S-1無添加シャンプー<抜け毛と薄毛を防止するヘアケア>

S-1無添加シャンプーは、頭皮を清潔にし抜け毛や薄毛を予防することを目的に開発されたスキンケア育毛!髪を育てる頭皮環境をつくるなら身体に安心なヘアケアを選ぶことが大切です。
 

育毛シャンプーで癖毛を直すことはできるのか?

サイトを閲覧しているとたまにですが、
「育毛シャンプーを使って癖毛は直るのか?」
という質問を見ることがあります。

先に答えますが、育毛シャンプーを使用して
癖毛の体質が変わることはありえません。

ただし改善する可能性はあります。

理由は髪の状態がよくなることで、
癖の曲がり方が少なくなるからです。

癖毛の原因は主に、頭皮のから生えている
毛根から毛先に向かう角度の問題とされています。

だから頭皮の状態を主に回復させる育毛シャンプーでは
癖毛を矯正する手段になりません。

くせが強い人で本当に直したいのであれば、
ストレートパーマか専門治療を行うべきです。

しかしストレートパーマも一定の期間の効果は
望めますが、長期的な持続は不可能です。

現在どれくらい技術が進んでいるかわかりませんが、
頭髪へのダメージも考えれます。

育毛シャンプーでできる点は、地肌の状態を改善すること
髪の毛の質を向上できることです。

これらのケアにより癖毛と呼ばれている髪質の人も
なんらかの変化が生まれるはずです。

>>髪が薄くなる5つの大きな要因 

オイリー肌には育毛シャンプーは適切なケアか?

体質的に脂っぽい肌を「オイリー肌」「脂症」といったりします。

空気の乾燥度合いや湿気の高さも影響しますが、
比較的肌が脂っぽい方です。

脂っぽい人はしろう性脱毛症といって
オイリー体質の人に起こりやすい脱毛の原因を誘発しやすくなります。

いずれにしても「脂っぽい肌」が一日続いていることは
皮膚にも髪の毛にもよくありません。

解決方法はタオルやハンカチでこまめに拭き取ることです。

ただし清潔でないと症状をより悪化させてしまうので
使い捨てのペーパーなどがより適切です。

仕事をしている人はなかなか人前で
頭皮や肌を拭き取ることは難しいとは思います。

もとの体質と食べ物や生活習慣が引き金となり、
脂っぽい肌を進行させている場合があります。

自分の体質を把握して身体に悪い行動はなるべく避けましょう。

このようにべたつく肌を持っている方がは
育毛シャンプーを使うべきか?

この質問にたいして回答するのであれば、
種類を選ぶべきといいます。

まず、症状が強く出ている人は状態が落ち着くまで
使用を控えたほうがいいでしょう。

ある程度の状態まで症状が緩和するのを待つか
対策をとります。

今度はなるべく余計な成分が
配合されていない安全なシャンプーを選びます。

使用を続けてみて頭皮の状態や
そのほかの部分で問題がないかを確認します。

もしトラブルがなければ使用を続けてもいいでしょう。

あぶらっぽい肌の状態が出ている原因が何かを
知ることができれば一番理想です。

育毛シャンプーはその問題の原因と予測される事柄に
対するひとつの解決アプローチです。

→頭皮の脂分を取り除くアミノ酸無添加シャンプー

アルコール摂取と毛髪の関係

お酒を飲むと髪の毛に悪いのか?
この疑問をお持ちの方は多くいるかもしれません。

詳しく調べることもなくどっちか分からないという方は
この機会に正しい見解を取り入れましょう。

結論からいうと、「アルコールの摂取は身体の機能面で
捉えた場合、髪の毛にダメージを与える危険」があります。

少量の飲酒はあまり気にする必要はありません。

お酒を一日に飲む量と、週何回ぐらいアルコールを摂取する
機会があるかという絶対量の問題です。

あとはアルコール分解能力と身体機能を含めた
本人の体質によって差が生まれます。

つまりお酒を飲んでも分解酵素の働きが強く
アルコールを短時間で効率的に減少させる人です。

同じ量を飲んでも分解効率が高いので
結果身体へのダメージが少ないという見方です。

ただし髪の毛への影響がゼロかというと、
否定できませんので常に健康には気をつけたほうがいいしょう。

アルコールの摂取による毛髪への損傷が起こる
メカニズムは仮説があります。

アルコールの分解には
アミノ酸である一種シスチンが消費されます。

シスチンが消費されるのは有害物質である
アセトアルデヒドをなくすための作用です。

シスチンは髪の毛を構成する重要な物質のひとつです。

アミノ酸である一種シスチンが減ってしまうことは
毛髪再生へのマイナス要因となる可能性が示唆されるのです。

身体の体質と体調を見ながらお酒を飲む量と頻度に
注意することが大切です。

>>髪がはげる原因と具体的な対策法