釧路の鉄道少年

<昭和50年代/釧路の鉄道少年> 平成27年3月3日よりスタートしました♪ 当方が幼少期から中学生ぐらい(昭和40年代半ばから昭和50年代)までの北海道釧路市周辺における鉄道写真を中心にご紹介していきます。基本的に子供時代の当方が撮影した写真ですのでお見苦しい点は多々あるかと存じますが何卒ご了承下さい。必然的に写真のストックが無くなれば更新が停止してしまうブログですので、毎回1枚ずつ「つぶやき」程度にのんびり更新していきたいと思います。

<昭和50年代/釧路の鉄道少年> 平成27年3月3日よりスタートしました♪

当方が幼少期から中学生ぐらい(昭和40年代半ばから昭和50年代)までの北海道釧路市周辺における鉄道写真を中心にご紹介していきます。基本的に子供時代の当方が撮影した写真ですのでお見苦しい点は多々あるかと存じますが何卒ご了承下さい。必然的に写真のストックが無くなれば更新が停止してしまうブログですので、毎回1枚ずつ「つぶやき」程度にのんびり更新していきたいと思います。

白糠線廃止/昭和58年/ニュース番組・カセットテープ音源



白糠線廃止/昭和58年(1983年)/ニュース番組・カセットテープ音源
白糠線廃止時のテレビ/ラジオ各局のニュース番組詰め合わせです。一部、ダブりもございます。約35年前の音源ですが、版権などの関係で消されてしまう場合も考えられますので予めご了承下さい。

寝台特急さくら/昭和50年代/生録音声・カセットテープ音源



寝台特急さくら/昭和50年代/生録音声・カセットテープ音源
昭和50年代のブルートレイン、 「寝台特急さくら」東京→長崎の生録音声・カセットテープ音源です。当方が録音したものではございません。今となっては元々の音源が何だったのかも記憶にございませんので、版権などの関係で消されてしまう場合も考えられます。予めご了承下さい。

上野→釧路/国鉄・昭和58年/生録音声・カセットテープ音源



上野→釧路/国鉄・昭和58年/生録音声・カセットテープ音源 
この音声は昭和58年(1983年)5月22日から24日にかけて、
東京/上野から北海道/釧路までの鉄道による道のりを録音したものです。
現在では存在しない列車の車内放送や乗車音、行く先々での方言による乗客の会話、
青函連絡船の出航前のドラや汽笛など、当時の風情をお楽しみ下さい。

▶上野→秋田/急行天の川(20系客車)
上野→あつみ温泉→鶴岡→寝台解体→酒田→遊佐→吹浦→象潟→仁賀保→羽後本荘→秋田
▶秋田→青森/秋田発青森行普通列車(1833レ/50系客車)
秋田→大館→青森
▶青森→函館/青函連絡船1便(十和田丸)
青森→函館
▶函館→札幌/函館発旭川行普通列車(121レ/旧型客車)
函館→長万部→小樽→札幌
▶札幌→釧路/急行まりも3号(10系+14系客車)
札幌→釧路

釧路駅/昭和57年頃/某放送エアチェック・カセットテープ音源



釧路駅/昭和57年(1982年)頃/某ラジオ放送エアチェック・カセットテープ音源
久しぶりの更新になりますが、、、カセットテープの音源をデジタル化したのでYoutubeにアップしてみました。約35年前の音源ですが、もしかすると版権の関係などで消されてしまうかもしれませんのでその時は悪しからず。。。当方は13〜14歳ぐらいの時ですかねぇ。

絵はがき・古写真/釧路駅 - No.05

oldphoto_44
釧路駅の絵はがきです。昭和30年代後半から40年代前半と思われ、駅前であってもまだ砂利道です。竣工から間もないようですが、タイル部分はすでに若干劣化していますね。。。

oldphoto_46
 ©2016 Google Map
 ●
現在の釧路駅です。道内最後の民衆駅として保存するにも、ちょっと年代や意匠が中途半端なんですよね、、、東京駅/丸の内口ぐらいの貫禄が出るのはいつ頃になるでしょうかw
 
oldphoto_45
当方所有の「釧路駅旅行センター新設記念」切符です。駅舎左側の奥まった5階部分ですが、竣工当時は白色の塔屋的な形状で、昭和40年代に2〜4階と合わせた切符のような形となり、現在は再び白色の塔屋的な形状に戻ったような気がしますが、、、どうなんでしょうか。

oldphoto_47
「釧路駅史(昭和61年発行)」より引用
 
左上は建設中の釧路民衆駅で5階部分の外壁は白です。右下は昭和40年代と思われるもので、5階部分の外壁は2〜4階に合わせたような感じになっており、上記の切符販売時期にも合致します。しかしまぁ、、、こんな事を気にしているのは当方ぐらいなものかと思われますがw
 
こちらの記事もご覧下さい。「絵はがき・古写真/釧路駅 - No.02」

他の著作物より引用している画像等におきまして
使用に際し著作権等の問題が生ずる場合にはご連絡をいただければと思います。  

著作権法 第三十二条
1
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、
かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
2
国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、
その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、
説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。
ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。   
SEARCH
PROFILE


アカトラ(三浦正人)

昭和43年 北海道釧路市生まれ
東京都目黒区在住

グラフィックデザイナー
(有限会社アカトラ)

ミリタリー・ショップ運営
(エフイー・ミルサープ)
MAIL
CAUTION
当ブログは基本的にリンク・フリーですが、当ブログ上の画像・文書等は著作権法等の権利により保護されております。リンク以外で、個別の文書や画像を許可無く他の媒体等へ使用する事は固くお断りさせていただきます。
  • ライブドアブログ