2007年09月14日

今日の風林火山


風林火山について調べていたらもうこんな時間になってしまいました。時間がたつのがあっという間ですね。風林火山についてこんなに真剣に調べたのは生まれて初めてです。

風林火山
大切なことだと思います探偵やってりゃわかりますがええ絵は先回りしなきゃ撮れないからねそしてええ話もこちらから声をかけなければ絶対に聞けません動かない時は何があっても動かず動く時は素早く動くうーんさしずめ、風林火山みたいな話だな...


宿命の女〜風林火山第三十六回
んー、勿論、小山田信有が側室に寝首をかかれたというのは、架空のお話。戸石城攻めで重傷を負い、それが原因で死んだ、というのが定説ですが、戸石城攻めの翌年、佐久郡の内山城の守備についた、という史料もあり、天文二十一年・1552年(ドラマの設定と...


[大河]「風林火山」#36 宿命の女
浅利陽介君、大河ドラマ6度目の出演。美瑠姫様(真木よう子/菅野莉央)と小山田(田辺誠一)の悲劇より、小山田の息子役で浅利君登場にニヤニヤしてました。勘助の必死の提言によって小山田家の危機が回避したので、今後は小山田勢も勘助の味方かな?...


大河ドラマ「風林火山」で謙信が言った台詞
数週間前の「風林火山」で上杉謙信役のGacktが言った、正確な台詞を知りたいのですが、どなたか覚えている方がいたらお願いします。おそらく32か33回の放送の中でだったと思います。木に縛り付けた山本勘助に向かって謙信が歌ったもので、森に住む一羽...


伊勢志摩旅行記7
風林火山。台風のように、樹海のように、火災のように、ダイダラボッチのように怒りふてくされる私。神田川の歌がコトコトなった。なのに、あなたは贅沢をして、私はラーメンを反芻しているのに。って、この時のことを覚えていたベレーこそ恨みに思って...


大河ドラマ風林火山第三十五話
NHK大河ドラマ「風林火山」。演出:福井充広。第三十五回「姫の戦い」。武田晴信(市川亀治郎)が油川家の於琴姫(紺野まひる)を新たな側室に迎え、諏訪家の由布姫(柴本幸)がそれに嫉妬し、鬼と化した。それに伴い、山本勘助(内野聖陽)もまた鬼と化...


[大河ドラマ]風林火山 第36回「宿命の女」
うーん、今週は特に書きたいこともありませんです(-。-)...


風林火山
今年はNHKの大河ドラマ「風林火山」を毎週楽しみに見ています。まあ、例年漏れなく見ているといえばそうなのですが、今年は特に例年に無く出来がすばらしいようです。なにより名役者が一杯出演しているのが目を引きます。仲代さん、内野さん、千葉さん、...


NHK風林火山(36)小山田の横死と美瑠姫の自死
承前:NHK風林火山(35)由布姫の懊悩と誇り今夜のドラマは、いつになく筆がすすまない。ちょっと事情で頭がぼんやりしているせいでもあるのだが、エピソードの一つ一つがよく分からなかった。かといって、45分間画面に食い入っていたのだから、その点...


『風林火山』 勘助の策に違いない。
先週なにごとかを決して油川氏の姫の屋敷を訪れた勘助は、おのれの「どこでも」ぶりを奪い出没するリツに見つかってしまい、ついに於琴姫と対面します。しかしあまりに天然キャラというか天真爛漫な姫と、話し相手として仕えるリツに振り回され、さらに...


  • すぺしゃるだっちわいふ


  • この記事へのトラックバックURL

    http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dddoragon/50682216