燕が来るようになって3年目。
今年の燕はおしゃべりだ。

まあ,うるさい。

昨年のように襲われないうちに
無事に巣立ってほしいなあ。
3年目




さて,
今日は,
媒介変数表示の導入。

媒介変数のイメージ

曲線の媒介変数(パラメータ)表示は,
具体的なイメージがつかみにくい。

指導者側が推測するよりも実際はずっとわかりにくいらしく,
準備なしで進めると大変なことになる。

次の 2 つを紹介することでイメージから入るとよい。

時刻 t における高速道路上の点

詳しくは下の画像参照。
この媒介変数 t は時刻を表すと考えるとイメージしやすい。

円の媒介変数表示

詳しくは下の画像参照。
この媒介変数 θ は一般角を表すから,
これもイメージしやすいだろう。

媒介変数は消去できるとは限らない

サイクロイド(擺線)やカージオイド(心臓形)などのように,
媒介変数は消去できるとはかぎらない。

ここで,
教科書の後ろの方をペラペラとめくらせて,紹介するとよい。

図形的意味や背景があることが多い

放物線や円,双曲線などの媒介変数表示で,
一見すると全然イメージできない形のものが存在する。

それらには,図形的意味や背景があることが多く,
これらについての知識が多ければ多いほど,
その手の受験問題への対応が楽になる。

ぜひ,試してみてほしい。

↓画像クリックで拡大(もっかいクリックでさらに拡大)
媒介変数表示の導入