoto_34
 画像:国土地理院
昭和22年の航空写真です。はがきの年代が不明ですので何とも言えませんが、たぶん左下の突堤部分と思われ、黒く写っているのは石炭でしょうか? 右側は釧路市中心部になります。
 
©2016 Google Map

oldphoto_35
 「雄別炭礦の鉄道 五〇年の軌跡(昭和59年発行)」より引用

こちらの図面も「開業当初の埠頭駅」としかわからないので何年頃のものかは不明です。。。

他の著作物より引用している画像等におきまして
使用に際し著作権等の問題が生ずる場合にはご連絡をいただければと思います。  

著作権法 第三十二条
1
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、
かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
2
国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、
その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、
説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。
ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。   

絵はがき・古写真/釧路港・釧路川 - No.01

oldphoto_28
釧路川鉄橋を渡る貨物もしくは混合列車の絵はがきです。釧路本線が厚岸まで延伸されたのが大正6年ですので、少なくともそれ以降の写真と思われます。下流側からの撮影でしょうか。

oldphoto_29
列車の拡大です。さすがに明治や大正にまで遡ると蒸気機関車の形式もワケワカメですが、シルエットから推測すると5700形あたりになるでしょうか。炭水車がチョイ違うかなぁ。。。

oldphoto_31
画像:ウィキペディア

oldphoto_30

「釧路機関区 八十五年史・1987(昭和62年発行)」より引用

釧路機関区 八十五年史・1987」の年代別SL配置表です。この蒸気機関車が5700形とするならば、この絵はがき(写真)は大正13年〜昭和10年の間という事になりそうですね。。。

他の著作物より引用している画像等におきまして
使用に際し著作権等の問題が生ずる場合にはご連絡をいただければと思います。  

著作権法 第三十二条
1
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、
かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
2
国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、
その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、
説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。
ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。 
 


SEARCH
PROFILE


アカトラ(三浦正人)

昭和43年 北海道釧路市生まれ
東京都目黒区在住

グラフィックデザイナー
(有限会社アカトラ)

ミリタリー・ショップ運営
(エフイー・ミルサープ)
MAIL
CAUTION
当ブログは基本的にリンク・フリーですが、当ブログ上の画像・文書等は著作権法等の権利により保護されております。リンク以外で、個別の文書や画像を許可無く他の媒体等へ使用する事は固くお断りさせていただきます。
  • ライブドアブログ