2009年07月13日

さよなら絶望先生ほか

なんか最近マンガしか読まないんだよね。

つーわけで、ここ一週間で読んだマンガ

さよなら絶望先生/久米田康治

これはハマった。こういう屁理屈の連鎖と
いうか小ネタの羅列に弱いっすね、
俺のバヤイ。
アニメも原作に輪をかけて偏執的な
小ネタの連続でこれまた大笑い。

百日紅/杉浦日向子

読みはじめた瞬間、江戸に連れていかれる。
この情感はただ事ではない。
前に読んだ時と同じところでまた泣いてしまった。

うちの妻ってどうでしょう/福満しげゆき

吾妻ひでおが日記で度々とりあげて
いるので読んでみた。
体裁としては4コママンガなのだが、
まあいわゆる実録風私漫画(いわゆらないね)
妻のキャラ、リアルでおっかなくて可愛い。
九州弁がキュート。
ところどころ、身につまされるエピソードあり。

猿飛佐助/杉浦茂

ea8fa742.jpg

ほらほら、パール兄弟の「色以下」の
ジャケットを描いてたあの人ですよ。
もうこの人は間違いなくおれの「リスペクト
百人」のトップ10に入ってる。
とにかくもうすべてがチャーミング。
無条件で笑えるので絶望先生を読んだ後で
この人のマンガを読むと非常に精神の
バランスが取れた人間になったような
錯覚に陥るという。
(写真は「ミスターロボット」より)


つーかんじで明日から太宰治を読み直します。
ちょっと絶望先生の影響入ってます。



Posted by ddp1011 at 23:52│Comments(0)TrackBack(1)
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
懺・さよなら絶望先生 新創刊の「別冊少年マガジン」には雷句氏のほか、「みなみけ」の桜場コハル氏による超能力ファンタジー「そんな未来はウソである」、「さよなら絶望先生」の久米田康治氏が原作を担当し「とらドラ!」イラストのヤス氏が漫画を担当する「じょしらく(仮...
「久米田原作・ヤス作画」「桜場コハル」の新作 「別冊少年マガジン」【AnimeGame News】at 2009年08月05日 05:51
この記事へコメントする