はい 早速 昨日の続きをみなさんと一緒にひも解いていきます

スクリーンショット (257)
こんなもん フレに教えてもらわないと一生わからなかったよ

不親切だよ リッキー


久々の試験的すぎる記事という事で

7分間で記事を書きます

普段は10分~20分

何も思いつかない時は40分ほどかかるのですが

他のブロガー様もそんなもんじゃないでしょうか?

今 スマホでタイマーをセットして書いてるわけですが

7分経過の合図と共に記事を強制終了します

記事の最後にポチっと押すバナーを貼らないといけないので

実質6分40秒ほどでしょうかね

極限まで自分を追い込んで書くってのもたまにはいいんじゃないでしょうか?

急いでるので誤字脱字はお許しください



それにしてもノートPCっていいですよね

出張いってもドラクエできますもんね


私としてはブログ用のスクショを撮れるのがうれしいですね


このブログを見てるほとんどの人は


私なんかよりPCにお詳しいと思いますが


中には私クラスのPCに疎い方もおられるはず


まずノートPCの選び方ですよね


PCに精通している人は


そのPCのスペックの明記された値を見て購入しますよね


まず脳の役割のCPUは確認しますよね


インテル社のCPUで言いますと


ドラクエするぐらいなら


Core-i3ぐらいのスタンダードで十分でしょう



ここまででもう何言ってるかわかんねえって人は


まずエディオン的な家電量販店に向かいましょう


とりあえず持ってみましょう



item_24

肌触りがPC選びでは最も大事ですよね


だって何年も使うんですから


ポイントはとにかくPCの角を何度も触りましょう

出来ればほっぺたで肌触りを確認するのがベターです

店員に「やっぱ春モデルの角はいいよね」と上級者感は醸し出しておきましょう

この時 僕ほどの上級者になれば

USBを差す穴に指を突っ込み感触を確かめます

この時も あえて首をかしげながら指を出し入れするのが上級者っぽいところです

初心者感を出すと 店員は売れないPCを勧めてくるので危険です



後はおもむろにその場で投げてみましょう

img_news

フリスビーと同じ感じで投げます

スペックの高いノートPCほどよく飛びまよね


個人的には2008年製


東芝dynabookが飛びましたよね~


PCコーナーから浄水器コーナーまで飛びましたよ


画面を閉じるロックがあまいので


空中で遠心力が働き ガバッと開くんですよね


そうすると開いた分 揚力が得られるんですね


何言ってるんですか?僕は

誰か殴ってください


あ どらくえのこ